iPhone・iPad

iPad miniなどは「Lightning – 30ピンアダプタ」経由で「30ピン – VGAアダプタ(Dock)」の使用ができないことが判明

写真 12-07-17 21 47 47

こんにちは!iPadでしかプレゼン資料を作ったことがない@asuka_xpです。

Appleの「Mac」には「keynote」というマイクロソフトの「PowerPoint」のようなプレゼンするときに便利なソフトがあります。

そして、iPadやiPhoneにも同様の「keynote」アプリがあり、ケーブルでプロジェクターにつなぐことで、パソコンやMacを必要とすることでなく、iPadやiPhoneからそのままの映像をプロジェクターに映し出すことができます。

iPad版Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

iPhone版Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

iPadやiPhoneではApple「30ピンDock VGAアダプタ」や「30ピンDock Digital AV アダプタ」を使用することで、それぞれVGA端子、HDMI端子を持つプロジェクターに接続可能です(上の写真はiPadに「30ピンDock VGAアダプタ」を使ってプロジェクターから映像を映し出しているところです)。

Lightningが新たに登場

ところが、「iPhone 5」「iPad mini」「iPad 4(Retinaモデル)」「iPod touch(第5世代)」にはこれまでの搭載されていた30ピンのDockがなくなり、新たに「Lightning」端子が搭載されました。

よって、前述の「30ピンDock VGAアダプタ」と「30ピンDock Digital AV アダプタ」は、Lightningになってしまった「iPhone 5」などでは形状が合わず、挿せなくなってしまったんです。

Appleはこの旧型となってしまった30ピンのケーブルをLightningで使用できるように変換できるアダプタを発売しました。

USB充電ケーブルはこの「Lightning – 30ピンアダプタ」を使用することで、従来の30ピンDockケーブルをLightningに対応できます。

では、ここから本題。

「30ピンDock VGAアダプタ」と「30ピンDock Digital AV アダプタ」ではこの「Lightning – 30ピンアダプタ」を使用すれば、「iPhone 5」などLightning搭載機種から映像を映し出すことができるのでしょうか。

30ピンVGAアダプタをLightningに変換してiPad miniで

ということで、さっそく試してみました。

使用したのは「iPad mini」。
「30ピンDock VGAアダプタ」に「Lightning – 30ピンアダプタ」を取り付け、「iPad mini」とプロジェクターをつなぎます。

20121108190047

左がVGA端子、右が30ピンDockコネクタ。

20121108190124

30ピンDockコネクタ側に「Lightning – 30ピンアダプタ」を取り付ける。

20121108190200

こんな感じ。
(机が違いますが気にしないでくださいw)

20121107213042

その状態で「Lightning – 30ピンアダプタ」を「iPad mini」に挿入すると、

20121111131102

「このアクセサリはiPadでは使用できません」とのメッセージが表示されました。

IMG_0653

ちなみに、「iPhone 5」でも同様のエラーメッセージが表示されます。

20121111130956

プロジェクターで映し出したスクリーン上でもステータス映像が表示されているだけで、「iPad mini」や「iPhone 5」からの映像信号が認識されず、まったく映像が出ませんでした。

また、HDMI端子を搭載した「30ピンDock Digital AV アダプタ」も「Lightning – 30ピンアダプタ」を介して映像を出力してみようと試みましたが、これも「このアクセサリはiPadでは使用できません」とのメッセージが表示され、結局はダメでした。

つまり、「iPhone 5」「iPad mini」「iPad 4(Retinaモデル)」「iPod touch(第5世代)」といったLightning搭載機種では、「Lightning – 30ピンアダプタ」を介しても「30ピンDock」対応ケーブルへは映像を出力できないことがわかりました。

Lightningに対応したVGA・HDMIケーブル

Appleでは新たにLightningに対応した新型ケーブルである「Lightning – VGAアダプタ」もしくは「Lightning Digital AVアダプタ」を発売しています。
もはや、こちらを使わざるをえないということでしょう。これまでの「30ピンDock」対応ケーブルは無駄なものとなってしまうのが残念です。

また、Appleではプロジェクターやテレビとつなぐことで、ワイヤレスで映像・音声を出力できる「Apple TV」を発売していて、ケーブルの種類を考慮することなくプレゼンや動画の視聴もできるのでこちらも便利です。

おまけ

今回の発見は、実をいうと、先日開催となった「第2回 東京ブロガーミートアップ」で僕が「iPad mini」でプレゼンしようとしたときにわかったもの。

2時間近くかけて作ったKeynoteの資料が無駄となってしまいました(笑)というわけで、ブログで補足説明をしておいたのが先日のエントリーでした。

 → Amazonは料率を上げよう!『第2回東京ブロガーミートアップ』で「マネタイズ」の方法を話し合ってきました! #tbmu

0097-0127a-1いいぞ~♪ミッキーマウスが光る!ディズニーのiPhone5用ケースを速攻レビュー!

ついに発売の「HyperJuice2」!Mac・iPhone5・iPad miniなど3台同時充電できる神バッテリーをじっくり触ってきた!
小さっ!「Lightning to Micro USB アダプタ」が便利! iPhone5・iPad miniで大活躍し、もう手放せない!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で