グルメ

福島グルメを生産者と話しながら楽しめるフードフェア #福島美味 #白河

昨年に引き続き、福島県商工会連合会主催の「福島の美味しいもの食のフェア」に参加してきました!今回は2014年9月13日~14日の日程で、場所は新幹線の新白河駅がある福島県白河市で開催されました。

イオンの巨大駐車場に設営された会場には福島で販売や製造されている美味しそうなものがいっぱい!
僕がお邪魔した二日目は特にバッチリな晴天!おかげで気持ち良く食べ回ることができました。

※なお、写真が多めなのでスマホではページが分割される場合があります。

ふくしま肉餃子とあさか野ラーメン

まずはこちらの餃子!いい焼き具合でしょ~?


ニイダ麺販の「ふくしま肉餃子」は福島産銘柄豚である麓山高原豚を100%使用。中からはジュワ~と出てくる肉汁がたまりません。

餃子に使われてある野菜もすべて国内産というこだわりもすごい。しかも、外部に委託せず自社工場で作っているそうで、安全管理が行き届いているのもありがたいですね!

また、お話をお伺いすると、こちらの「あさか野ラーメン」も見逃せないことが判明。

多加水熟成製法で作られた生麺で、目の前で特別に茹でてもらっちゃいました!麺が透明に近いのは加水が45%だからだそうです。

醤油、味噌、とんこつの3種類ある中から、今回は味噌味のスープでいただきます!うぉ~、味噌の香りが食欲をそそる!

ズルっと一気に吸い込み麺を噛むと、はっきりと分かる強いコシ。これが多加水熟成製法で生み出されたコシなのか!

ここで店のおじさんが、ふくしま肉餃子をラーメンに入れてみて!と言ってきまして、指示通りに味噌スープの中へ餃子を投入。

これは反則技ですよ~!
甘辛い味噌スープがニンニクたっぷりのふくしま肉餃子に合う。

味噌味のスープも残さずに完食。めっちゃ美味しかった~!
ということで、冷凍タイプの「ふくしま肉餃子」(保冷剤付き750円)と「あさか野ラーメン みそ 2食入り」(300円)を購入。これはぜひ自宅でも食べたい!

もちろん、ホームページ上では第三者機関による放射性物質検査結果を公表しており、両商品とも安心・安全であることが確認できますよ。

笹巻ぷりんとぶどう大福

今回の中で一番の衝撃を受けたのは鈴木菓子店だったかもしれません。

僕が注目したのはまず1つ目、「笹巻ぷりん」。
あらかじめプリンであることを言われていなかったらこれは気付かない!カフェオレ味と抹茶味があり、僕はカフェオレ味を試食しました。

濃厚なコーヒーの風味となめらかな口当たりがけっこう意外!
通常はこうやって笹に包まれて三角形になっている商品です。

もう1つ、こちらの「ぶどう大福」がビックリ!

中身はこんな感じ。福島のブランドぶどうとして有名な「あずましずく」が丸ごと1個入っちゃってる!

気になってすぐに購入。

巨大な巨峰っていう見た目ですけど、種もないのですっごく肉厚!そんなあずましずくが大福の中のあんこの甘さとピッタリで、うまい!!僕が購入した時点で、残りたった2個になっていたので、相当数が売れたんでしょうね~。

ずんだ味噌

山口こうじ店ではその名前からインパクトのある「ずんだ味噌」に注目してみました。

原料は青豆(大豆)と米麹と塩だけ。

味噌の味が一番わかるという揚げなすに付けて試食。

おっ!うんまい!!実にシンプルなのに、これがごちそうになっちゃう!
国産(岩手)の青豆を1年かけて味噌にするという手間をかけた商品で、素材の味をそのまま引き出した味噌です。

お味噌汁もおいしかったです!

 

クリームチーズの八丁みそ漬

これまでのフードフェアでみそ漬処 香の蔵の「クリームチーズのみそ漬」は食べたことがあったものの、今回は2014年初頭に発売を開始したという新商品「クリームチーズの八丁みそ漬」を発見!

こちらでございます!

無添加の八丁味噌で漬けたクリームチーズ。通常の味噌漬けよりもコクがあり、味噌の風味が強くておいしい。これはワインに間違いなく合いますぞ!
35グラムのハーフサイズのものが594円だったので購入。後日、ワインと一緒にいただきたいと思います!

 

やぶきじくん焼き

福島県矢吹町で軽食&居酒屋 矢吹宿 宝夢(ほーむ)が販売している名物「やぶきじくん焼き」も気になり、クリーム味(130円)を購入。

中身はこんなにもクリームが!!皮の部分は素朴な味で、クリームとの相性バツグン!うまいなぁ。

他には、あんことお好み焼き味もありますよ。矢吹町のゆるキャラ「やぶきじくん」をかたどった大判焼きのようなお菓子です。

また、閉店してしまった食堂で名物だったカレーを再現した「復活のカレー」も見逃せませんよ!ぜひ、矢吹宿 宝夢で食べてみてくださいね♪

お、やぶきじくんがいた!

 

華カレー

 

フードフェアは毎回こういった福引ができるのも楽しみの1つ!かなり高確率で当たりが出るし、当たると会場内の商品を何か1つもらえるんです!

なんと、僕は栄楽館 ホテル華の湯の「華カレー」が当たりました~♪

引換券を持って、栄楽館 ホテル華の湯のブースへ。

すごい格好ですが(笑)お話をお伺いすると、ホテルの中の人だそうで、普段はこう表に立たないんだとか。にしてもイイ笑顔ですよ!

甘口と辛口があったので、辛口をいただきました!

磐梯熱海温泉にあるホテル華の湯特製のカレーで、福島県産の米粉をルーに使ったり、具材には白河高原清流豚を使用するこだわり。

何度か福島に行っている僕としては初めて見るカレーではなかったので、てっきり有名なカレーだと思ってたんですが、風評被害もあってなかなか多くの場所で売るのは難しいんだとか。
う~ん、検査をしてOKが出たものしか市場には出回らないはずなので、安全だとお墨付きを得ているこういった商品の方が安心なはずなのになぁ。

金子牧場の手作りバター体験!

 

フードフェアの会場では先着申し込み50名に金子牧場による手作りバター体験ができるというので、申し込んで参加!

渡されたのが冷たく冷やされた牛乳の入ったペットボトルだけ。

これを10分間も振り続けろと言うので、みんなで一斉に振る!!

10分経過したら、下の写真のように少しザラザラしてくるんです。ペットボトルの上部を持って、上部を軸に、底だけを回す感じでクルクル回します。

すると、こんな感じで黄色い塊ができてくる!これがバターです。

あとは余った牛乳を取り除けばバターの完成!

軽く塩を振って混ぜれば、ほら!バターですよ!!

パンに付けて、うめぇぇぇ~!!

まさか、バターがこんなにも簡単に作れちゃうとは知りませんでした。すっごく美味しく作れたので、正直ビックリ!!
一連の作り方はVine動画でどうぞ♪

@asuka_xpの感想

広大な福島をこうやってまとめて味わえるのがフードフェアの楽しみ!しかしながら、これでもほんの一部なんですよね(^_^;) きっと僕の知らない福島のおいしいものってまだまだたくさんあるんだろうなぁ。

そして、何よりも会場で販売している方々の活気や笑顔が印象的でしたね!
みなさんも福島県へ遊びや出張に行った際にはぜひ今回ご紹介したお店や観光スポットに立ち寄ってみてくださいね。通販をやっているところもありますよ!

福島の美味しいもの食のフェア – 福島県商工会連合会

他のレポートもどうぞ♪
白河・福島ブロガーレポート2014秋

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で