ディズニー

[TDS] クリスタル・ウィッシュ・ジャーニーの撮影場所 リドアイル編 #TDS

東京ディズニーシーの15周年イベントで行われているショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」。観覧場所のひとつ、リドアイルエリアはクリスタルブルーの使者さんがイケメンという口コミで大人気な場所なんですが、ここはダッフィー、シェリーメイ、そして、ジェラトーニを撮影できるベストな場所となっているんです!

今回のレポートでは、各キャラクターの立ち位置とポーズから撮影チャンスを解説します!

最初はドナルドダック、デイジー、シェリーメイ、チップ、デール、クラリスが船に乗ってやってきます。しかし、チップ、デール、クラリスについては船を降りるとすぐにその場を立ち去ってしまいますので、これ以降の撮影チャンスはありません。

ドナルドダック、デイジー、シェリーメイは3人ともだいたい右側にいます。正面のやや右手から撮影するといいです。

シェリーメイを残し、意外と早めにドナルドダックとデイジーは立ち去ります。

数分間、シェリーメイとクリスタルブルーの使者だけの絡みがあり、この2人が大好きな人にとってはここが撮影ポイントかも。オススメ撮影場所は正面のド真ん中。

その後、グーフィー、マックス、ジェラトーニが船から登場します。

すぐにジェラトーニとマックスが正面に出てきて、激しいダンスを披露。2人を同時に撮影したい場合はちょっと引き気味の方がいいでしょう。その際、シェリーメイは左側で、グーフィーは右側でそれぞれ踊っています。

決めポーズの後、グーフィーとマックスがミッキー広場へと移動してしまいます。

残ったジェラトーニとシェリーメイ、クリスタルブルーの使者が抱き合うシーンは必見!正面です。

ミッキーがクリスタルについて話始めた直後にジェラトーニとシェリーメイが抱き合うので、ここも撮影チャンス!正面の少し右側ですが、ほぼ正面。

ダッフィーも船から降りてくると、参加者みんなでクリスタル・ウィッシュ・ダンスの時間。左からジェラトーニ、クリスタルブルーの使者、ダッフィー、シェリーメイの順に並んでダンスします。ダンス開始直後にダッフィーとシェリーメイが抱きつくので撮影チャンスです(正面やや右側)。ただ、そのすぐ後にはダッフィーがジェラトーニの場所に寄って抱きつきます(正面やや左側)。やっぱり、正面にいるのがベストでしょう。

スティッチとエンジェルも加わり、ジェラトーニとスティッチ、シェリーメイとエンジェルが同時に抱きつくシーンがあります。

左側から順にジェラトーニ、スティッチ、ダッフィー、エンジェル、シェリーメイが寄り添って並ぶシーンも必見。

そして、その後すぐに、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニの3人は汽車ごっこ。位地はやや左側です。

クライマックスでは左から順にシェリーメイ、スティッチ、ダッフィー、エンジェル、ジェラトーニの順に並び、最後に決めポーズ。

ということで、いかがでしたでしょうか。僕は正面の中段で座って撮影していたのですが、ここはけっこう前の人の頭が邪魔になって撮影しづらかったです。一列目・二列目あたりが確保できなかった場合には、後方の立ち見場所で撮影した方が良かったかもしれません(^_^;) 今度はそちらの方で立ちながら撮ってみようかなと思います。なお、ミッキーやミニーちゃんはリドアイルへはまったく来ないのでミキミニファンの方はご注意ください!

関連:はじめての東京ディズニーシー!舞浜駅からモノレール(リゾートライン)で行く方法を解説
関連:TDS クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー 全3回を検証!キャラの登場場所はココだ!

使用したミラーレス一眼カメラの「Canon EOS M3」は2016年5月9日までなら最大25,000円のキャッシュバックを実施中ですから、ぜひチェックしてみてくださいね。

【使用カメラ・レンズ】
Canon EOS M3
EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で