ゲーム

カプコン、上期の純利益予想を4倍に上方修正

2011年9月14日、カプコン(証券コード:9697)が業績予想の上方修正を発表しました。

カプコン業績予想を上方修正

2012年3月期第2四半期累計(上期・2011年4月1日~9月30日)の連結業績予想について、売上高260億円→280億円、営業利益7億円→24億円、経常利益6億円→15億円、純利益2億円→8億円にそれぞれ上方修正。

こう見ると、営業利益は従来よりも約3.5倍、純利益は4倍に修正していますね。

iPhoneアプリなどで配信しているソーシャルゲーム『スマーフ・ビレッジ』が好調なほか、『モンスターハンター フロンティア オンライン』などの売上が寄与しているとのことです。
※詳しくはカプコンの業績予想の修正に関するお知らせ(PDF)株探のカプコンのニュース欄をどうぞ。

なお、これは上期の業績ですので、下期を含めた通期(1年間)での業績予想とは異なります。しかし、モンハンなどが好調ですから、カプコンの通期業績も良さそうですよね。

カプコンが2011年5月6日に公表した2012年3月期(通期)の業績予想は、
売上高860億円、営業利益121億円、経常利益120億円、純利益70億円としています。

ニンテンドー3DS『モンスターハンター 3 (tri-) G』、発売日が12月10日に決定!
【まとめ】お土産も感動!『モンスターハンター オーケストラコンサート ~狩猟音楽祭2011~』
カプコン、スクエニ… 任天堂向けにソフトを発表すると株価が下落する法則!?

そのほか、株式投資・為替関連の記事はこちらをどうぞ。
また、ゲーム関連記事はこちらをご覧ください!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で