ガジェット

コンパクトで薄い財布は己のスキルが試される!評判の良い「ハンモック財布」をビシッとレビュー

10月の頭にでこにくが紹介していたハンモックウォレットを見て、あぁ~この財布イイなぁ!と思っていたんですね。

すると、僕の物欲センサーを感じ取ったのか、ビックリしたことにハンモックウォレットをオンラインで販売しているカルトラーレの方から連絡があり、このハンモックウォレットをレビューしてほしいとのことで1つ送っていただきました!(まぁ、他のブロガーさんにもちょこちょこレビューしてもらってるみたいですが)

お財布ですし常に持ち歩くのが当たり前の重要なアイテムですから、この2週間くらい肌身離さず使ってみまして、素直に感じたことを書かせていただきますね。ちょっと辛口すぎて火が出るかもしれませんが、これも今後の新製品に役立つフィードバックと捉えていただければと思います。

カルトラーレの高級な薄い財布「ハンモックウォレット」

まず、僕がいただいたのは「Cartolare(カルトラーレ)」というブランドで、東京下町の職人さんが手仕事で作っている高級革財布「ハンモックウォレット」です。

使いやすく、コンパクトで、かつ収納力の高い、幅広いシーンで使える財布を目指して作られた財布だそうです。価格は12,960円 (税込) 。

外観は落ち着いていてとてもシンプル。カッコイイ。持ってみると薄いだけでなく非常にコンパクトです。

ボタンタイプの口を開くと、パカっとハンモック状の小銭入れが広がります。お店での支払いの際にここに入れておいた小銭が取り出しやすいといった仕組み。

お札はというと、このようにハンモックの下にできた隙間に挟む感じ。2箇所の大きな爪でお札が引っかかって落ちないようにしてあります。


底のあたりに見えるのが大きな爪です

また、カード類はハンモックの両端にあるわずかなスペースに入れられます。そんなにスペースは広くないので両方とも3~4枚程度ずつしか入りません。

と、基本的な説明はここまで。以下は実際に使ってみて感じた悪い点と良い点を。

薄い・コンパクトだからこそ妥協しないと使えない

僕はいろいろな会員証とかクレジットカードを持っているんですが、定期的に使わなそうなカードは持ち歩かないようにしているんですね。それでも、普段からこのくらいの枚数は財布に入れていました。

免許証、保険証、コンビニのポイントカード、Tポイントカード、映画館の会員証、クレジットカード3枚、銀行のキャッシュカード2枚。この他にも美容院の会員証、カフェのポイントカードとか、区の登録カードとか。

で、小銭やお札を入れたハンモックウォレットにこれらのカードを全部入れてみたんですよ。

閉まりません。

実験的に収納するカードを2枚だけにしてスペースに余裕を持たせて使ってみたんですが、レジで買い物の際にカードを出すときにはそれでもカードを取り出すのにも一苦労しました。僕のカード取り出しスキルが試されるということか。

薄さのためにはカードを入れない(減らす)といったユーザー側の妥協が必要です。これはかなり残念で、悔しい。。。こんなことで涙を流すわけにはいきません。

ハンモックゆえの使いにくさもある

確かにハンモックウォレットは使いやすい!ただし、小銭やお札を出すときに限ってなんですよ。
逆に、小銭を入れるときやお札を入れるときはけっこう大変に感じました。

ハンモックウォレットは小銭をどちらか片方に寄せて入れ、その中でも小銭を均等に広げて薄く伸ばさないと口が厚くなってしまい、閉まりません。お店でお釣りを貰ってからハンモックウォレットに小銭を入れるのが物凄いストレスです。そのまま募金箱に小銭を投げ入れるくらい心に余裕があればいいんですが。。。


小銭が中央にあると閉まらない

コンパクトの代償とも言えるかもしれませんが、お札の収納エリアが小さい。お札サイズとけっこうピッタリで、1万円で支払ったお釣りで5千円札と1,000円札4枚をもらったときに絶対と言っていいほどスムーズに収納できません。お釣りのお札をそのまま募・・・

あと、ときどきですが、お札が爪に引っかからずに下にはみ出ていることがありました。これはさすがにホラーでした。。。

小銭を出す、お札を出す、は非常に楽チン!

しかし、いろいろと考えられて作られているので、良い点も多いのがハンモックウォレットです。

財布を開くと同時にハンモック式の小銭入れが開くメリットは、1円玉はあるか、100円が何枚あるかがすぐにわかるので小銭を出すときは最強に使いやすい!!

また、お札も出すときも見やすいです。ヤバイ、お札が1枚も入ってない!なんていうウッカリなトラブルから解消されます。


お札を出すときは下から指で押し出すことも可能

今まで使っていた普通の二つ折り財布はちょっと薄暗いだけで小銭が見えなくなってしまい、探すのが大変だったんです。だけど、ハンモックウォレットは瞬時に小銭の種類と枚数を把握できるから、以前よりも小銭での支払いがスムーズになりました。おかげで、財布の中に50円玉があるのにお釣りでまた50円玉をもらっちゃった、なんてことがなくなりました(^_^;)

実は、カードが少ししか入らないというのは僕の体質改善のちょっとしたメリットにもなっていて、今まで何でもカードは持ち歩いていた方がいいと思っていたのですが、たまにしか使わないカード類は家に置いておけばいいやと思うようになりました。銀行のキャッシュカードなんて1枚あればいいし、海外にしょっちゅう行くわけじゃないからクレジットカードだってメインの1枚を持っておけばいいとか。

っていうか、すべてのカードがクオカードとかテレホンカード(死語?)くらいの薄さになればイイんじゃね?

カードを全部入れようと思ったら当然分厚くなりますよね。やっぱり薄いハンモックウォレットの良さは大きな僕のお尻でもズボンの後ろポケットに入ることだと思います。カードが少ししか入らないのは時間の経過とともに気にならなくなりました。やっぱり、何でも慣れなんですね。iPhone 6 Plusのサイズもそうでした。

薄くても小銭が少ししか入らない財布は完全に使い物になりませんが、カードがあまり入らないというは意外と平気なんだな~と。買い物したらお釣りで小銭は増えてしますが、よく考えたらカードの枚数はそう簡単に増えませんからね。

最後に、Vine動画を載せておきますので御覧ください!
そうそう、カードを取り出すときには、こうやって手でちょっと内側に押し込んでやるとすっごくスムーズにカードが出せました。

今後もハンモックウォレットは使い続けていこうと思います!
なお、メンズだけでなく淡い色のレディースもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 → 東京下町職人仕上げ本革「ハンモックウォレット」メンズ

 → 東京下町職人仕上げ本革「ハンモックウォレット」レディース

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で