スポーツ

往復1kmのメガジップラインが超楽しそう!林業の福井県池田町が森林資源を生かして作った「ツリーピクニックアドベンチャー いけだ」

th_2016-05-18_0122

これまではツインリンクもてぎにある往復561メートルの「メガジップラインつばさ」が日本最大級といわれていましたが、2016年4月下旬に福井県池田町でオープンした「Tree Picnic Adventure IKEDA(ツリーピクニックアドベンチャー いけだ)」ではなんと片道最長510メートル、往復で約1キロメートルのメガジップラインが体験できます!!

山の尾根をスタートして谷を2つ越えるというこんなにも長い距離を滑り降りるのはすごい!!ビルの20階に相当する高さから下の川を見ながら滑り降りるそうなので、これは爽快でしょうね!!なお、このメガジップラインの料金は3,700円とけっこうします。

そんなツリーピクニックアドベンチャーいけだの場所はこんな池田町の山奥。概要はこちらです。

【Tree Picnic Adventure IKEDA】
営業時間:10時~17時(最終15時30分)
受付方法:下記Webサイトからの事前予約・電話にて事前予約(※空席があれば当日参加可)
住所:福井県池田町志津原28-16(地図
公式サイト:https://www.picnic.ikeda-kibou.com/

このメガジップラインだけでなく、アドベンチャーパークには樹上3~12メートルの高さに設置された38のエレメントを歩いて冒険するディスカバリーコースや、木登りなどのツイークライムコースなどがあり、アウトドアエリアではBBQも。また、アドベンチャーボートという足羽川の源流を下る全長2.1kmのミニラフティングコースもあります。

調べてみると、福井県池田町はもともと林業が盛んだった街のようで、人口の減少で街の元気が失われつつあるなか、この森林資源を生かしてどうにか盛り上げようといった地方創生の一環として「ツリーピクニックアドベンチャー いけだ」を開業したみたいです。

単純にこのメガジップラインで気持ちよく山の上を滑りたい!と思ったので興味を持ったんですけど、そんな背景があったんですね~。でも、現状を打破しようと既存の資源を活かした新たな挑戦って素晴らしい!!僕が地域活性化のお手伝いしている三重県大台町も森林資源が豊かな街なので、この福井県池田町の例がなにかの参考になればいいな~なんて思ったりしました。

ちなみに、「ツリーピクニックアドベンチャー いけだ」の各体験は事前の予約が必要なほか、料金もけっこう高めなので、行くときには気合いを入れて思いっきり楽しむ覚悟で行きたい!場所は福井県なので関東からは北陸新幹線とレンタカーを使えば行きやすいのかな?ここはいつか行ってみたいなぁ!童心に帰って遊びたい!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で