ガジェット

[レポート] キヤノンのミラーレス「EOS M3」を実際に触ってきたのでざっくり解説

キヤノンが2015年2月6日に発表したミラーレス一眼カメラ「EOS M3」を東京・銀座のキヤノンギャラリーで触ってきました。

発表された当日に各地のキヤノンギャラリーにてタッチ&トライができるというので、さっそく見て触ってきたというわけです。

関連:キヤノン、ミラーレス「EOS M3」を発表!NFCと約4倍に高速化したAFで弱点はなくなった!

 

ボタンの配置は旧機種「EOS M2」と比べるとガラリと一新。よりカメラ慣れした人でも満足いきそうな細かいボタンが配置されました。

上部にダイヤル式のボタンが3つ並び、シャッターボタン部分のダイヤルではAvモード(絞り優先時)でF値の変更などが素早くできました。

 

頻繁に利用する再生ボタンはすっかり場所が変わり、動画撮影ボタンの下に併置されています。
動画撮影ボタンは押した瞬間から撮影がスタートするタイプ。フルHD画質だと30p。HD画質では60pで撮影できます。

上下に角度を変えられるチルト液晶はなんだかんだ言って便利。「PowerShot N」を常用している僕はもうチルト液晶じゃない体には戻れません(笑)

液晶はタッチ操作が可能で、狙った場所をタッチしてピントを合わせてからシャッターを切れます。

側面のボタンで内蔵ストロボがポップアップ。近い距離のストロボはこれでOKでしょう。

ユーザーからの強い要望だったというEVF(電子ビューファインダー)をオプションで用意。画素がやや荒い印象を受けたので、確認用っていう程度だと感じました。液晶がキレイなのでEVFを使わずに液晶で見て撮影する方が合っていると思います。
なお、「EOS M3」は限定25,000台でEVF付きセットも販売されます。

ミラーレス一眼ならではのコンパクトボディ。

EOS M2との厚みを比較。「EOS M3」では厚みがやや増しましたが、悪いことだけではなく持ちやすさがグッと上がり、ホールド時の安定感があります。EOS M2はホールド感が弱いので、落としてしまいそうでちょっと怖い。

 

NFCとWi-Fi対応。撮った写真をワイヤレスですぐにスマホに送れます。NFC対応のAndroidスマホなどは「EOS M3」にスマホをかざすだけで接続可能です。

さて、気になるAFは新たに「ハイブリッド CMOS AF III」に対応し、「EOS M2」と比べて3.8倍高速になったとのことです。

実際に撮ってみました。レンズはF2で15cmまで近づける「EF-M22mm F2 STM」で撮影。
ぶっちゃけ、速くなったのかはよくわかりませんでした。。。

マクロな物撮りではAFの速さはあまりわかりませんでしたけど、速さよりもピントの正確さが求められる料理とか小物では十分だと感じました。


(撮影データは持ち帰れないので、液晶画面を撮影したもので勘弁してください)

今思ったら、別のレンズでも試してみれば良かったですね(^_^;) まぁ、キヤノンが3.8倍速くなったといっているので、「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」や「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」などでは高速化されたAFの威力を感じられるのかもしれません。

キヤノンギャラリー銀座は銀座駅や銀座一丁目駅からけっこう近場にありますし、また行って触ってみたいと思います。キヤノンギャラリーでアンケートに答えると、こちらの特別仕様のパンフレットをもらえますよ!

他のキヤノンギャラリーはこちらからご確認ください。


キヤノンギャラリー銀座

また、2015年2月12日からパシフィコ横浜で開催の「CP+ 2015」でも展示されるはずですから、ここでも触れるでしょう。僕は絶対に行くことにしているので、すでに事前登録済みです。

ホワイトモデルも可愛くて良かったですよ!

3月下旬に発売予定のミラーレス一眼カメラ「EOS M3」。新型MacBook Airが発売されるとの噂があり、僕はMacBook Airを買い換えようと思っていましたが、正直、キヤノンギャラリーで触ってみたらMacBook Airよりも「EOS M3」の方が欲しくなってしまいました!!あぁ、これは悩む~!

(撮影に協力してくださったキヤノンギャラリーのお姉さんありがとうございました!)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で