一般ニュース

「幕張ビーチ花火フェスタ2018」、雨天時には中止するの?延期するの?調べてみた

2018年7月27日(金)は千葉県で「幕張ビーチ花火フェスタ2018(第40回記念千葉市民花火大会)」が開催となります。

しかし、台風12号の影響で雨・荒天が心配ですよね。翌日の28日(土)は完全に雨が降るとの予想ですが、じゃあ、幕張ビーチ花火フェスタ2018の開催当日である27日(金)に雨が降ったらどうなるのでしょうか。調べてみました。

小雨でも開催。ただし、正式な開催決定は17時に発表

主催である千葉市民花火大会実行委員会は27日(金)の午前9時現在は“開催する”と発表しています。
最終決定の発表は17時。

たとえ雨が降っても、小雨では決行(開催)。その場合は原則として傘は使用できず、レインコートの着用を推奨しています。

万が一、激しい降雨・強風の場合には中止。台風が来ていますが、午前の段階ではまだ中止になるレベルではなさそうです。中止となった場合には有料席チケットの返金に応じるとしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で