企画イベント

SNSの非公開情報も分析できる!驚きのノルウェー企業・メルトウォーターの新オフィスを見学してきた

メルトウォーター・ジャパン(Meltwater Japan)株式会社が2016年3月に恵比寿へ移転したというので、新しいオフィスを見学させてもらってきました!

どんな会社なのかはまず置いておいて、ドカドカっとオフィスを潜入調査。採光性の高いガラス張りのフロアに遊び心が満載の職場を写真でレポートしたいと思います!

photo-19

ふぅ~。今日は暑いですね。

お!こんなところにフリードリンクコーナーが!さすが、メルトウォーター。きっと、美味しそうなお水を販売している会社さんなんですね。

photo-22

冷蔵庫を失礼してっと。
って、レッドブルばかりじゃないの(笑)

photo-21

“Daiohs”とかかれた容器には、ほうじちゃ、ウーロン茶、コーヒーの粉なんてものも並んでる。

photo-23

あれ?“Daiohs”って、ウォーターサーバーとかコーヒーサービスをやってる東証一部に上場してるあのダイオーズだよね?

お水屋さんのメルトウォーターが競合相手のサービスを使うわけないし。。。あれ?メルトウォーターさんはウォーターサーバー屋さんじゃないってこと!?

「当社はSNSやサイトの投稿をモニタリングして、独自の技術で抽出・分析を行っている会社ですよ。」と、教えてくれたのはメルトウォーターのマーケティングマネージャーの末次佐也子さん。

photo-7

ぎょえぇぇぇ~!すみません、勝手に冷蔵庫の中、見ちゃいました。。。そっか、お水の販売をしている業社じゃないんですね。

会社の内容をご紹介をしていただきますと、ふむふむ、つまり、メルトウォーターさんはニュースサイトやブログ、Facebook、Twitterなどに掲載された記事やコメントを調査して、顧客向けにマーケティングに役立つ情報を提供しているってことね!

それにしてもシャレオツなイスですなぁ~。ひとつ欲しい。

photo-6

メルトウォーターは2001年にノルウェーの首都オスロにある小屋でたった2人が創業した会社で、欧州で成長したあとに2008年に日本で事業を開始。今では世界に50拠点、社員1,100人、24,000ものクライアントを抱えているんだとか。さすが北欧で誕生した会社というだけあって、インテリアもめっちゃオシャレ!

バーカウンターみたいなのもあってもちろんここで仕事ができるし、柱に設置されたディスプレイとこのコントローラー型のタッチパッド付きキーボードでプレゼンとか打ち合わせもできちゃう。

photo-8

隣には卓球大手、Nittakuブランドの卓球台が!ガチなやつや。

photo-11

ピンポンだって?いやいや、卓球はスポーツ。中学時代に卓球部で県大会へ出場した僕が本気を見せてあげますよ。一本、慎重!

photo-12

ふぅ。いい汗かいた。
そんな卓球台の奥にはふつうにお仕事されてる社員のみなさんがいました。みんな年齢が若そうだなぁ~。

photo-17

末次さん「そうなんです。平均年齢が28歳という若い会社で、ここにいる日本の社員25名はみんなバイリンガルです。」

えぇ~!英語ペラペラの28歳!?だからこんなにも遊び心でいっぱいのオフィスなんですね~。

こんなゴールが置いてあって、ミニサッカーができる人工芝もあるし。パターゴルフだってできそうだもん。

photo-13

筋トレ用具は仕事の合間に誰かがやるのかな?

photo-14

って、けっこうしんどいぞコレ。。。

photo-15

窓が広くて開放的なオフィスっていいね!こちらの4人はエンジニアチームのみなさん。全員外国からいらした人です。

photo-18

ちなみに、エンジニアチームのみなさんは先ほどの卓球台を自分たちのデスクの近くに置きたいそうです。

オフィス中央にあるホワイトボードにはてっきりターゲットの顧客情報が記されているのかと思ったら、

photo-16

「ランチ情報です」とのこと!

2016年3月にこの恵比寿へと引っ越してきたばかりということで、みんなでランチの情報を書き込んでいるんだとか。集合知!!僕も社会人時代にやってたやってた!会社の壁に荻窪のランチマップ作ってたもん。⑧の洋食屋さんはコスパがいいらしい。

そうそう、卓球台の後ろにあったこのイラストはメルトウォーターのキャラクター、MERボーイ(メアボーイ)の日本版だそうで、日本のデザイナーさんが日本らしく描いたものなんだとか。

photo-10

MER(メア)は「さらに」という意味。常に一番を目指す、お互いを尊重し合うという意味を含んでいて、MERは同社のスローガンになっています。日本で事業を開始した2008年の国内クライアント数は40社でしたが、8年たった2016年には500社にまで増えました。この調子で、今後も“さらに”成長していくんでしょうね!

こちらは契約取れたときに鳴らす鐘。この鐘が鳴るとみんなが集まってきて、そのチームのテーマ曲をかけてお祝い。ゴジラのテーマ曲のチームもあるそうですよ(笑)

photo-9

 

メルトウォーターのお仕事

ここまでで、メルトウォーターがウォーターサーバー屋さんではなく、卓球メーカーでもなく、グルメ情報サイトでもないことがわかったかと思います。

具体的にメルトウォーターがどんなサービスを提供しているのか、末次さんにご説明していただきました!

photo-26

例えば、マクドナルドが新商品を発表したけど、はたしてそれに期待する人はどれだけいるのか、どんな感想を投稿しているのか、関連して同時に比較しているキーワードは何か。

話題になっていることに関して、ポジティブな意見が多いのかネガティブな意見が多いのかって気になるかと思います。僕のようなブロガーだけでなく、マーケティング担当者やWebサービスを運営する人、広報、商品開発者、ECサイト運営者の人も非常に興味があるのではないでしょうか。

メルトウォーターはこういった世間の良い・悪いのリアクションを独自技術で抽出できるだけでなく、分析し、見やすい形でレポート化するマーケティング支援ツールを提供している会社なんです。

th_Dashboard Sample 3

このツールを使うと何ができるか、3つにまとめてみますね。

1. 競合他社比較

たとえば、ケータイ各社の比較。どの時期にどこの事業社がどのSNSやメディアに取り上げられたを細かいブランドごとに把握できます。メディア露出の結果は線グラフや円グラフで見ることができ、細かい日付までデータの確認が可能。

th_Dashboard Sample 4

 

2. 競合他社との詳細な分析

メディアへの露出、リーチ数、ワードバブルでどういったキーワードが検索されているか、一番多いキーワードは何か。たとえば、大学入試のシーズンに、試験を控えた大学は自分の大学が受験生などからどんなことが言われているのか、ネガティブ・ポジティブの評価がわかります。

th_Dashboard Sample 2

 

3. 自社事業別比較

また例を挙げますと、自動車会社は1つの車種(ブランド)だけを売っているわけじゃないですから、自社内の複数のブランドを見たいわけです。メルトウォーターではメディアに一番多く露出している国をヒートマップで表示し、パッと見ただけでどの国で取り上げられているかが確認できます。プレスリリースの発行後、どこのメディアに露出しているのか一目瞭然。また、画面を直接出力して自社レポートに活用することも可能です。

選挙の関心や政党の支持状況もカンタンに調べられる!

そのほか、メディアパートナーシップというものがあり、ライターや記者に情報提供を実施しているそうです。これが意外と記者やライターにとっても役立ちそう!

たとえば、記者が記事を書く際、そのテーマについてSNS上ではどのように言われているかを知りたい場合にメルトウォーターの出番。例えば、シンガポールの選挙ではすべての政党と議員の名前を検索し、その政党や議員がソーシャル上でどう言われているかを把握、記事の執筆に役立てたという事例があります。特に豪州やシンガポールなどではよく利用されているんだとか。

僕なんかが記事を書くときにも、新スマホの発表があった直後にSNS上ではポジティブな評価が多いかネガティブな評価が多いかを知るにいいかも!

選挙の出口調査とか渋谷の街頭でインタビューして聞いていたような情報とか、メルトウォーターでわかっちゃうんですね~。この説明を聞いて、素直に驚きましたもん(笑)

photo-5

 

Facebookの投稿までも分析!

さらにビックリしたのはFacebookの投稿データです。

メルトウォーターはビッグデータ分析会社であるデータシフト社との提携により、Facebookで交わされる投稿のなかから商品やサービスの評価・関心についての情報を入手できるのがすごい。なんと、場所や性別、年齢枠など非公開の情報も含まれていて、生々しいデータを基にしているから詳細な分析が可能というわけ。もちろん、プライバシーに関わる部分は匿名で、個人が特定できないようになっています。提携によって以前と比べて6倍ものFacebook上のデータを取得できるようになったそうですよ。

匿名っていうのが前提だけど、こういった情報を活用して他の新しい価値が生み出すのってすごいなぁ。みんなの意見が集まれば、メーカーはより消費者の希望に近い新製品が発売できるし、マーケティングや広報担当の方でまだメルトウォーターを知らないのであれば、ぜひチェックしてみてくださいね。また、記者やライターにとっても記事の材料集めに使えるツールだと思います!

photo-1
(会議室は壁に富士山が描かれてて、白い壁はホワイトボードに!)

 

訪問後記

ご対応してくださった末次佐也子さんはとても明るくて非常にお話しやすい方でして、その人柄の良さから会社の元気な様子が伝わってきましたよ!

Webの情報を分析するマーケティング企業って他にもたくさんありそうだな~と思ったのですが、SNS、特にFacebookの情報をここまで分析できるのには正直ビックリでした。また、フワッとしてキレイでわかりやすい形のレポートは見てて気持ちよかった!たくさんの大手企業がクライアントにいるのも納得です。

現在、メルトウォーターでは人材を募集しています。営業のほか、マネージャーを強く募集中なんだとか。若い人を育てることに力を入れていて、小さなオフィスを増やし、若い人をマネージャーにしてビジネスを拡大したいと考えているそうですよ。

ということで、今回は恵比寿の素敵なオフィスに移転したメルトウォーターさんをご紹介しました!膨大でかつ細かいデータを少人数でビジネスにしている同社のパワーは本当に圧倒されます。今後の成長が非常に楽しみです!

関連:メルトウォーター・ジャパン

photo-20

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で