Canon EOS M5

一眼カメラの液晶を11インチに!「On-Lap 1101F」ユーチューバーにおすすめなUSB外部モニター【AD】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

奥さんがゲーム実況を見るのが大好きで、YouTubeの動画を見まくっている我が家。わざわざChromecastをつないだテレビで見ています。しかし、僕はどちらかというとガジェットのレビュー系の動画を見る方が好きなので、なぜかテレビでYouTubeのチャンネル争いをしている不思議な夫婦です

ユーチューバーさんってほんとに面白いですよね!だいたい4~5人の動画を毎日欠かさず見ています。

で、僕もたまにはブログじゃなくて動画でおしゃべりしたいなと。特にここ最近はユーチューバーっぽいレビュー動画とかゲーム実況をやりたい欲がふつふつと湧いていまして、2017年は動画や英会話などいろいろなことにチャレンジすることを年初の抱負にも掲げました

そして、動画撮影と言ったらまずは撮影機材が必要になりますよね。カメラは一眼カメラを使うとして、今回、テックウインドさんから非常に便利なあるモノをお借りしました!!

じゃ~ん!

photo-5

一眼カメラとつないで簡単に自撮りの確認ができるモバイルディスプレイの「On-Lap 1101F」でございます。

百聞は一見にしかず。実際にどのように使ったのかはこの写真をご覧あれ!

photo-20

わかります?カメラにつないだ外付けディスプレイに僕が映っています。これ、カメラで撮っている映像がファインダーや液晶画面と同じようにリアルタイムで「On-Lap 1101F」で見られるんです!

photo-12

クルッと液晶画面が前面に回転して自撮りしやすい一眼カメラはたくさんありますけど、ちょっと離れた場所から撮影したい場合にはやはり小さい画面ではなかなか映像を確認しづらい。一般的な一眼カメラの液晶なんてせいぜい3インチですよ。ピントぼけに気づかず撮影しちゃって、後で動画を確認してみたらピントが合ってなかった~なんて最悪です。自撮りするユーチューバーさんならあるあるなのではないでしょうか。

でも、このディスプレイを使えば大きな画面で自撮りできるから超見やすい!11.4インチでフルHD解像度(1920×1080ドット)のIPS液晶です。撮影中、来てほしいところにピントが来てるかどうかしっかり確認できます。

th_IMG_7548

 

USBで動く!HDMIでデジカメの外部モニターになる!

「On-Lap 1101F」はmicroUSB端子を搭載していてUSB電源で動くのが注目ポイント!スマホを充電するときにおなじみのモバイルバッテリーから給電するだけでいいので、電源コンセントが届かない場所や屋外でも使えちゃう!電源のお悩みから解放されたディスプレイです。

photo-1

今回は愛用のミラーレス一眼カメラ「Canon EOS M5」に接続し、試してみました。「On-Lap 1101F」と「EOS M5」はともにMicro HDMI端子を備えていて、Micro HDMIケーブルを用意すればOK。同梱されているHDMI to Micro HDMIケーブル(1.2m)では片側しかMicro HDMIに挿せないため、別途micro HDMIへの変換アダプタを購入しました。

photo-3 photo-4 photo-5

電源は先ほど言ったとおりUSB。モバイルバッテリーからこのように給電できます!接続の完成形が以下の写真のとおりです。超簡単でしょ!?

photo-9

なお、本体には映像・音声入力端子が右側面に集中。Micro HDMIのほか、Mini DisplayPort、VGAポート、イヤホン端子も備えていますよ。

photo-6

また、左側面には電源、設定、メニュー、音量の増減といった操作系ボタンが並びます。電源ボタンが一番上にあるものの電源状態がわかるLEDは一番下にあるため、最初はちょっとわかりづらいかな~と思ったんですが、慣れれば気にならなくなりました。

photo-7

輝度、コントラスト、シャープネスなど、さまざまな変更も可能です。

photo-10

 

軽くて薄いから持ち運びも良し!

重量は480g。サイズは289×183×11mmと、軽量でコンパクト。僕は外出先でパソコン作業する際にサブディスプレイを使うほど作業領域には困っていないんだけど、タブレットを持ち運ぶ感覚でディスプレイを携帯するのはわりとありな気がしました。

使用しないときには付属のカバーで画面を保護。こういったカバーがあると安心して持ち運べますね!

photo-9

気軽にどこででもディスプレイを立てられるよう、カバーの裏には2段階で角度を変えられるスタンドを内蔵しています。

photo-2

また、別売りの「三脚マウントキット(GEC-TRIPOD/MOUNT/KIT/1101)」を購入すれば三脚に取り付けられるし、便利です!

今回はカメラの外付けディスプレイとして使ってみましたが、ノートパソコンとつないでサブディスプレイにしたり、テレビ代わりにゲーム機と接続して遊んだり、使う人の想像力しだいでいろいろな活用ができます!

photo-16

最後に、「On-Lap 1101F」を実際に使っている様子を見たいという人のために、動画を用意しました。撮って出しの何も編集していない動画ですが、少しでも様子がわかってもらえたら嬉しいです。

いや~、しゃべりながら何かをいじって撮影するのってやっぱり超難しいや(笑)ユーチューバーさん、尊敬します!ということで、自撮り動画の撮影にとても便利なUSBディスプレイ「On-Lap 1101F」でした!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で