ガジェット

[レビュー] 「SONY WI-1000X」は音質が素晴らしく、ズレない安心の首掛けワイヤレスヘッドホン

発売以来ずっと欲しくて、昨年末ついに購入したソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「SONY WI-1000X」。

「WI-1000X」ハイレゾに対応しているだけでなくLDACやaptXHDにも対応する、音質の良さにもこだわった製品。周囲を雑音を消してくれるノイズキャンセリング機能もついていて、ワイヤレスで音楽を楽しむには最高の条件をすべて備えています!

Bluetoothの弱点を克服した「WI-1000X」

今では左右のイヤホンが分離する“完全ワイヤレス”な製品も気になったけど、あれはまだ発展段階かな~と思っているので購入の対象にはならず。

そこで、LDAC対応でかつ首掛け型という使い心地の良さにも期待して「WI-1000X」を買ったというわけです。

photo-2

実際に首に掛けて使っていると、本体が軽いせいかまったく首に負担なく使える。軽いからと言って、歩いていてもズレ落ちることは1度たりともありません。首に当たる部分がラバー素材っぽくなっていて、これが程よく体にくっついてくれます。

ケーブルは本体と耳までのわずかな長さしかないので、ケーブルの煩わしさがない!ストレスを感じず、ずっと着けていられる!

しばらく「WI-1000X」を着けていると、着けているのを忘れてしまうこともよくあります(笑)

Bluetoothの弱点を克服した「WI-1000X」

ハイレゾに対応し、さらにはハイレゾの高音質のままワイヤレスでも楽しめるLDACに対応。Bluetoothだと音質が悪いという弱点をLDACで見事に克服しました。

そのせいか、LDACに非対応のiPhoneではまったく音楽を聞かなくなったし、有線のイヤホンはずっとポーチの中にしまったまま。すっかり出番がなくなりました。

ソニーは実に素晴らしい製品を出してくれて、超感謝です!「WI-1000X」は“非の打ち所がない”イヤホンと言い切ることができます。

正直、僕がこんな短期間に同じ製品のレビュー記事を2本も書くとは思っていませんでした。そのくらい使ってて楽しい!

 

毎回、LDACの技術に感動しているっ!

「WI-1000X」はワイヤレスでこの音質はすげぇ~と毎回感激してしまう。装着するたびにLDACという画期的な技術に惚れ直してしまうし、LDACそのもののファンになってるのかもしれないなぁ。

本当のことを言うと、僕はそこまで音楽を楽しむ人間ではありません。その時代にある新技術で音楽を聴くのが好きなだけだと思っています。

th_IMG_0507

25年前、中学生だった僕はこの世に登場したばかりのMD(ミニディスク)を買って高音質の音楽を録音・再生できる楽しさを早くから体験していたし、その後にはMP3のプレイヤーを何機種も買い替え、パナソニックがパナセンスで「SV-SD80」のモニター販売を始めたときには真っ先に購入したし、音楽プレイヤーを首からぶら下げて使う凄さに感激したものです。

そういう意味では僕が「WI-1000X」を選んだ理由はまず先にLDAC対応だからであり、LDACを楽しむならノイズキャンセリング機能があったらなお良いと思ったし、ケーブルは絶対に嫌だからワイヤレスにしようとか、それらの条件が揃っているのがたまたま「WI-1000X」だった。首掛けスタイルも超気に入っています!

「WI-1000X」は間違いなく、買って良かった~!

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X シャンパンゴールド
by カエレバ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で