グルメ

[香川うどんの旅] ゲス極川谷も行ったうどんバカ一代で人気の釜バターが確かにうまい

讃岐うどんの中でも“変わりダネ”的なメニューが食べられるのが、香川県高松市にある「手打十段 うどんバカ一代」。

カルボナーラなんですよ!バターまで入っちゃってる。これが大行列を作るほどの人気なんですから凄い。今回はそんな「うどんバカ一代」をレポートしますね。

手打十段 うどんバカ一代
営業時間:6時~18時
定休日:なし(1月1日のみ休み)
住所:香川県高松市多賀町1-6-7
電話番号:
オススメ:釜バターうどん小(あつあつのうどんに玉子とバターを加えて490円)

うどんバカ一代は高松市のフェリー乗り場からそう遠くない街ナカにあるうどん屋さんです。駐車場はあるけど、僕らが行った際には満車に近いくらい混んでいました。

日曜日の13時20分ごろに到着し、そこから15分くらい並びました。うどんはすぐに食べ終わるので回転率が高く、大行列でもそんなに待たないのが良いですね♪客席は35席くらい。混雑しているときは団体で行ってもバラバラで座る感じになります。

お店の人気メニュー第1位は「ぶっかけうどん」で、るるぶ香川にも掲載されたという「梅うどん」も気になりますが、初めて訪れた際にはぜひ「釜バターうどん」を試してみてほしい!そういう僕も今回が初めてでしたが、釜バターうどんで大正解。

注文はセルフ式。カウンターで注文してうどんが出てきたらトッピングをしてお会計。それからテーブルで食べる感じです。

オーダーした釜バターうどん(小)はこのようにブラックペッパーがかかった麺にバターが添えられています。

溶ける前のバターはこんな感じでたっぷり。

そこに自分で殻を割って生たまごを入れます。

よ~くかき混ぜたらこうなる。

一応、醤油をかけて食べるらしいんだけど、ぜんぜんこのままでもイケる。コショウとバターだけでもかなり美味しいです!麺はもちもち系。

うどんにバター!?ブラックペッパー!?と、最初はちょっと嫌なイメージがあったのですが、一口食べて衝撃が走りましたよ。王道からハズレた讃岐うどんだけど、めちゃくちゃうまいよ!

有名人では大泉洋も来てました。ほかにも店内にはたくさんのサイン意識しがズラリと並んでいましたよ。なるほどなぁ~、やっぱり美味いもんココ。

「昨日よりも“おいしいうどん”を提供できるよう頑張ります」がイイです!

比較的日曜日が定休日というお店が多い香川の讃岐うどんですが、うどんバカ一代は元日だけが定休日なのでいつでも食べに行けるのが嬉しい。ゴールデンウィークやお盆のような大型休暇にも行けますね!

関連:讃岐うどんをたっぷりレポートしています!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で