iPhone・iPad

【iPhone 3Gまとめ】カメラ機能にガッカリするな!

2008-06-28_iPhoneCamera2008-06-28_iPhoneCamera2
日本で発売されているケータイはほとんどカメラが搭載されています。
もちろん、このiPhone 3Gも例外ではありません。
今回はiPhone 3Gのカメラ機能についてまとめてみました。
足りない情報に関してはコメント欄でフォローいただけるとありがたいです!!

■気になる画素数は2.0メガピクセル(200万画素)

撮った写真を大きな用紙にプリントする人って少ないですし、
このくらいの画素数で十分過ぎますね。
本当にきれいな写真を撮りたい方はケータイではなく一眼レフをご購入ください。

■カメラは本体裏側

液晶の反対側(本体の裏側)の上部にカメラが設置されています。
日本でよくあるフロントカメラ(正面)はありません。
つまり、液晶を見ながら自分撮りはできないと。。。

■撮った写真へのジオタグ添付が可能

iPhone 3GにはGPSが内蔵されているので、
どこで写真を撮影したのかがわかる位置情報を写真にデータとして埋め込むことができます。

■静止画撮影専用で、動画の撮影はできない

このあたりはガッカリする人が多いと思います。
動画を撮って、iPhone 3Gのあの大きな液晶で確認したいはずですもんね(笑)
しかし、読者さんからの情報で、
動画が撮れるアプリがあるようです。

JailbreakしたiPhoneのみ使えるようですが、
今後はiPhone 3Gの公式アプリ化に向けて「App Store」での販売も検討しているとのことです。

iPhoneおよび他社製アプリケーションと連係が可能

Appストアからダウンロードしてきた他のアプリで、
カメラを起動するようなことが考えられますね。
たとえば、写真機能付きTwitterクライアント。
そのTwitterクライアントからカメラを起動し、
撮影した写真を写真共有サイトにアップしつつ、そのURLをTwitterに書き込んでくれるとか。
そんな連携でしょうかね(笑)

■QRコードはどうなる?

QRコードを読み取るアプリはAppストアで購入(無料ダウンロード?)できるようになるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で