ガジェット

疲れない音こそHD映像にふさわしい – NIRO「Q:」

2008-10-17_NIRO

NIRO(ニロウ)から発売されている「Q:(キュー)」

何かというと、ハイビジョンテレビのための究極のホームシアターセットです。
小さいボディでテレビの上下にスピーカーを設置するという珍しいタイプ。

ホームシアタースピーカーっていうと、部屋の四隅や正面に5~6個のスピーカーとサブウーハーをそれぞれ設置するのですが、場所を占領したり、コードが邪魔だったりしますよね。

でも、この「Q:」はとてもコンパクト。
特にこの2つのスピーカーはテレビの頭と足元に置くだけでいいんです!

今回は「百式」や「IDEA*IDEA」でおなじみの田口さんからお誘いいただき、
ハイビジョンサウンド会議」に参加してきました。
場所は東京・赤坂のNIRO社。担当者の中道さんから「Q:」の音質や開発秘話などを聞いてきましたよ!

IMG_0519

ハイビジョンテレビが普及してきて、地デジ対応が全世帯の4割を超えた今、映像の次なる需要は音になることは間違いありませんよね。せっかくきれいなハイビジョン映像を見ても、音がショボかったら勿体ないです。

だけど、スピーカーって設置場所が困るんです。
僕も今まで何度も5.1chサラウンドスピーカーを買おうかと思いましたが、実際はコードが邪魔だったり、電源余計に必要になってきたり、意外と面倒くさいんですね。

ところが、この「Q:」はよくある5.1chスピーカーと異なり、世界で初めてテレビの上下に2つのスピーカーを設置することで立体感のある音を発することに成功したのです。
それを実際に聴いてみると、音に包まれるとでも言いましょうか。どうしてこんなに臨場感がある音になるのか不思議で仕方がありませんでした!
音へのこだわりもハンパないです。

2時間以上の映画を鑑賞することを想定して、長時間聴いていても“疲れない音”を作ることをとことん追求しています。高音や低音を極端に調整すれば、“お店で売れる音”は簡単に発せられるそうです。しかし、NIROが追求したのは長時間聴いても“疲れない音”なんです。
僕はここに感動しました!買うときは良くても、使ってて嫌になるような製品じゃ、それは良い製品とはいえませんしね。

また、スピーカーの設置も超簡単。

2008-10-17_NIRO2
1つはテレビの頭にポンっと乗せ、もう1つはテレビの足元に置くだけ。
あとは、小型アンプとサブウーハーをテレビの前か横に置けばOKです。これだけで素晴らしいハイビジョン5.1chサウンドを聴くことができちゃいます!
天井や壁に設置する場合も、専用の取り付け用具も最初から付属しているという親切さ!!しかも、購入後1ヵ月以内だったら返品可能!

これだけじゃありません。
企業では珍しく自社サイトに掲示板を設けてあり、ユーザーが質問したり要望を書いたりできるというのです。この掲示板を設置してからは返品率が極めて0%に近くなったそうです。

IMG_0518

NIROがいかにお客さんを大事にしているかがわかりますね!

ただ、全体的にサイトの文字サイズが小さいのが気になります。
特に「商品情報」や「NIROの製品づくり」のページで、文字が小さすぎて読みづらいのが残念。
このあたりを改善したら、説明文も読む気になるんですけどね~(笑)

NIROの「Q:」は主にインターネット直販での販売スタイルを採用しているのですが、それだと店頭のように音を聴いてから購入するということが難しいです。
そこで、なんと送料2,800円だけで2週間のお試しレンタルができるようになっています。自宅で「Q:」の音質を試せるんです!これならお店で聴くよりも、日常と同じ自宅で聴くことができるので、より信頼できるのではないでしょうか。
いつものDVDやゲーム機、iPodなどにもつないでみて、その音の変わりようにきっと驚愕するはずです!
しかも、それから購入した場合には、送料の2,800円もキャッシュバックしてくれるとのこと!!素晴らしい心遣いですよね~!

僕はこの2週間お試しレンタルを申し込みました!!
近々、自宅に届く予定なので、いろいろ視聴してみたらまたレポートしますね。

■NIRO
http://www.niro1.com/jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で