ガジェット

ソニー、新「VAIO P」イベントでたっぷり触ってきました!

11 1 04 43

5月10日、ソニーが新型「VAIO P」を発表しました。以前から“ウルトラモバイルPC”としてティザーサイトが公開されていましたが、その正体が明らかになりました。
「VPCP11Aシリーズ」で「VPCP119KJ/D」(オレンジ)・「VPCP119KJ/P」(ピンク)・「VPCP119KJ/W」(ホワイト)の3色が標準仕様(店頭販売)モデルで、ブラック、グリーン、クロコダイルがソニースタイルオリジナルモデルとなっています。

そして、夜に行われたシークレットイベント「SONY VAIO Coming-out Event」にて、この新「VAIO P」にいち早く触ってきましたのでレビューしますね。

11 1 06 49

まず、見た目がかなりカワイイ感じです。包み込む、たたむ、というコンセプトで作られた今回の「VAIO P」は、タオルのような柔らかさが感じられるデザインになっていますね。
特に、ピンクは女性から凄まじいほど支持されていました。

11 1 03 24 11 1 03 12

デザインも素晴らしいのですが、僕としてはやっぱり「VAIO P」で試してみたいのがUstreamでの生放送

やっちゃいました!!はいw

11 1 07 03

自分のアカウントでやってみたら、動作はちょっと重いけど、ちゃんとUstreamでライブストリーミングできました!!会場の明るさがもっと明るければ、視聴者のみなさんにも喜んでもらえたんだろうけど、イベントがバーだったので照明が暗めだったのが残念!でも、十分使える感じでしたよ!

また、「VAIO P」を両手で持つ「モバイルグリップ・スタイル」が良いです!
「VAIO P」を左右から両手で持ちながら操作するというこの新スタイルは、これによって今までにない軽快なカーソル操作やスクロールが可能になっています。僕はこの機能がとても気に入りましたね~!ぜひ、これは店頭で実際に触って確かめてもらいたい!!

ただ、やはり気になったのはCPUがAtomということで少し動作が鈍い点。ネットブックなのでそのあたりの割り切りは必要ですが。

11 1 01 44

キーボードは前回のPと比べて押しやすい配置になっており(「半角・全角キー」が標準的な2段目になったことなど)、これはとても評価できるポイントだと思います。
また、バッテリー容量も以前のPよりも増量していて、標準バッテリーで約5~6時間くらい動作可能。ソニースタイルのオーナーメードモデルでUS15Xを選択すればグラフィックも強化され、動画再生も滑らかにイケます!
なお、前回のPは高解像度の液晶がウリでしたが、今回は「ASSIST」ボタン1つで解像度を切り替えられるのもたいへん便利です。前回のは文字が小さすぎて読みづらかったですもんね。

新「VAIO P」には地磁気センサーと加速度センサーが搭載されていて、本体を縦に傾けるとブラウザーも縦になって、Twitterなどの縦長のWebサイトがとても見やすくなります!

11 1 01 26

11 1 00 44
 男性に人気のオレンジ

11 1 00 14
 縦の幅はiPhoneとほぼ同じです!厚さもそんなに変わりません

2010-05-10_1752

2010-05-10_1752_001
 カラーもたくさん!クロコダイル柄も!

2010-05-10_1752_002
 カラーに合ったアクセサリーもあります

【「VAIO P」主な特徴】

・両手持ちの「モバイルグリップ・スタイル

・デジタルコンパス搭載で方角を表示

・ワンセグも対応(オーナーメードモデル)

・最長約12.5時間の長時間バッテリー駆動

・「PlayStation3」を「VAIO P」で離れた場所から操作可能

・「VAIO P」で「PSP」や「Xperia」のコンテンツを手軽に管理「Media Go」

・あらゆるものを記録して、いつでもどこでも引きだせる「Evernote for VAIO」

・ビビッドなカラー

Sony Style(ソニースタイル)

■君は「VAIO type P」のACアダプタを見たか!?
http://asuka-xp.com/50738641.html

■ソニー「VAIO P シリーズ」
http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/products/P11/

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で