iPhone・iPad

ゲーム開発者が不足!スマートフォンアプリ開発の生の声を聴いてきた

2011年8月28日(日)、日本橋にあるパソナテックで開催された『それって楽しい!?ゲームエンジニア視点から見たスマートフォンアプリ開発』に参加してきました。テレビとかでよく紹介されているグリーンオフィスが特徴的なビルで、ビル内ではさまざまな植物が栽培されていました。

カメラロール-2593

iPhoneやAndroidでは実にたくさんのアプリがありますが、ビックリするくらい面白いゲームってありますよね。これまでもこのブログや姉妹サイトの『iPadNext』などで数々のアプリを紹介してきました。

こんなに多くのアプリが世に出ているのには、もちろん開発している人や企業がいるわけで、その開発者のおかげでもあるわけです。
しかし、現状ではゲームアプリ開発者の数は全然足りていません。その背景には、アプリを開発している人の中にこれまでゲームを作ったことがあるという人がほとんどいないという現場の声がありました。

今回参加した『それって楽しい!?ゲームエンジニア視点から見たスマートフォンアプリ開発』では、さまざまな発見がありましたので、セミナー内で聞いたお話をメモ程度ですが、ここに公開しますね。

1.スマホアプリ開発で活かす、ゲーム開発の経験!!(ユーティリティツール編) – 株式会社ジェネシックス 中 貴弘 氏

スマートフォンの方がゲーム機よりも普及する。ゲーム開発に関わる人はスマホ向け開発は必須の時代に。
2011年、米国でのソーシャルゲーム市場は10億ドル規模と巨大市場に。

ニンテンドー3DS、PS Vita、Wii Uなどもあるが、スマートフォンが来る。
(っていうか、「ミス慶応公式アプリ」なんてあるんですね。。。)

【スマホの魅力】
多彩なデバイス、タッチパネル、高性能グラフィック、通信回線などなど。
例えば、Wi-Fi+加速度センサー+タッチパネル+カメラ=「ARDrone」なんてものが登場した。
→新しいユーザー体験の発明、こそがスマホの最大の魅力になる。

【「ゲーミフィケーション」がキーワード】

カメラロール-2598

■アプリ開発の問題点・・・
有料アプリ市場は特にAndroidでは厳しい。
無料だと簡単に削除されてしまって、あとからアップデートでマネタイズしようというのも難しい。

■ゲーミフィケーション・・・
ゲームのノウハウをいろいろなサービスに取り入れようという考え。4sq(チェックイン)とかマクドナルドのスタンプ機能(ためるとクーポン発行)とか。

カメラロール-2599

■最初の5分間に素晴らしい体験を与えられないコンテンツはすでに死んでいる。
→手触り感はもっともそれが与えやすい。タッチして動かすと楽しい。
→手触り感を実装するには、イベント処理の高速化や、重い処理を逃すとか、描画フェーズを意識するとか、表示が更新される際にアニメーションで補完するとか、インタラクションを意識する(視覚的に)とか。

ユーザーからのフィードバックが重視する。常に見直し。

カメラロール-2600

カメラロール-2601

【スマホ開発に際して学んでおくこと】
■Webサービスの知識(API、マッシュアップするため)
■Mac OS X(AndroidもMacで開発する人が多い)
■プラットフォーム特性を把握しておく(iOSとAndroidでは得られるユーザー体験は必ずしも同じものではない。特にiOSはアダルト系がダメなので企画段階で決める必要がある)
■WindowPhoneが来るのかどうか。中氏としては、触った感じは良いけどまだわからないのが正直なところとのこと。
■C/C++に精通していると、そのノウハウは意外と役に立つ。

カメラロール-2602

【最後に】
スマホアプリの開発は当たり前の時代に。
ゲーム開発者と、スマホ業界・Web業界の人との交流が大事に。

カメラロール-2603

2.スマホアプリ開発で活かす、ゲーム開発の経験!!(ソーシャルゲーム編) – 株式会社サイバーエージェント 荒井 智之 氏

カメラロール-2604

【なぜスマートフォンなのか】
■タッチパネル→気持ちいい操作感。
■高解像度→iPhone4は携帯端末(携帯ゲーム機含む)の中で一番解像度が高い
■描画性能→PowerVR SGX(iPhone3GS/iPhone4)・・・携帯の中で最も性能が高い。
OpenGL ES 2.0 + GLSL 1.0など。
■GPS搭載
GPS衛星、3G基地局、Wi-FiAP
■6軸センサー

  • 3軸加速度センサー
  • 3軸地磁気センサー

■常時通信

  • 通信環境を持っていないユーザーへの配慮は不要
  • ソーシャルゲームを実現しやすい

■AppStore

  • 思いついたときにアプリを手に入れられる
  • 提供側も即座に提供できるメリット
  • ダウンロードが楽

→このAppStoreの仕組みはゲーム業界が望んでいた環境

■ユビキタス
常に持ち歩く、いつでも電源オン、いつでもどこでも使える
■まとめ
実はゲーム機ではないのに、どのゲーム機よりも高性能。ゲームに最適。

【スマートフォンゲームの作り方について】
■スピード感
短期間で作る。コスト削減。ライトなシンプルなゲーム。作りやすいゲーム。バージョンアップ、バグ修正も速くできる。

カメラロール-2608

■少人数制
制作コストを下げる。1人で制作することも。ひとりひとりがゲームの完成形をしっかり意識する必要がる。提案・意見をどんどん出すことが大事。
■ソーシャル
スマホはほかのユーザーと絡むゲームの提供が楽。対戦、協力、競争するゲーム。常時通信環境、コミュニティーがあれば交流が活発化する。追加コンテンツでユーザーを飽きさせない。

【短期間で作る方法】
■ゼロから書く?
最初は時間がかかる。コードの再利用で次以降の開発を短縮化。端末の性能をフルに使うことができる。ただ、iOSとAndroidでは開発言語がまったく違う。

カメラロール-2610

■HTML5+CSS3+Javascriptを使う
Canvas,SVG,Audio,Video、加速度センサ、傾きセンサなどが使える。

カメラロール-2611

■フレームワークを使う
cocos2・・・特に2Dゲーム制作に向いている。物理シミュレーションが使える。Flash Actionscriptに似ている。

カメラロール-2614

cocos2dで作る iPhone&iPadゲームプログラミング
Steffen Itterheim
インプレスジャパン
売り上げランキング: 16132

cocos2dx・・・iPhoneとAndroidの両方で動く。C/C++などで動く。基本機能はcocos2dとほぼ同じ。
Titanium mobile・・・Javascriptで書く。インタプリタだが比較的高速に動作可能。タイタニウムモバイルと読む。

カメラロール-2616

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ (Smart Mobile Developer)
北尾 雅人
翔泳社
売り上げランキング: 23860

Corona SDK・・・ゲームに特化。グラフィック性能が良い。iPhoneとAndroidで使える。

■ゲームエンジンを使う

カメラロール-2618

Unity・・・iPhoneでもAndroidでもWindowsでもPS3でもXboxでも動く。LevelEditorなどを使える。ニコ動で「iPhoneゲームを20分で作る」
Unreal Engine・・・iPhoneでもAndroidでもWindowsでもPS2でもPS3でもXboxでも動く。
フレームワークやゲームエンジンを使うメリットは、高速でゲーム部分の実装が可能。確認作業も速い。超専門知識が不要。低コスト。
フレームワークやゲームエンジンを使う注意点は、習得時間が必要。欧米型のゲームの作り方が必要。

【制作の関する経験則】

  • マルチタスク・・・いつでもバックグラウンドに行く可能性がある、いつでもゲームを終了する可能性、いつでもメモリ不足になる可能性
  • 音楽プレイヤー・・・音楽鑑賞中にゲームを起動したらBGMはどうするか。
  • 通信・・・不安定な回線。いつでも通信が切断される可能性
  • UI・操作・・・戻るボタン・メニューボタンはiOSとAndroidで文化が違う。タッチパネルが苦手とする操作が存在する(画面が指で隠れる、ボタンを押す感触がない)
  • アプリサイズ・・・iOSは3G回線でダウンロードできるのは20MBまで(超えるとダウンロード数が半減する)。小さくするには、テクスチャ画像をフルカラーから256色に減らすだけで4分の1になる。PVRTC圧縮で40分の1になったりする。
  • ゲーム内のポイント制度など・・・iOSでは別アプリとポイントの共有はNG。アプリ内課金は二重・三重の安全策を。AppStoreの価格レートは変動する(変動時に、115円で115ポイント→85円で115円ポイントになってしまった)。
  • 機種依存・・・処理速度、画面解像度の違い、iOSの違い。Androidでは縦横比の違い。
  • フォロー・・・リリースしても気づかない。マーケティング、告知、AppBankで紹介してもらえれば一気にダウンロードが増える。ユーザーへの真摯なフォローが必要。
  • スケジュール・・・見積もりは実績と経験則から。実績を数値化して残し、再利用する。進捗確認、スケジュール調整は頻繁に行う(週に1~2回はメールで確認)。アジャイル開発、スクラムが有効。ゲームの面白さを最優先で確認する。
  • セキュリティ・・・SQLiteは自由に参照・改ざんが可能。通信内容は自由に参照・改ざんが可能。位置情報は偽装可能らしい。

カメラロール-2620

【まとめ】
■ゲーム制作のノウハウの根幹はプラットフォームに依存しない。
■ゲーム制作者は臨機応変に。プラットフォームにとらわれない。一番ユーザーが多い環境へ。
■もっともっとゲームで遊ぼう。体験したゲームは今後自分が作るゲームに何らかのメリットになるはず。

サイバーエージェントととしては、Flashのスキルがあるスタッフは多いが、今後の人材ということでは、ビジネスというよりもゲームの面白さを突き詰めていく情熱がある人が欲しい。

スマートフォン案件動向とスマートフォンエンジニア向けの取り組み – パソナテック 大田 航平 氏

ゲームプログラマーに今世紀最大のチャンス到来。
パソナへのiPhone・Android向けアプリ開発者の案件が多いのに、人が足りない。

大手ゲーム企業からの案件が多い。
エンジニアの給与水準も大手が高い。

カメラロール-2621

任天堂とDeNAの株価。

カメラロール-2622

ソーシャルゲームプロバイダーのKLabが新規上場へ。

カメラロール-2623

上り坂の業界が人材を求めている。

パソナが勉強セミナー

カメラロール-2624

自治体からの事業でアプリ開発者の育成・就業も。
iPhoneとAndroidの両方を開発できる人材を20名育てる講座が現在始まっています。

カメラロール-2625

「エンジニアカフェ」というプロジェクト。
Facebookでパソナの女性社員5人が業界の内容を発信しています。

カメラロール-2626

スマートフォン向けゲームエンジニアはたいへん不足していますが、パソナは企業とエンジニアを結びつけるためにいろいろなセミナーや勉強会を実施しているそうです。こういうセミナーに対して変な偏見を持つ声もありますが、開発者を育成し、企業と開発者の卵を結びつけるような活動は非常に好感が持てます。

僕自身は転職までは考えていないけど、今回のようなセミナーには積極的に参加し、スマートフォンやゲーム業界の動向を掴んでいきたいです。また、セミナーや勉強会などに参加するとこで、自分でアプリを作るときにモチベーションの維持・向上にもなるのではないかと考えています。

よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【Xcode 4対応版】
森 巧尚
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 1353

iPadNext
iPhone・iPad関連記事
Android関連記事
イー・モバイル関連記事
ハイパーアプリクリエイターズ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で