iPhone・iPad

「iPhone 6」「iPhone 5s」などを買い取ってもらうときに注意すべき3項目

こんにちは!iPhoneは常に新しいものを買いたい@asuka_xpです!

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」がついに発売となりましたね!
今まで使っていた「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone 6」「iPhone 5c」「iPhone 5」「iPhone 4S」などなど古くなったiPhoneを下取りや買い取りをしてもらいたいという人も多いことでしょう。

古いiPhoneは高く売れるうちにケータイ買取ショップに買い取ってもらっちゃうのが一番なんです。ところが、高く買い取ってもらう前にはチェックしておかないといけない点がありますので、今回はiPhone本体を売る際の注意点を取り上げたいと思います。

割賦残債期間を確認しよう

さて、iPhoneを売る際に気をつけたいのが、分割払いでの支払い期間が残っている場合。
2年1ヵ月以上前に買ったのであれば、分割払いが終わっていると思いますが、一応確認しておきましょう!


ドコモ、au、ソフトバンクでも同様ですが、分割払いの残債が残ってるかどうかが1つ目のチェックポイントになります。

ここではソフトバンクユーザーの場合で解説しますね。ソフトバンクではMy SoftBankのページで残債を確認できます。

My SoftBankにアクセスしてください。

2012-09-05_0406

自分の電話番号とパスワードを入力してログイン→
サービス一覧の「料金案内」の「割賦契約内容の確認」→

2012-09-05_0350

支払残回数が0回、支払残金額が0円ならOK。

例えば、僕は「iPhone 4」を2010年7月に契約しているので、24回の割賦払い(分割払い)は終了しています。分割払いが終わっているので、問題ないということになります。

しかし、「iPhone 4S」の方は2011年10月に契約したので、上のように2012年9月時点ではまだ残債があります。

また、下のように「iPhone 5」も残債があるので買い取ってもらえません。(※2013年9月時点)

th_2013-09-11_1538

古いiPhoneが売れる状態かどうかを確認する

分割払いがなければ、ほぼ問題ありません。
ですが、一応、iPhoneの契約状態に問題がないかを確認します。

まず、iPhoneでIMEI(製造番号)を確認しましょう。

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」の画面でIMEI(15ケタ番号)を確認できます。

写真 12-09-05 4 26 21

次に、ソフトバンクのサイトで自分のiPhoneがネットワーク利用制限のかかっていないiPhoneかどうかを調べます。
以下にアクセスしてください。

 → ネットワーク利用制限携帯電話機について – SoftBank

ここで先ほどiPhoneで調べたIMEI(15ケタ番号)を入力。

2012-09-05_0319

結果に「○」と表示されれば、買取店やヤフオクで売却することができます。

2012-09-05_0320

例えば、割賦払いの残債が残っていたり、月々の通話料などの支払いが延滞していたりすると、問題のある機種ということになります。
問題があれば、当然、ヤフオクやソフマップなどの買取店に売ることはできません。
(ヤフオクでは入札者からの質問でIMEIの開示が求められることが多いようです)

どうしてこのように厳格なのかというと、あなたが問題のあるiPhoneを売って次に誰かがそのiPhoneを買って使った場合、その人が不利益を被るからです。また、買取店にも迷惑がかかります。

僕の場合、「iPhone 4」は割賦払いが終了しているので「○」と表示されました。ただ、「iPhone 4S」の方はまだ割賦払いの期間が残っているので「△」が表示されました。
つまり、僕は「iPhone 4S」を買い取ってもらえないということになります。

ですので、今回は割賦払いが済んだ「iPhone 4」だけを売却することにしました。

古いiPhoneのデータをバックアップして、消去する

iPhoneを売る前に、iPhoneのバックアップを取っておきましょう。

もし、iCloudにすべてバックアップを残している場合には、特にコンピュータ側にバックアップを取っておく必要はありませんが、写真は枚数・期間制限があるためすべてをiCloudに残せません(標準プランの場合)。
バックアップはiPhoneをコンピュータに接続して、iTunesの「バックアップ」でOK。

僕は「iPhone 4S」を残し、古い「iPhone 4」だけを売るので、バックアップは取りませんでした。

バックアップが終わったら、iPhoneの中にあるデータや設定をすべて消去しましょう。

「設定」→「一般」→「リセット」→

写真 12-09-05 4 33 06

「すべてのコンテンツと設定をリセット」→パスコードを入力→

写真 12-09-05 4 33 12

「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします。」と表示されるので、「iPhoneを消去」を選択→
「本当に続けますか?すべてのメディア、データ、および設定を消去します。この操作は取り消せません。」と表示されるので、「iPhoneを消去」を選択→数秒後に電源が切れる

これでiPhoneのデータをリセット(買ったときの状態に戻る)されます。

写真 12-09-05 3 06 23

あとは、USBケーブルとイヤホン、ACアダプターなどの付属品と一緒に、買取店で売ればOKです!

待ちに待った「iPhone 5s」「iPhone 5c」。
この機会に自宅に眠ってる古いiPhoneは売ってしまいましょう!

 → 【即日入金も】不要なスマホを高く買い取ってもらう!オンライン買取サービス3つ

iPhoneやiPadを高く買い取ってもらえるオンラインサービス

キャンペーンもあり、スマホを高額買取してくれる買取サービスもありますよ。

 → Smarket(スマーケット)

ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」

【関連サイト】
ソフトバンクオンラインストア

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で