便利なサービス

アキバの電源難民を救う「Caf3PackW0rk5」(カフェパックワークス)でのんびり資料作りしてた [閉店]

新宿や渋谷よりも、秋葉原の街をフラフラ歩くことが好きな@asuka_xpです。

秋葉原にはビジネスで打ち合わせに来るサラリーマン、観光で訪れる外国人、グッズを買いに来るアニメファンなど実に多くの人がいます。僕がパソコンショップでアルバイトをしていた10年前と違って、非常に多くの飲食店やトイレのある店が増え、格段に便利になりましたね~。

そのようななか、秋葉原の街にまた1つ便利なお店が増えました!
カフェバー・コワーキングスペース「Caf3PackW0rk5(カフェパックワークス)」です。

※現在は閉店

秋葉原ではスマホやノートパソコンを充電できるお店はけっこうありますが、自由に使える電源があったとしても席が狭かったり、混雑している店内でコンセントがすでに使用済みになっていたりします。

「Caf3PackW0rk5」はコワーキングスペースを意識したカフェで、フリーの電源とWi-Fiが使えるだけでなく、店員さんに言えばiPhoneの充電ケーブル(Lightningケーブル)を貸してもらえるのが意外とありがたい。「モバイルバッテリーは持ってきたのに充電ケーブル忘れた!」ってときには特に助かるお店となるでしょう。

お店はビルの2階

「Caf3PackW0rk5」の場所を解説しておきます。JR秋葉原駅・電気街口からはソフマップのある大きな交差点をベルサール秋葉原の方に渡って、そのまま神田明神下の交差点まで進んだところを右に曲がります。するとちょっと女の子のいるお店っぽいビルがあるので、その2階が「Caf3PackW0rk5」。

「Ad◯be Phot◯Shop」みたいなロゴ(笑)

ソファーあり!狭いけど落ち着いた雰囲気の店内

「Caf3PackW0rk5」の店内に入ると、まずは支払いカウンターが。ここで最初に何時間利用するか料金プランを言って、利用料金を先に払います。

ゆったりとしたソファー席が2つ。ここは人気が高そうだ!

サイドには長いテーブルと、奥にはグループで使うのに良さそうな4人用テーブルも。

店内は広くはないものの、開放的すぎないので緊張感はありません。

おぉ、懐かしのファービーがいる!!

秋葉原ならではと言える、プリキュアのステッカーの販売も(笑)

Wi-Fiは「CAF3PACKW0RK5-B」

天井から電源ケーブルが伸びていて、これを下に引き寄せれば誰でも自由に使えるようになっています。

お店にはフリーのWi-Fiがあり、ネットワーク名が「CAF3PACKW0RK5-B」となっているものはパスワードを入れればパソコンでもスマホでも使用可能。パスワードは店内のメニューに書かれているのをそちらを参照してください。
なお、ネットワーク名が「CAF3PACKW0RK5-A」っていうのもあって、機種によって使い分けできるようになっているらしい。公衆無線LANサービス「Wi2」の電波も入ります。

営業時間と料金

営業時間は火曜日~金曜日の13時~18時(以前は11時~18時でした)。カフェの料金は利用時間に応じた料金体系をとっています。入店時に何時間利用するかを申告して料金を前払いし、ドリンクを購入する際にはその都度お金を支払う形。

2時間利用で500円、4時間で1,000円、開店から閉店までいても1,200円の1日プランもあります。月額9,900円で定額利用も。また、ちょっとだけ利用したいという人のために1時間利用で1ドリンク付きで500円というプランが3月12日より設定されたそうなので、時間を潰しながらスマホを充電するのにちょうどいいんじゃないでしょうかね!

 → 料金プラン

他店のように100円のコーヒーでずっと店に居座るよりもこの方が店員さんの目を気にしなくていいし、堂々と電源もWi-Fiも使いまくれます。しかも、ドリンク代はけっこうリーズナブル。秋葉原の街で買い物して荷物が多い場合でも100円で荷物を預かってくれるクロークサービスもあります。

さらに、店の貸し切りプランもあるので、電源とWi-Fiを活かしてここでちょっとしたイベントをやりたいってときにも良さそう。ブログ勉強会とかね(笑)ゲーム機もある!

 → レンタルスペース・プラン

実際に使ってみた感想

ドリンクは150円からとなっていて、僕は200円のアイスコーヒーをオーダー。
豪華なリクライニングチェアーはないのでリッチな作業環境とは言えませんが、電源を心置きなく使えるというのはやっぱりいいですね~!おかげで僕は家から持参したアダプターでMacBook Airを充電しながら、バッテリー残量を気にせずプレゼン資料を作成。同時にiPhoneも充電しておき、夜に別会場で行われるイベントへフル充電で向かえたというのはとても安心感がありました。

ファストフード店の電源席はカウンターだったり、某喫茶店も電源席はあるけどしっかりと分煙化していなかったりで居心地が良くないんですが、「Caf3PackW0rk5」はテーブルでも電源が使えるし、カフェタイムの営業が終わる18時までは禁煙なので嫌な匂いを気にせず作業できましたよ!月額9,900円で定額利用できるプランもあるので、週に2回・4時間以上使う場合はこちらの方がお得。

ちなみに、お菓子やお弁当の持ち込みもOKなので、ここでお昼御飯を食べることも可能。ただし、店長さんがカレーがダメな人なので、カレーライスやカレーの香りがする物の持ち込みはNGだそうです(笑)

夜はバーになる!

「Caf3PackW0rk5」のコワーキングカフェとしての営業は18時に終了し、実は18時~24時(以前は18時~25時でした)はバーに!お酒や料理が味わえるお店に変わります。バータイムには料金体系が変わり、フードの販売も開始されるため外部からの食べ物の持ち込みはNGとなります。店内にはバーカウンターが!

ほんと、ビックリするくらい種類が豊富なアルコール類やフードメニューもあって、夜はまた違った形で利用できるお店です!

夜にも行ったんですが、まさか目の前でこんな大きな肉の塊から生ハムを切り出してくれるとは!これはめっちゃ楽しめました!

18時にコワーキング・カフェの営業が終わってしまうことで残念に思う人もいるかもしれませんが、18時って一般的なサラリーマンも仕事を終える時間ですし、ちょうどいい時間だと思うんですよね。バーの時間になっても電源やWi-Fiは自由に使えますし、飲みながら仕事後の一杯をやっていくのも良いんじゃないでしょうか!
僕が夜に行ったときにはグループでワイワイ飲んでる客もいれば、1人でフラッと来て飲みながらパソコンで作業している客もいましたよ。

昼は快適な空間で作業したり、短い時間でも気軽に来てスマホやパソコンを充電したり。また、夜にはバーで飲みながら仲間と談笑できる。そんな秋葉原の新しいオアシスができました!

なにやら、本日ホワイトデーには限定カクテルもあるんだとか。

「Caf3PackW0rk5」(カフェパックワークス)
ブログ:caf3packw0rk5 blog
Twitter:@caf3packw0rk5
営業時間:
・コワーキング・カフェ 火~金の13時~18時
・バー 火~金18時~24時、土祝前日15時~26時(定休日:月)
場所: 東京都千代田区外神田3-1-3 秋葉原パークビル2F(地図
 JR秋葉原駅 電気街口より徒歩5分
 東京メトロ銀座線・末広町駅3番出口より徒歩5分

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で