SIMロックフリー端末

通信料金の安さと自由度が魅力、SIMフリースマホ&MVNOが熱い!「SIM通ブロガーイベント」

2014年3月18日、NTTレゾナントで開催された「教えて!goo SIM通ブロガーイベント」に参加してきました!
SIMロックフリー端末を製造しているASUS(エイスース)、SIMカードや端末の販売を行っているgoo SimSeller、MVNOなどSIMカードに関する情報を発信しているSIM通といった、SIMのスペシャリストが集まったパネルディスカッション形式のイベント。

「SIMロックフリー」とか「MVNO」というのは個人的に熱いテーマの一つと感じていただけに、物凄く楽しみにしていたのです!ということで、今回はSIM通ブロガーイベントのレポートをお届けします!


司会はアプリソムリエの石井寛子さん

MVNOとは?SIMロックとは?

まず、「SIMカード」「MVNO」「SIMロック」といったキーワードをSIM通の解説を基に簡単にまとめておきますね。

SIMカード
電話会社の通信回線を使い、通話やデータ通信を行うのに必要なICカードのこと
MVNO
自前で通話・通信用回線を持たず、他社の回線を借りて自社ブランドで事業を行うこと。現在あるMVNOはすべてドコモの回線を借りている。
SIMロック
特定の回線でしか通信・通話ができないよう制限をかけること(逆にSIMロックフリーはその制限がかかっていない状態をいう)

例えば、MVNO業者のSIMカードをドコモのスマホに挿せば、ドコモと契約していなくても使えるんです。下の例だとOCN モバイル ONEのSIMカード

「SIM通」はSIMカードの情報が満載のサイト

「SIM通」は2013年10月にオープンしたMVNOのSIMカードに関する総合情報サイト。毎日コラムを掲載し、SIMカードの基本情報から料金、利用方法まで、SIMについて徹底的にサポートしている内容になっています。

SIM通編集部の小池さんの話によると、読者の中にはこれからSIMを買おうとしている人や、購入直前にSIMを比較したい人が多いそうです。
MVNOのSIMカードは一般的に月額980円程度で使える事が多く、そういった料金面でのメリットや通信速度などの詳しい情報を求めている人が増えているんでしょうね。


SIM通編集部の小池さん

SIM対談の登壇者

イベントのメインはSIMについてのパネルディスカッション。パネラーは左からASUS(エイスース)のAndyさん、Seikoさん。goo SimSellerの本店の田谷さん、goo SimSeller 楽天市場店の木藤さん、SimSeller Yahoo!ショッピング店の久保さんです。

まず、ASUS。台湾の企業ですが、日本では2013年にAndroidタブレットでシェアNo.1になったそうです!そういえば、「Nexus 7」もASUS製ですよね!
SIMフリーの端末をたくさん投入しています。こ、こんなに出していたんですね~。日本ではSIMフリー端末を使っている人はまだまだ少ないので、もっと広がってほしいと考えているとのこと。

goo SimSellerは2013年5月に楽天市場店をオープン、2014年1月には本店がオープンしています。
MVNOの「OCN モバイル ONE」を中心に、ルーターやタブレット、スマホの販売を行っているほか、SIMロックフリーの端末も多く取り扱っています。

SIM通に掲載のコンテンツは何が人気か

いきなり、こんなことぶっちゃけていいの?とビックリしたのが、SIM通のアクセスランキング。
2013年10~12月、2014年1~3月のランキング比較でいうと、アクセスの多いタイトルを分析すると2014年1~3月では初心者の読者が増えていることがわかります。

想定できる読者としては、SIMの概念を理解し、購入を検討する初心者。また、購入直前の比較検討を行いたいという読者がいるとみているとのこと。2013年10~12月でみると、ある程度ガジェットやSIMに詳しい中級~上級のユーザーがSIM購入の直前段階でSIM通にアクセスするのが多かったと分析。一方、2014年1~3月ではSIMの存在そのものを知らないような超初心者の読者が増えてきたとのことです。

MVNOのSIMカードが家電量販店で取り扱われるようになり、月980円で使い放題!みたいな謳い文句を目にしますよね。ここ数ヵ月でMVNOはずいぶんと身近な存在になったように感じます。

SIM通への検索流入が多い上位5位のキーワード

SIM通へアクセスのある検索キーワードを見てみると、2013年10~12月はMVNO、プリペイドSIM、MVNO 通話、MVNO 比較、MVNO SIMといったキーワードが多い。その一方で、2014年1~3月にはSIM、SIMカード、SIM通、MVNO、SIMフリータブレットが多いようです。

このことから、やはり初心者の読者が増えていることがわかります。マツコ・デラックスさんが登場したテレビCMで「OCN モバイル ONE」の認知度が高まったことや、各社による新サービスが続々がリリースされたことを受けて、「SIM」をネットで検索する人が増えたんだと分析しているそうです。そして、結果的に「SIM通」へのアクセスも増えた、と。

僕のブログでもそうですが、SIMロックフリー端末についていくつも記事を書いているせいか、SIMフリースマホやタブレットに関するキーワードでたくさんの検索流入があります。同時にじわじわとMVNOのSIMカードも売れているので、僕が感じていたことは今回のイベントで確信に変わりました。確実にSIMフリーとMVNOはキテいると。

 → 【激安】1万円台で買えるSIMフリースマホがこんなにもたくさんあるぞ!1万円以下の端末も!

携帯電話会社を通さずに購入することができるSIMロックフリーのNexus7ASUS Fonepad Note 6といったタブレット、スマホがどんどん登場しているのも大きな要因の1つになっていると思います。


ASUSのAndroidタブレットのすべてを担当している通称Andyさん

質疑応答

ここからはQ&Aを通じての対談だったので、以下にまとめておきますね。

(1)SIM初心者が増えているが、販売店(goo SimSeller)としてはどのような反応があるか?
田谷「年を明けたあたりから、お問い合わせが昨年秋の250~300%増加している。その中で、SIMフリー端末はLINEや通話も出来るんですか?といった質問もある。認知度の高まりを感じている。」
久保「端末セット、050など、商品を増やしたことで売上も増加した」


goo SimSeller

(2)各店舗によって販売の特徴はあるのか?
木藤「楽天市場の方では客の購買層は男性が8割で、その中で40~50代の男性が多い。販売の特徴は楽天ポイントをフックにPRしている。今週末までだとポイント最大19倍、レビューを書いたら500ポイント贈呈しているので、お得に購入できる。」
久保「Yahoo!も楽天と同じ購買層。30~40代の男性が多い。平日の昼休み時間帯のアクセス数が多い。SIMカードは端末とのセット購入が多い。ポイントやクーポンを使って安く買えるようアピールしている。1,000円引きクーポンとポイント15倍のキャンペーンもやっている。」
田谷「本店は1月28日にオープンしたばかりでまだまだこれから。購買層はやはり男性が多い。女性や若い学生さんにも使ってほしい。2月末からOCN光 with フレッツとのセットでお得なセットを提供している。」

(3)どんな商品が売れてるのか?
久保「LTE対応のルーターとモバイルONEのセット。初期費用を抑えられるため比較的ハードルが低いと分析している。アンテナピクトとバッテリーの問題でSMS対応のSIMカードが売れている。」
木藤「MVNOのSIMカードはドコモのスマホで使えるが、リテラシーが高い人にしかMVNOが使われていなかったという状況があった。知識があまりない人のためにSIMフリー端末とSIMカードのセット販売を始めた。」


goo SimSeller 楽天市場店の木藤さん

SimSeller Yahoo!ショッピング店の久保さん

(4)日本へのローカライズについて(川俣さんの質問)
Andy「(Andyが)ASUSのAndroidタブレットのすべてを担当している。サンプル機に日本語OSをインストールし、山手線をずっと乗って、人がたくさんいるところで通信チェックをやったりしている。ASUSの端末を持っている人は私が関わっていたんだと思ってくれれば嬉しい(笑)」


SIM通編集部の川俣さん

(5)OSのアップデートに関して気をかけている点は?
Andy「基本的に最初の端末チェックと同じで、不具合が修正されたら配信開示日時を日本側で調整している。」

(6)SIMフリー製品のターゲット(石井さんの質問)
Seiko「ユーザーは男性が多いけど、これからももっとSIMフリーを広げていきたいので女性や高齢者にも使っていただきたい。遊びと仕事の垣根なくいつでも対応できる。」


ASUSのSeikoさん

(7)MVNOのSIMカード選びのチェックポイントとは?(来場者質問)
小池「SIM通としては、月額どのくらいのコスト?通常の電話番号を使いたい?一時的に使いたいか?といった3つのポイントがある。その中で合ってるものを選ぶ。

(8)SIMフリー端末の選び方
小池「SIM通では技適をクリアした端末のみ掲載している。海外渡航時に現地のSIMカードを挿して使えるのがメリット。」
川俣「電波を広く対応しているものを選べるというのがSIMフリーの良いところ。」

SIMロックフリー端末をタッチ&トライ

会場には「Nexus 7」の2012年モデルと2013年モデル、「ASUS Fonepad Note 6」、「ASUS Fonepad 7」の4種類が展示。どれも手に取って触ることができました。

ASUS Fonepad 7」はちょっとデカいけど、いざというときにはちゃんと電話としても使える。

@asuka_xpの感想

今回のイベントに参加してみて、自分が感じていた以上にSIMロックフリーのスマホやタブレット、格安のMVNOのSIMカードの需要は多いんだな~というのがわかりました。
ん~、やっぱり携帯キャリアの2年縛りや分割払いによって自由な端末選びが阻害されているのも原因の1つなんでしょう。端末とSIMカードは自分の好きなように選びたい。それに、LTEで速度が速くなったのはいいんだけど、通信料金が上がってしまったことに不満を感じるユーザーも多いですからね。。。

今後、ますますSIMに関する価値ある情報が求められるようになるのは間違いありません。「SIM通」をチェックするとともに、自分でもいろいろな端末やSIMを触っておきたい!

お土産でMVNOのSIMカード「OCN モバイル ONE」やSIMカードアダプタ「MERRY BIRD Nano SIMアダプター」を貰えたので、試してみたいと思います。
あ、今日から僕はSIMブロガー(笑)

■MVNO情報満載のサイトSIM通
■SIMカードや端末の販売を行っているgoo SimSeller

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE SIMパッケージ SMS対応 マイクロSIM T0004028
NTTコミュニケーションズ (2013-12-17)
売り上げランキング: 91

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で