グルメ

[西麻布] マグロのわさび焼きをウニ醤油で!間違いなく美味いココノマシーズンダイニング

六本木駅から真っ直ぐ歩いて10分かからない西麻布の交差点手前、ホテル&レジデンス六本木・Hotel Sの1階にレストラン「COCONOMA SEASON DINING(ココノマ シーズン ダイニング)」はあります。

タムカイさんのパパ友でここのグランシェフ(総料理長)を務める菱沼さんにご招待いただきまして、デートにも使えそうなオシャレなお店の特徴や料理のお話を伺いながらCOCONOMAのおいしい料理とワインを味わうことができました。

料理はすべて菱沼さんにチョイスしていただいたのですが、ストレートに言うと出てくる料理がどれも美味い。遠慮なく美味い。溜め息が出るほど美味い。

最初に出てきたのが「フォアグラとトリュフのキャンディー」です。

包み紙を開けると、トリュフの香りととろけるようなフォアグラが!バケットに乗せていただきました。クリームチーズのように滑らかで、風味はいい。バケットとの相性がバツグンです。

ポテトだって手が込んでる。「トリュフ香るポテトフライ」。

何気にこれがいいキャラでして、最後までワインのお供として大活躍。うまい、うまい言いながらみんなで食べていましたね。

開発中の料理も出していただきました。名も無きこちらの料理は食感が滑らかで実に香りがいい!説明を聞かずに夢中で食べてしまったことを後悔。。。

衝撃的なメニューの1つだったのがこちらの鮪料理。「マグロのわさび焼き 特製醤油添え」です。

鮪の赤みをレアな状態に焼いてあり、ウニを使った特製醤油で食べるというのだから贅沢ですよ。表面には本わさびが塗ってありまして、鼻につーん。これが外国の方には大好評なんだとか。新鮮な本わさびのせいか、実はそれほど辛くはありません。美味すぎ。

 

サラダはシャキシャキで、もはや普通の野菜に見えなくなってくる。ドレッシングが効いてます。

本当はサラダに生ハムも乗ってたみたいだけど、今回は別皿で出していただきました。ワインに合わないわけがない!生ハム好きな僕としてはキッチンに見えた生ハムの原木に大興奮。

「揚げナスと米沢豚バラ肉のしゃぶしゃぶ ジンジャーソース」はサッパリと。脂っこくないなのでヘルシー。これ、絶対に日本人が好きなやつや。

このお店にはどんだけ美味しい肉があるのか疑ってしまうほど肉料理が素晴らしい。「こんがり焼いたスモークチキン ポテトフライ添え ~宮城県産ハーブ鶏使用~」というメニューがこちら。

皮がパリっとしてて香ばしく、中身はやわらかいんですよ。甘辛いソースがじっくりと染みてて、全体的にどこを食べても味がしっかり。COCONOMAはお箸で食べるレストランですが、こいつは手掴みでいった方がいいと思います。うまい!

パスタもいただきまして、こちらは「ウニのカルボナーラ スパゲティ」。クリーミーなのは言わずもがな。ウニと海苔、ネギが乗ることによって絶妙な美味しさの和風のカルボナーラになっています。

またも驚かされたのが「殻付オマール海老と季節野菜のトマトソーススパゲッティ」。

圧倒的な迫力で、一体どう食べていいのかわかりません。

そこで菱沼さんの神の手によって上手にオマール海老の身がほぐされ、スパゲッティが取り分けられました。

ここで店内の様子をチェックしておきましょう。まず目を引くのは大きなワインセラー。凄まじい数のワインが並んでいます。目がくらくらする!

僕たちが過ごしていたダイニング部分。ここは4人で3グループくらいの団体が入れそう。

端に咲いていた桜がキレイでした。

奥には靴を脱いで仲間同士で楽しめる“小上がり”があって、ちょっとしたVIP気分も味わえます。

ここではのんびりくつろぎながらお酒や料理を楽しみたいですね~。

ホテル&レジデンス六本木・Hotel Sの副支配人である山本さんから伺ったお話では、ここの壁部分は子どもたちも含めて自分たちで佐官作業をやったんだとか。角のあたりは子どもが塗ったそのままにしてあって、なんか人の温もりを感じられる造りが素敵だな~。

 

また、カフェ感覚で気軽に食事できるテーブル席もあります。1,000円ランチも実施しているので、お店の様子を知るためにも最初はランチで利用してもいいかもしれませんね。

実は気づいた人もいるかもしれませんが、ホテル&レジデンス六本木とあるようにここはホテルなんですね。デザイナーズホテルです。ロビーがあるし、奥のエレベーターを上がるとお部屋があります。

ちなみにここは宿泊用の部屋だけでなく、住める部屋も提供しているんです!宿泊用と居住用で異なるエレベーターが用意してあり、居住の場合は1ヵ月や1年単位で契約できる。まぁ、僕みたいな庶民派ブロガーだとなかなか難しくて夢物語ですが(^_^;)

関連:ホテルに暮らす – ホテル&レジデンス六本木

今回は宿泊の方で、特別に1部屋空いていた1泊6万円のお部屋を案内してもらいました。

洋風な部屋なんだけど、床が畳になっていて外国人が喜びそうな和風テイストも見られる落ち着いた雰囲気。

 

特別に見せてもらった屋上からはこんなキレイな夜景が見られて羨ましい!

 

ちなみに、ホテル&レジデンス六本木はグッドデザイン賞も受賞してるんですね~。

1階でレストランと反対側にある多機能エリア「ニシロクラボ」はホテルのラウンジとして利用できるほか、電源やカウンターがあって仕事の作業スペースとして利用できたり、イベント、プライベートパーティー、公開放送などができるようになっています。

ホテル、レストランの外観はこんな感じ。首都高速3号渋谷線沿い、六本木から西麻布の交差点へ行く手前にあります。隣はファミリーマート。

お店のWebサイトではGoogleストリートビューで店内の様子を見られるのがすごい!これはわかりやすいですね~。他の飲食店も店内ビューを導入したらいいのに。トレタとかが導入店舗向けにこういう店内ビューのアドバイスしたら良さそう。

→ 店内の様子 – COCONOMA SEASON DINING

さて、気になる料金はCOCONOMAは場所と雰囲気を考慮しても、この味なのにこの価格はどう考えても安い。周りからもよく驚かれるんだそうです。

今回いただいた料理はきっと食べ過ぎな方だと思うけど、それでも4人分で1万円をちょっと超えるくらい。1万5000円はいきません。1杯目にいただいた「樽生スパークリングワイン」は600円。もちろん、ボトルで1万円を超えるものもあり、ワイン好きな人はたっぷり楽しめるお店です。僕は何杯いただいたか覚えてないほどのワインをついでいただきホントすみません。

今回の料金は4人で割ると、1人あたり7,000~8,000円で済むんじゃないでしょうか。今回はご招待ということでお代の支払いはありませんでした(ありがとうございます!)が、料金はそのくらいでしょう。スモークチキンまた食べたい。

僕たちが話していたのは、若いサラリーマンでも無理なく女の子とデートに来られる最適なお店だということ。良いお店に連れて行きたいという思いとは反面、お財布の中身と要相談ってこともあるでしょう。ここはそんな男子の強い味方になりそうです。

ただ、この4月からはメニューを改定し、料金体系も変わるんだとか。まぁ、そうですよね~(^_^;) ドド~ンと高くなるのかどうかは蓋を開けてみないとわかりませんが、また近いうちに行って見てこようと思います。ランチもやってるしね!

料理の味は間違いなく美味しくて、ワインも楽しめました。もう1度行きたいと思うお店だし、何とも居心地がいいので、たまにはこういったお店で家族と過ごしたり、仲間とイベントやるのもいいなぁ~と思いました。

→ COCONOMA SEASON DINING(ココノマ シーズン ダイニング)

さてさて、いつも仲良くしていただいているタムカイズム@tamkai(タムカイ)さんが「ラクガキノート術」を3月25日に出版されました!COCONOMAに行ったのは発売の前日だったのですが、ありがたいことにその場で1冊いただきました!これから読んで落書きしたいと思います。

ラクガキノート術

ラクガキノート術

posted with amazlet at 15.03.26
エイ出版社
売り上げランキング: 639

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で