Canon PowerShot G3 X

「Canon PowerShot G3 X」マニュアルモードで都心の夜景を撮る #g3xblog

一眼レフでもなければミラーレス一眼でもない、高倍率ズーム高級コンパクトカメラという位置づけなのですが、なにも高倍率ズームが魅力なだけじゃありません。

キヤノンさんからモニターさせていただいている高倍率ズームデジカメの「Canon PowerShot G3 X」(2015年6月25日発売)で夜景を撮ってみてわかったのが、PowerShot G3 Xはバッチリ夜景を撮れるカメラなんだなぁ~と。


F8.0・シャッタースピード4秒・ISO125

下の写真では右側のクレーンのイルミネーションをきれいに撮りたかったので、シャッタースピードは2.5秒に。


F8.0・シャッタースピード2.5秒・ISO125

こうして暗いなかでイルミネーションを撮影していると、やっぱり、大きい1.0型センサーの恩恵はすごく大きいなと感じます。

従来のGシリーズ最新機種「PowerShot G16」では搭載しているセンサーサイズが1/1.7型でしたが、PowerShot G3 Xでは1.0型という大型センサーを採用しているんです。
センサーが大きいと以下のような利点があります。

  • 開口部面積(受光面積)の拡大・・・短時間で多くの光を集められ、高感度を実現
  • 光の容量アップ・・・ダイナミックレンジが拡大し、多く光を集められるため白トビや黒つぶれを抑えられる
  • SN比が向上・・・光の量が多いので、光が少ないよりも相対的にノイズを減らせる

手持ち夜景モードは手軽に夜景が撮れていいんだけど、やや緑っぽくなっちゃうのが僕の好みには合わないので、マニュアルモードにして撮りました。この記事内に載せている写真は全部マニュアルモードで撮影しています。


F7.1・シャッタースピード0.6秒・ISO200

上の写真よりも数分前の空。ズームをちょっと効かせて。


F8.0・シャッタースピード0.5秒・ISO200

ちょっと時間が経って、日が沈んでからの空が青っぽくていいなぁ~と。


F7.1・シャッタースピード0.6秒・ISO200

掲載しているのはすべて「Canon PowerShot G3 X」を使ってJPEGで撮影し、修正も加工もトリミングも一切してない写真です。これ1台で様々な撮影シーンに対応できちゃうことにビックリしています。コンパクトデジカメとはいえないボディの大きさですが、それでも一眼レフよりは小さくて軽いですし、すっかりお気に入りになってしまいました!

余談ですが、Gシリーズの高級コンデジ「Canon Power Shot G1 X Mark II」は1.5型というとんでもないサイズのセンサーを搭載しています。

関連:600mmズームが魅力!Canon PowerShot G3 Xの凄さを体感した! #g3xblog

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で