アフィリエイト・広告ネタ

ブロガーに声をかけたいけどどんなブロガーがいるのかわからない!

14839915409_0063878795_o

企業さんや地方自治体さんの悩みはまさにタイトル通りです。今や、製品や観光地の知名度アップのためにブログを活用するのは宣伝手段の1つとして当たり前となっています。しかしながら、多くの企業や地方自治体はこの世の中にどんなブロガーがいるのか知らないのが現状です。

ぴったりなブログ、ブロガーを見つけるためには

当然な話なんですが、ブログやブロガーを知ることからやればいい。いろいろなブログを読んだり、自社製品やサービスと同ジャンルの記事を書いているブログを読みあさるんです。例えば、あなたが日本酒メーカーのPR担当者だとしたら、日本酒に関する熱い記事を日々書きまくっているブログを探して読みまくる。

ブログの探し方は簡単です。Googleで「日本酒 ブログ」で検索したり、Twitterの検索欄で調べてみるのは基本。そうすれば、どんな日本酒がおいしいかを書いたブログや日本酒イベントの参加レポートを書いているブログが見つかるはずです。そして、そのブログに書かれている記事を何記事もしっかり読むことが大切。異性と同じで、見た目じゃなく中身で判断しましょう(見た目も重要だけどw)!たとえば、当ブログだったらスマホや格安SIMの情報と、ディズニーとかカメラの記事が多いとわかるかと思います。あまりにも取り扱っているジャンルが多いのですべてを理解するのは大変だとは思いますが(^_^;)

ただ、ピッタリなブロガーを見つけても接触の仕方がマズイとウザがられます。誰でも、いきなり初対面の人から「へい!いい商品あるんだけど、宣伝してくれない?」と馴れ馴れしく声をかけられたら良い気分はしないでしょう。どんな場面でも自己紹介って大事です。どうして声をかけることになったのか、その背景を説明しながら自己紹介し、ブロガーに接しましょう。ブロガーの連絡先はプロフィール欄にあることが多いです。ちなみに、僕は今年に入ってからこんなに温かい依頼をいただきました。

関連:読者である企業さんからの温かいレビュー依頼は気持ちいい

どうしてもいいブロガーが見つからなかった場合には、ブログに特化した広告代理店に頼む方法もあります。今ではReviews(レビューズ)というサービスがあり、PRしたい企業さんとブロガーをつなぐ紹介サービスみたいなものがあります。ブログマーケティングの老舗であるAMN(アジャイルメディア・ネットワーク)が運営していて、レビューズではしっかり記事を書くブロガーを紹介してくれるはずです。

ブロガーが300人集まるイベントに協賛するチャンス

最後に、イベントに協賛するという方法もあります。2015年10月18日(日)には「ブロガーズ・フェスティバル」が開催予定で、現在、企業からの協賛を1口・10万円で募集しています。

ブロガーズ・フェスティバルとは毎年開催しているブロガーによるブロガーのためのイベントで、200~300人規模でブロガーが集まり、ブログを続けるためのスキルアップやブログあるあるネタで盛り上がったり、収益化のコツや他のブロガーとの交流など、ほぼ半日を使って盛りだくさん。

300人もブロガーが集まるのですから、ここをPRの場に使わない手はないでしょう。また、自社製品やサービスに興味のあるブロガーを見つけるチャンスでもあります。実際、昨年のブロガーズ・フェスティバルで僕は講演者として登壇し、僕がブログで生活していことについてやブログの収益化についてお話させてもらったのですが、その後はいろいろな企業さんからお話をいただき、製品のモニターや旅行企画、料理屋さんの試食会への招待など、たくさんのコラボにつながりました。

この記事では僕がたくさんの企業や地方自治体のPR担当の方から聞いた共通の悩みを基に感じたことを書いてみました。ブロガーズフェスティバルはいいブロガーを見つけるチャンスです。ぜひ、協賛してみてはいかがでしょうか?(ということで、半分はブロガーズ・フェスティバルを応援するための記事でした♪)

関連:【スポンサー募集中】10月18日(日)東京で2015ブロガーズ・フェスティバルを開催します。

ブロガーズ・フェスティバルが盛り上がっている様子は過去の開催レポートからわかると思います。

【過去のブロガーズ・フェスティバル 参加レポート記事】
僕がアフィリエイトについて語れて嬉しかったこと #ブロフェス2014
読者に愛されるブログに必要なことはブロフェスで聞けた #ブロフェス2014
ブロガーズフェスティバルに参加し、「枚方つーしん」の真似したくなる質の高さに感動した! #ブロフェス2013
YouTubeで活躍する瀬戸弘司さんの動画セミナーに参加!収益化のポイントをまとめてみた
SEOセミナーに参加し、キーワードの選定と「ちんすこう」の重要性に気付いたって話

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で