解説

[Twitterルール変更] フォローしていない人へのツイートが見える

140文字という少ない文字数で自分の言いたいことを投稿し、その中でさまざまな文化を生み出してきたTwitter(ツイッター)。ネタ的なツイートや面白いURLが回ってくると、つい時間を消費しちゃうんですよね~。

そんなTwitterがついに大幅なルール変更を実施します。

2016年5月24日にTwitter公式ブログが発表した内容を見ていきますと、返信ツイート時の「@ユーザー名」や、「写真や動画」のURL、GIFや投票などの添付物は文字数としてカウントされないようになります。

例えば、

ブログを見てねhttps://www.asuka-xp.com/

↑のようなURLを含むツイートしても、本文の7文字のみをカウントします。
これにより、ツイート本文をビッシリ140字投稿できるようになるわけです!

人宛のツイート表示が大きく変わる

今回のルール変更では、意外と面倒くさい内容も含まれています。それは、フォローしている友達が他人に宛ててツイートをする際に、そのツイートが見えるようになります。これまでも、フォローしていれば見えてはいたのですが、問題となるのは、フォローしていない人へのツイートも表示されるようになる点です。

どういうことが具体例を挙げてみます。

AさんはBさんをフォローしていて、Cさんをフォローしていなかった場合で説明しますね。

th_写真 2016-05-25 10 51 12

AさんはBさんをフォローしているので、AさんのタイムラインにはBさんのツイートが表示されます。
従来のルールでは、BさんがCさんへ宛てたツイート(@ユーザー名 ~)はAさんには見えませんでした(CをフォローしていないAのタイムライン上には流れてこない)。

th_写真 2016-05-25 10 52 32

新ルールで変更となったのはこのツイートの表示についてです。
新しいルールではBさんからCさんへ宛てたツイートがAのタイムラインに表示されるようになります。

th_写真 2016-05-25 10 52 322

つまり、自分の親友や恋人が面識のない他人に話しかけている様子がタイムラインに出てくるということ。今まで見えなくてもよかったツイートが見えるようになるのはちょっと嫌だなぁ~。

この変更は数ヶ月間の間に徐々に適用されるそうで、いつの間にかタイムラインに知らない人へのツイートが見える日が来るんだと思われます。うむむ。。。新たに面白そうな人を発見できるというメリットはありそうですが、僕としてはこの変更はあまり歓迎できないかなぁ~。みなさんはどう思います?

※当初、返信ツイートが見えるとの表記をしていましたが、会話としての返信ではなく、新規ツイート時に「@(ユーザー名)~」を付けたツイートが表示されるようになります。失礼しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で