企画イベント

すげぇ~w 肉・美女・ダンス!お台場でラテン系祭り「シンコデマヨ 2016」を楽しんできた【PR】

本日2016年5月3日からお台場でスタートしたラテン系のお祭り「Cinco de Mayo(シンコ・デ・マヨ・フェスティバル)」に行き、PRESSとして取材してきました!

中南米のおいしい料理やお酒、ダンスパフォーマンスや演奏をたっぷり楽しめるイベントで、日本では東京と大阪で開催。東京での開催は今年で4回めです。

関連:Cinco de Mayo 2016 公式サイト

どうですかこれ!会場はこんなに大盛り上がりなんですよ!

GWの後半、5月3日~5日まで開催のこのイベント。中南米のグルメやビール、モヒートとかがたっぷり味わえて、さらにはテンションの高いラテン系ダンスを見て参加して楽しめるお祭り的なイベントで、はっきり言って超楽しかったです!

 

会場はお台場・青海駅のすぐ前!

シンコ・デ・マヨの会場はゆりかもめの青海駅か、りんかい線の東京テレポート駅が最寄り駅です。青海駅だと本当に駅の目の前!ゆりかもめの改札を出たら左手がビーナスフォートですが、特設会場(お台場 青海J区画会場)は改札を出て右手(南出口)の屋外。こんなテントがたくさんあるのですぐにわかると思います!

まず入口で入場料を支払います。当日券は1,500円で、前売券は1,000円。また、江東区在住の人は500円で入場可能です(身分証明書の提示が必要)。

こんなリストバンドを付けていざ入場です!

 

肉と美女とダンスのシンコ・デ・マヨ・フェスティバル!

本場ブラジルBBQでは肉肉肉肉肉!!!!

いきなり僕が帰り間際に食べたお肉から紹介しちゃいますが、まるごとシェラスコ串が激うまかった!!


(まるごとシェラスコ串 1,000円)

こちらの屋台です。

え?やっぱりどこかの肉イベントと同じような催しだろうって?いやいや、そうじゃないって!見てくださいよ!

ステージでは踊り!!

屋台には美女!

ジューシーな肉を食べ、

小さいステージでも踊り、

再び美女!

だいたいはステージで何かしらの踊りがやっているので見てて楽しい!

肉を喰らい、

美女!

こちらなんかペルーのマリネラという踊りで、大人も子どもも踊って盛り上がり!

どうなってんだこのお祭りは!!!

 

実際に食べた屋台や出展ブースを紹介します

きちんと屋台の紹介をしておきますと、Monster Burritos(モンスター・ブリトーズ)ではシーフード・パエリア(600円)、ジャークチキン(600円)がパッと目に入ったんですよ。

デカい鍋でパエリアを作っている途中だったんですが、ここは肉の料理がめっちゃ多くて目移りしちゃう!!


スペアリブとジャークチキン

出来上がりまで待ってから再び屋台を訪れると、できてた!!即購入♪

それほど席数はないけどテントがあるので日差しを避けながらここで実食。

うぉ、シーフード・パエリア、めっちゃうまい!大きいエビにムール貝!お米もちょうどいい柔らかさでおいしい。しかも、お肉まで入ってるじゃん!!豪華すぎですよ~。

ベリー・モヒート(600円)と一緒に。とってもスッキリしてる!

これはメキシカンシーフード&グリルで購入したビーフステーキ(1,000円)。僕みたいにパクチーが苦手な人はちょっとよけて食べてね(笑)

やや辛めのサルサソースを付けて。この赤身がめちゃくちゃうまいのよ!
まぁ、この肉は絶対に購入不可避だったわけで。

だって、こんな焼いてる現場を見ちゃったら、肉好きとしては食べないわけにはいかないじゃないですか!!

屋台のおじさんにカメラを向けていると「それ、キヤノン?」っと僕のカメラについて質問してきたりして、すっごくフレンドリー(笑)

そうそう、このシンコ・デ・マヨに来てみて思ったんですけど、他のお客さんも子どもも気軽に話しかけてきて、なんかとても温かいイベントなんですよね。みんな日本語を話せるせいか、ちゃんとコミュニケーションできて楽しい!!

続いてはビーフタコス(600円)。

あら、おいしい!肉とチーズ、そしてサルサソースの酸味がちょうど良くてバッチリ!

タコスはこちらのTaco Libre(タコリブレ)で買いました。

店員さんが陽気で、背中のロゴをアピールしてた(笑)

炭火で焼いているところだったこのチキンは見るからに絶対うまいやつや!と確定。

また、AVOTON(アボトン)で販売していたのがアボカドを食べさせて育てたという豚のステーキ(1,000円)。食べてみると、まるで牛肉のような食感。これはマジですごいよ!塩コショウのシンプルな味付けだけど、肉の旨味をダイレクトに味わえて、これは超うまかったなぁ~!

チョリソー(600円)はけっこう辛めだけど、確実にビールに合う!

シエラネバダのペールエール(600円)がチョリソーにピッタリ♪

マンゴー・マルガリータ(600円)はシャーベットになっていて、ヒートアップした僕らを気持ち良く癒やしてくれました!

コロンビア大使館のブースではコーヒー豆の本場、コロンビア産の豆を使用したコーヒーをその場で飲める!しかも、お値段たったの100円とかありえん!!!!これがすっきりした苦味が良くてガチでうまい!

ボリビアといえばウユニ塩湖を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。ボリビアのブースではウユニ塩湖の天然塩が結晶のまま販売されていました!通常、結晶の状態ではなかなか手に入らないそうですよ。

ボリビアのお守り・エケコ人形はなんだか可愛かった♪

屋台にはなぜか札幌のゆるキャラ・とまぴんがいた(笑)

再びステージに移動すると、春のコンクールでセニョール部門のチャンピオンに輝いたお二人がダンスを披露。美しすぎました!拍手喝采!!

 

みんなでレッツ、ダンシング♪

フードやダンスだけでなく、雑貨の販売や伝統工芸品の販売もあって、いろいろ見て楽しめた!

フェイスペイントもできて、部分的なやつは500円でできちゃいます!フルだと1,000円。

奥さんが500円のフェイスペイントにノリでチャレンジ!

5分くらいでこんなにかわいいフェイスペイントをやってもらえました~!

シンコ・デ・マヨの公式Facebookさんが動画を投稿していたので追記しておきますね♪

ということで、5月3日より開催がスタートしたシンコ・デ・マヨ。会場の楽しい様子が伝わったでしょうか?伝わってなかったらごめんなさいね、ぜひご自身で行ってこの楽しさを確かめてください!!!5月5日(木)まで開催していますので、ぜひ行ってみてね~!ウェットティッシュ、レジャーシートを持って行くと便利!

【シンコ・デ・マヨ・フェスティバル2016 開催概要】
開催日: 5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)3日間
開催時間:10時~20時
料金:前売り1000円、当日1500円
チケット販売:PassMarket(パスマーケット)EventRegist(イベントレジスト)
会場:お台場 青海J区画会場
住所:〒135-0064  東京都江東区青海2
アクセス:ゆりかもめ線青海駅 徒歩1分、りんかい線東京テレポート駅 徒歩3分
公式サイト:http://www.cincodemayo.jp/

関連:[お台場] GWイベント「Cinco de Mayo 2016」、BBQにビールにラテンダンスで熱い!【PR】

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で