レビュー

2時間でボロボロの乾燥状態に!家庭用の生ゴミ処理機「NAGUALEP」、衛生的でキッチンに置ける

家の中でも快適に生ゴミを処理できる生ゴミ処理機を使ってみたら、臭いもなく思いのほか凄かったのでご紹介。

戸建てだとコンポスト容器で生ゴミを肥料にしたり、マンションだとディスポーザーで処理したり、生ゴミのリサイクルや捨て方はさまざまですよね。

でも、今回使ってみた最新の生ゴミ処理機「NAGUALEP(ナグアレップ)」は家の中でもたった2時間程度で生ゴミを乾燥させて粉々な状態に処理できる!しかも省エネ!

家庭用の生ゴミ処理機を探していた人にはぜひオススメなので、ぜひチェックしてみてください!

(生ゴミ処理機「NAGUALEP」)

生ゴミ処理機 NAGUALEP の特徴

  1. ボタン1発の超かんたん操作
  2. 生ゴミがたった2時間で粉々に、静かで臭いもなし
  3. 使うのは電気だけ、しかも省エネ
  4. 衛生的なので屋内に置ける!設置工事は不要
  5. 土と混ぜれば、天然の有機肥料のできあがり

NAGUALEPはクラウドファンディングのMAKUAKEにて販売中。早期割引だと28%オフの71,990円(税込)で購入できる!

今回、メーカーさんからレビュー依頼があり、NAGUALEPをご提供いただきました。

1ヵ月ほど使ってみてわかったのは、他社製品と比べてもずいぶんコスパに優れているし、生ゴミ処理機の性能もバッチリ。我が家ではすっかりなくてはならない家電になっています!

それでは特徴をひとつずつご紹介していきますね。

ボタン1発の超かんたん操作

まずNAGUALEPを使ってみて感じたのは、操作が極限までシンプルでわかりやすいこと。

なんと、ボタンはたった1つ。

このボタンを1回押すだけで自動的に処理が始まり、終わるときには自動的に停止。

生ゴミの量に応じて、処理時間を自動的に調整してくれる。少ないときは2時間くらいで、多くても5時間くらい。

僕はけっこう多めに生ゴミを入れたつもりだったのに、それでも2時間ちょっとで処理し終わりました。

放ったらかしで生ゴミがボロボロの乾燥状態になるのだから、ものすごく楽チンです!

生ゴミがたった2時間で粉々に 静かで臭いもなし

(上のフタを開けると、回転棒と釜がある)

処理できるのは、生ゴミのほとんどがOK。

ご飯、肉、麺類、野菜、果物の皮、エビの殻、焼き魚の骨なども処理できちゃう!

牛・豚の骨や貝殻など硬いものは避けたほうがいいかな。

(ドカッと生ゴミを入れる)

レタス、玉ねぎ、バナナの皮、ニンジンの皮、ジャガイモの皮、柿のヘタ、キャベツのクズ、ネギ、ぶどうの皮とか、野菜や果物なら気にせず何でも処理できました!

奥さんがベランダ菜園をやっている影響もあって、我が家では生ゴミを肥料にリサイクルしたいな〜という思いが強くありましたが、NAGUALEPを使ってみたら生ゴミが大幅に小さくなってゴミ捨てが快適になったのは嬉しいポイント。

かさばるキャベツの切れ端やバナナの皮などが、こんなにサラサラに!!元の量と比べると1割か2割ほどに減りました。

(約2時間で処理完了!)

しかも、処理にかかる時間はたったの2時間程度!

その秘密は、高温乾燥 + 研磨 + 強力脱臭 でスピード処理しつつ、脱臭炭でしっかり臭いを抑えているからなんだとか。

(底面には取替可能な脱臭炭が!)

本体の底面には取替可能な脱臭炭が組み込まれています。

NAGUALEPは処理中の音がわりと静かなのもビックリしました。他社製品は動作音がうるさいといった消費者からのコメントがありましたが、NAGUALEPは何か動いてるな〜程度の音がするだけで、処理中も気になりません。

小バエも発生しないし、臭いもゼロ。おまけに静か。

裏話をすると、勢いでレビューの依頼を受けたのですが、期待以上の良さに驚愕しています。今後もめちゃくちゃ活躍しそうだなぁ!

使うのは電気だけ、しかも省エネ

そして、驚いたのはその消費電力の低さです。

他のメーカーの生ゴミ処理機と比べて省エネだし、本体価格もちょっと安め。

NAGUALEPの消費電力は平均でたったの150W。毎日1回使っても電気代は1ヵ月あたり350円程度にしかなりません!

あえて比較しちゃうけど、たとえばパナソニックの家庭用生ゴミ処理機「MS-N53XD」は消費電力が800Wとめちゃくちゃ多いし、価格は9万5000円くらいと高め。

NAGUALEPなら早期割引で28%オフの71,990円(税込)で購入できますから、省エネで安く生ゴミ処理機をお求めなら本当にNAGUALEPがオススメです。

衛生的なので屋内に置ける!設置工事は不要

そもそも、生ゴミを肥料へリサイクルする方法としては、屋外に設置する生ゴミ処理タンクのコンポストがありますが、コンポストだと数週間から2ヵ月ほどかかるし、臭いし、ハエとかGとか衛生状態も気になるはず。

でも、このNAGUALEPは屋内に置けるし、電源コンセントだけあれば使える!設置工事だって不要です。

それでたった2時間で処理できますし、生ゴミをいつまでも置いておかないとならないあの嫌な日数をゼロにできます!

なんと水洗いもOKなんです。

(中の釜は水洗いできる!)

取っ手が付いている釜を外して、さっと水洗いできちゃう。まぁ、毎日は洗う必要ないので、我が家では5回に1回くらいのペースで洗うことにしています。衛生的で、使い勝手もバツグンです。

土と混ぜれば、天然の有機肥料のできあがり

土と混ぜれば肥料にもなるし、家庭菜園やベランダ園芸をやっている人にはよりオススメ。

ちなみに、肥料は一般ゴミとして捨てられない自治体が多いかと思います。でも、NAGUALEPで処理済みの生ゴミはまだ肥料になる前の状態なので、このまま可燃ゴミとして捨てることも可能です。

(処理後の生ゴミはすっかりその形はなく、簡単に粉々にできる)

処理後、すぐに捨てたいならこのまま可燃ゴミとして捨てればいいし、肥料にしたければ土と混ぜれば良し!

この機器を試すまでは生ゴミなんて袋に入れてポイっでいいじゃんと思っていたのですが、わずか2時間くらいで生ゴミがグググッと減って捨てやすくなるし、肥料にも活用できるので非常に気持ちがいい!

NAGUALEPは生ゴミ処理機の完成形

処理する前と処理する後の写真を撮って、変化の面白さを見比べるのが楽しいですw ついつい毎回やっちゃうもん。

ということで、レビューしてみた生ゴミ処理機のNAGUALEP。

提供品でも忖度せずに普段から文句を言っている僕ですが、NAGUALEPは想像をはるかに超える素晴らしい製品です!複雑な機能はないし、操作は簡単だし、使っていて不満のない生ゴミ処理機だと思いました。

NAGUALEPはクラウドファンディングのMAKUAKEにて支援すると早期の割引価格で購入が可能。ぜひぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で