カフェ・スイーツ

過疎にも負けない大台町のケーキ屋「hinata」、町の外から1時間かけて訪れる客もいる人気パティスリー #大台町PR

三重県の奈良県寄りに位置する大台町。僕がここを訪れるようになってから早いもので今年で5年めになりました。実はこの短い期間に何軒もの新しいお店が誕生していて、とても過疎地域とは思えない出店ペースに正直驚いています。

そんななか、三重県多気郡大台町の栃原地区で2019年4月にオープンしたのがケーキ屋の「hinata」。

あとで知ったんですけど、僕の誕生日と同じ4月10日にオープンされたようで、運命を感じずにはいられません(笑)

hinata(ひなた)

■営業時間:10:00〜17:00
■定休日:日曜日・月曜日
■住所:三重県多気郡大台町栃原1687-12(MAP
■Instagram:@patisserie.hinata

お店を一人で切り盛りするのは新婚の出馬衣世(いずま いよ)さん。

高校生レストランで有名な相可高校の出身で、大手フレンチレストランのスイーツも手掛けていた経歴を持つなど、豊富な経験と腕のあるパティシエです。

もともと大台町出身のご主人と大台町へ移住。自分のお店を持ちたいという夢があった出馬さんは住居と一緒にお店を新築し、hinataをオープンさせました。

どうしてこの場所にオープンしたのか理由を聞いてみると、新しくできたばかりの保育園に近く、将来的に子供ができたときにここなら子育てしながらお店がやりやすそうだった、というのが一番の理由らしい!

なにげにこの周辺は大台町のなかでも若いファミリーが比較的多いエリアらしくて、保育園に通う親御さんもけっこういるんだそうです。

我が子をお迎えに行くママさんがついフラッと立ち寄れる場所にあるhinata。なるほど!

栃原地区にはなかなかスイーツ店がなかったのもhinataが支持される要因のひとつ。きっと、同店のオープンは近隣住民から大歓迎だったに違いありません。

地元の素材も使ったhinataのスイーツメニュー

大台町のお茶や果物を使ったスイーツも提供していて、地元らしさが味わえます。

hinataのメニューは10種類ほど。旬の果物を仕入れては新メニューを開発しているんだとか。

ひとりでやっているお店なので、作れるケーキの種類や数は身の丈にあった範囲内になってしまうとのこと。そのかわり、リピーターの客を飽きさせないためにも頻繁にメニューを入れ替えています。

こちらは「有田みかんとショコラのタルト」(280円)。

大台町で採れた苺を使った「苺のミルフィーユ」(400円)なんかもあります。

僕がいただいたスイーツは「ショコラムース」(320円)と「ほうじ茶プリン」(180円)。

ショコラムースはラズベリーが効いた甘酸っぱいムースがポイント。かなり甘さ控えめで軽く、ランチを食べた直後でもペロリと食べられちゃうほど!

ほうじ茶プリンは大台町のお茶を使用しています。プリンとは思えない芳醇な香りのするプリンで、プリン好きな僕も大絶賛!めっちゃ美味しいです。

お茶は大台町の名産品ですから、ぜひ多くの方に試してもらいたいですね!

来店時のメニュー一覧

  • 苺のミルフィーユ 400円
  • フルーツショートケーキ 400円
  • ショコラムース 320円
  • 有田みかんとショコラのタルト 280円
  • ほうじ茶プリン 180円
  • プリン 150円
  • シュークリーム 150円
  • ベイクドチーズケーキ 200円
  • ガトーショコラ 200円

日持ちのする焼き菓子も!気軽に買えます。

Instagramがきっかけに遠方からの客も増加

本当はイートインもやりたい、という出馬さん。キッチンから商品を提供できるようカウンタースペースがあるのはそのためです。

ただ、先ほどの理由と同じで、今はテイクアウトが精一杯。

たとえテイクアウトしかできないとあっても、訪れるお客さんは大勢います。

その理由のひとつがInstagram。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hinata(@patisserie.hinata)がシェアした投稿

大きなパティスリーで経験を積んだ出馬さんの作るケーキはどれも見た目が可愛らしいし、カウンターに設置したお手製のフォトブースで撮った写真はInstagramで人気に。

「ケーキの仕上げとともにインスタにアップするように心がけている」んだとか。

その写真を見てどこからともなく駆けつけたお客さんは「こんなところにあるスイーツ店に行ってきたよ!」と、またSNSで発信。写真が人を呼び、またその人の写真が客を呼んでいるんです。

そのおかげで、hinataはまったく宣伝活動をしていないのにも関わらず、閉店時間を待たずして商品が完売するほどの人気店になったのです。

「オープン当初はお年寄りや近所のお子さん連れがお客様がメインかなと思っていたら、意外と遠くから来てくれる方も多くありがたいです」と、出馬さんは想定外の評判に喜んでいる様子でした。

素敵なパティスリーが大台町にできた!

ということで、2019年4月にオープンしたhinataを訪れた感想を書いてみました。

全体的にメニューの価格が安いのは消費者的には嬉しい限り。スイーツ店がぜんぜんなかったという大台町の栃原地区で、hinataは住民にとって待望の新店です。地元の人は早くも馴染みのケーキ屋さんができ、大喜びしていることでしょう。

出馬さんは今日も深夜2時から仕込みを始め、地元や遠方からやってくるお客様のためにニコニコしながらおいしいケーキを作っています。

※大台町のまちおこしPRのお手伝いさせてもらっています。かれこれ5年になるこれまでの大台町レポートは以下のまとめからどうぞ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で