便利なサービス

PayPalでお金を入金してもらうには?無料のプレミアアカウントにしておこう!

僕はWebサービスの費用やイベントの参加費を支払う際に、決済サービス「PayPal(ペイパル)」を利用しています。一度登録したクレジットカードで素早く支払いができるので、楽チンなんですよね!

一方、PayPalは他人からお金を入金・送金してもらう際にも非常に便利です。

しかし、初期設定のままでは入金してもらうことができないので、無料のプレミアアカウントへアップグレードする必要があります。先日、僕は他人から入金してもらう機会があったので、PayPalのプレミアアカウントに変更しました。

正直、アカウントの変更にはちょっとわかりづらい部分もあったり、日数が多少かかったり、本人確認書類のアップロードが必要なので、記事にまとめておこうと思います。

th_2017-04-19_1848

 

「PayPal」をプレミアアカウント(無料)にしよう!

まず、PayPalにログインしたら、画面にある「アカウントのアップグレード」→「プレミア」→「アップグレードする」の順に移動してください。こちらからページにアクセスできます。

 

th_2017-04-19_1846

続いて、以下の手順で名前を入力したり、本人確認書類をアップロードしていきます。

  1. アカウント管理者情報(氏名や住所など)の入力
  2. 運転免許証など本人確認書類の写真をアップロード(2MB以内)
  3. 運転免許証だともう一度同じ画面が出るので裏面をアップロード(なければ表面でOK)
  4. 使用目的を選ぶ

 

th_2017-04-19_1851

後日、書類審査後に、転送不要書留郵便にて暗証番号が記載されたハガキが届きます。この暗証番号を入力すると、本人確認手続きが終了し、入金できるようになります。これで準備OK!

th_IMG_9741

 

実際にPayPalでお金を入金してもらった!

PayPalでお金をやり取りするには銀行口座などを相手に教えたり、教えてもらう必要はなく、「PayPalアカウント」がわかればお金を入金・送金することができます。

自分のPayPalアカウントはPayPalに登録したメールアドレスですので、メールアドレスを相手に教えるだけで入金してもらうことが可能ということです!

実際に、他人から入金してもらった例がこちら。入金があるとメールが来るのでわかりやすい。

th_2017-05-08_1429

入金時には手数料が差し引かれますが、4,999円の入金があったときの手数料はたったの235円。差し引き、4,764円を受け取りました。
入金元の氏名やあちらのPayPalアカウントもわかるので、安心。万が一のときには返金もできます。

PayPalの残高を自分の銀行口座へ出金する方法

受け取ったお金はPayPal残高に一旦貯められますが、現金として引き出したいときにはPayPaの「ウォレット」内の「出金」から。

th_2017-05-08_1433

PayPal残高から引き出したい金額を指定し、予め登録しておいた自分の銀行口座へと出金手続きを実行します。このときに250円ほどの手数料が必要。

これでPayPal残高にあるお金が自分の銀行口座に振り込まれるわけです。実際に振り込まれるのは日数にして3~6営業日がかかります。

th_2017-05-08_1436

先方から入金のあった4,999円は入金時と銀行口座への振込時の2度の手数料がかかり、最終的に4,514円になりました。少額だからか、手数料が合計485円もかかっています。よくよく考えてみると10%くらいですね。けっこうかかってしまった印象です。なにか商売をするときには10%程度の手数料を考慮して値付けした方が良さそうだ。

取引履歴を見てみると、入金があったことや銀行への出金手続きなどの一覧が出るので確認しやすいです。

th_2017-05-08_1437

今までPayPalはネットで買い物をしたり、有料イベントに申し込んだり、料金を支払うときだけ利用していました。でも、今回のように相手からお金を入金してもらう場合にも楽でいいな~と感じましたね。自分の銀行口座を教えなくてもいいし、相手には自分のPayPalアカウントだけを教えればいいという安心感がありました。

おそらく、自分で開催するセミナーや個人サロンなんかで支払いをどうしようと悩んでいる人にはPayPalの入金を利用するといいのではないでしょうか。繰り返しますが、相手から入金してもらうためには無料のプレミアムサービスへとアップグレードする必要がありますので、日数に余裕をもって登録しましょうね!

 

クレジットカードから支払える「Square」も

おまけですが、まるでお店のレジのように個人事業主が利用できるクレジットカード決済サービスもあります。なんと、スマホにカードリーダーを挿して利用できる!!

クレジットカード決済サービスの「Square(スクエア)」というものなんですが、リアルな現場でのカード決済にちょうどいいので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。手数料が3.25%という安さは非常に魅力的に感じます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で