ディズニー

[TDS] 絶対に撮りたかったミニーのトロスプ、一瞬をとらえた全方位スプラッシュの写真

東京ディズニーシーで始まった「ミニーのトロピカルスプラッシュ(トロスプ)」!2016年も夏本番ですね~!マジで濡れるトロスプですが、ビショビショになりながら踊るのが一番楽しいんですよね。カメラを向けていても、体はついつい動いてしまいます(笑)

さて、今回は約20分にわたるトロスプのなかで、何度か見ることができる“ミニーちゃんの全方位スプラッシュ”に特化した写真と撮影の設定をお届けしたいと思います。コツはよく耳をすませてBGMとダンスの振りにあわせてシャッターを切ることです。(あぁ、衣装がかわいすぎる!)

なお、全体的なトロスプの様子を見たい人はこちらのレポートをどうぞ♪

180°の方向に向かって凄まじい勢いで水しぶきが飛び散るのはほんの一瞬。7月17日に東京ディズニーシーに行った際にはこのわずかな瞬間だけを狙って、ピアッツア・トポリーノ(通称:ミッキー広場)の左側で待機。愛機であるミラーレス一眼カメラCanon EOS M3におなじみのレンズEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMで臨みました。

ミニーのトロピカルスプラッシュ “全方位スプラッシュ” 写真

正面の画を撮りたい場合はやっぱりミッキー広場から撮るのが一番。でも、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ(ザンビ)を正面にした全方位スプラッシュもありますので、ザンビ側でも楽しめます!

っていうか、ミニーちゃんのいる場所がけっこう遠いんですよね。レンズはフルサイズで300mm以上がいいでしょう(ちなみにEOS M3にEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMで最大320mm相当。写真はトリミングあり)。

トロスプのBGMを聞きながら全方位スプラッシュの瞬間をとらえます。連写モード必須。

水しぶきが 小→大 に拡がる瞬間です。

 

 

そして、こちらはミッキー広場に近づいてからのバナナッ!!!!これ!これが撮りたかったのですよ!!嬉しい!!

もはやラスボスの演出!

はぁはぁ。つい、テンションが上がってしまいました。

設定は1/640秒。ISOは400。この日は曇っていたので少々控えめにしましたが、晴れてる日はだいたいシャッタースピードを1/2000秒とか1/3200秒くらいの高速シャッターで撮ってます。晴れていたトロスプのスニーク・プレビューのときはほとんど1/3200秒にしていたので、水しぶきも止まって撮れました。今回ももっとISOを上げて1/2000秒くらいで撮ればよかったなぁ~(^_^;)

ということで、僕がミニーのトロピカルスプラッシュのなかで一番撮りたかった全方位スプラッシュの写真をお送りしましたっ!!今年は8月31日までトロスプに行きまくりだ~♪

【使用カメラ・レンズ】
Canon EOS M3
EF-M22mm F2 STM
EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

 

情報

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で