iPhone・iPad

iPhoneで生中継!「Knocking Live Video」登場!

Live_title

iPhoneのカメラを使って生中継できるアプリ「Knocking Live Video」がついに登場しました。

この「Knocking Live Video」はWi-Fi(無線LAN)環境下だけでなく、3G回線でも生中継できます。
Ustreamやstickamのように複数人の視聴者に対して生放送するのとは異なり、iPhoneもしくはiPod touchユーザー1人に対してこちら側のカメラから映像を生中継します。

サーバーを介さずP2Pで映像を送るという、iPhoneアプリとしてはたいへん珍しい生中継アプリですね。
主にstickamで生放送することが多い僕としては、早速試してみました。

まずはユーザー名とフルネーム、メールアドレスを入力。全てアルファベットです。ユーザー名に「_」は使えません。

live1

登録が完了したら、ログイン。
ちなみに、僕のIDは「asukaxp」ですw

これでもう、いつでも生中継が開始できます。
あとは、映像を公開したい相手を探すだけ。ユーザーの検索ができるので、すでに「Knocking Live Video」を利用してる友達がいたら検索で探しましょう。
ユーザーは「友達」「家族」のように分けてお気に入り登録しておけます。

生中継の映像を見せたいユーザーを選んだら“Share Video with ○○○”を押してください。
相手にはPUSH通知で、こちらから映像を送りたいので許可してくれ、とのメッセージが届きます。
許可されたら、こちらからの映像配信が開始。

live2
友人のdoyyleです。相手から映像がこちらに配信されると右のようにPUSH通知が来ます

映像が途切れたり、アプリが落ちることが多いのが残念ですけど、3G回線にしては画質はとてもクリアです!

live3

この「Knocking Live Video」は、マイコミジャーナルのニュース記事によると、
“アプリ開発者らの間で知る人ぞ知る内部のプライベートAPIを利用することで、カメラで取り込まれた映像をそのままキャプチャしてネットワーク上に流すことに成功し、ライブストリーミングを実現している。”
のだそうです。

このアプリは1対1の生中継ですが、このようなアプリの登場によって、UstreamやStickamのような複数人への生放送が可能なアプリの登場も近いのかもしれません。(Ustreamはすでにテストアプリを作成済み)

■【iPhone 3Gまとめ】もどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で