一般ニュース

【動画】3Dプリンタで作られた銃「Liberator」の衝撃

3Dプリンタで作られた銃「Liberator」

こんにちは!@asuka_xpです。

2013年5月7日の朝、ABCニュースをテレビで見ていたら「3Dプリンタで作られた銃」が紹介されていて、ビックリしました!


なんじゃそりゃ~!!
と、居ても立ってもいられなくなって調べてみたら、その銃の名前は「Liberator」ということが判明。

米テキサス州の非営利団体ディフェンス・ディストリビューテッドが開発したとのことで、YouTubeにその「Liberator」の動画がありました。

この「Liberator」について簡単にまとめると、

  • プラスチック製で、引き金部分だけが金属でできている
  • 600発以上の連射が可能
  • 個人が個人使用目的で銃を作るのは合法
  • 3Dデータをダウンロードすれば誰でも製造可能

3Dデータはすでに全世界で100万件近くダウンロードされているようで、これはヤバいですね~。

→  Video: 3D Printed gun causes concern among lawmakers(ABCニュース)

もともとインターネットが軍事利用で作られその後発展していった経過を見ると、長いスパンで考えたらこれは3Dプリンタ普及のカギとなるのかもしれませんが、やっぱり銃が作れるとなるとビビってしまいます。。。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で