ガジェット

Boseの新製品!ノイズキャンセルイヤホン「Bose QuietComfort 20i(QC20i)」はAwareモードがポイント!

20130612150034

こんにちは!@asuka_xpです。

2013年6月12日にBose社内で開催された新製品体験会に参加してきました!
数多くの新製品が並べられて、それぞれゆっくり触って試すことができました!

その中から、僕が一番良いな~!と思ったのが「Bose QuietComfort 20i」。
今回はこの「Bose QuietComfort 20i」を試してみた感想を中心にお届けしたいと思います。

見た目と実際に使ってみた感想

まずは外観。

20130612143043

ケーブルの途中には、シャツの胸ポケットなどに挟めるクリップがあります。

20130612143021

そして、イヤホン部分。

20130612142856

「Bose QuietComfort 20i」はノイズキャンセリング機能が特徴。
イヤホンの外から入ってくる音をまったく消すことができるんです。

イヤホンは外側と耳に近い内側部分の2ヵ所にあるマイクで音を広い、電子回路で騒音とは逆の音波を素早く発することでノイズを消去するようになっています。

20130612140559

電源ボタンやノイズキャンセルのオン・オフを切り替えるボタンが付いているコントロールユニット。充電用のMicroUSB端子も付いています。

20130612142955

ノイズキャンセル機能がオンのときはLEDは以下のような状態になります。

20130612143002

実際に自分のiPhoneで曲を再生し、聞いてみました!
このノイズキャンセリング機能が凄まじい!

ONにした状態で耳にイヤホンを挿れると、周囲でガンガンに鳴っている騒音がまったく聞こえなくなり、iPhoneで再生している曲だけがクリアに聞こえる!
これは感動モノですよ~!!

20130612143221

音質は文句なし。僕自身はヘッドホンよりもイヤホン派なので、今まで自分が使っている1万円台のイヤホンと比べても重低音の違いがハッキリわかりました。
ちなみに、イヤホンは耳に当たる部分が柔らかくて耳に優しく、ずれにくいようになっています。

ノイズキャンセリング機能だけでなく、イヤホンには「StayHear Tips」を搭載していて、こいつで物理的に外からの騒音を遮断しています。

20130612140730

面白いのが「Aware Mode」

ノイズキャンセリングを行うと周囲の音がまったく聞こえなくなるので、例えば電車内のアナウンスも聞こえません。ノイズキャンセルは便利なようで、いざというときに緊急のアナウンスを聞けないのがデメリットでした。

しかし、「Bose QuiteComfort 20i/20」では搭載されている「Aware Mode」をオンにすることで、イヤホンを耳から外すことなく周囲の声を聞き取りやすくできるんです!

リモコンには音量の調節と電話着信時の受話ボタンのほか、サイドにあるのが「ノイズキャンセリング」と「Aware Mode」を切り替えるボタン。

20130612142924

「Aware Mode」にするとイヤホンを付けていないかのような自然な感じで周囲の音が耳に入ってくる!!これって、イヤホンのマイクで拾ってる音が聞こえてきてるのかなぁ?

20130612143848

@asuka_xpの感想

使ってみて、その凄まじさにビックリしました。
ノイズキャンセルの性能だけでなく、これまでBoseが培ってきた音に対するノウハウがいっぱい詰まっている製品なんだな~というのを実感することができましたよ!
内蔵のバッテリーは最大16時間の駆動が可能なので、十分!!

なお、製品は「Bose QuietComfort 20i」「Bose QuietComfort 20」の2種類あり、マイク付リモコンを装備しiPhoneやiPadなどApple製品の通話やコントロールが可能な方が「20i」となっています。

発売日は2013年8月26日(月)!価格は31,500円です。
発表後、かなりの反響があるようで、欲しい方は予約してドヤ顔しておくと良いかも!予約は7月26日(金)から開始となっています!

 → Bose QuietComfort 20i/20

また、すでに6月7日に発売を開始した「AE2w Bluetooth ヘッドホン」も良かったですよ!!

ボーズ AE2w Bluetooth ヘッドホン

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で