ガジェット

ソニー、スマホに装着できるレンズカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」を国内で10月25日発売!

th_2013-09-12_1333

ソニーがレンズをスマートフォンに取り付けて使うと話題になったレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」と「DSC-QX10(ホワイト)」「DSC-QX10(ブラック)」を2013年10月25日に発売することを発表しました!
価格はオープン価格ですが、量販店などではそれぞれ54,980円、24,980円となっています。


「DSC-QX100」「DSC-QX10」はスマホにガチャっと装着して、Wi-Fiで接続したスマホのディスプレイで被写体を見ながら撮影することができます。なお、スマホに装着しなくても使用可能。

th_2013-09-12_1334

レンズユニットにはシャッターやズーム、メモリースティック マイクロやmicroSDメモリーカードが挿入できるようになっています。

「DSC-QX100」「DSC-QX10」の特徴

特徴を簡単に説明すると、
「DSC-QX100」は1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーと、F1.8の大口径カールツァイスレンズを搭載しているのが大きなポイントです。ズームは光学3.6倍。
めっちゃ明るくてノイズの少ない鮮明な写真が撮れそう!

「DSC-QX10」は1/2.3型の裏面照射型CMOSイメージセンサーと、F値は3.3-5.9。そして、光学10倍ズーム(25-250mm)がウリです。また、「DSC-QX100」が179gに対して、「DSC-QX10」は105gと軽量です。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で