Google

日本で5月28日発売の「Chromecast」、海外版を開封の儀!iPhone・Androidでも使える

Googleが「Chromecast」を2014年5月28日に日本国内で販売するそうです。価格は4,200円。dビデオやauビデオパスにも対応しているとのこと!詳細はengadet 日本版さんをどうぞ。

Chromecastって何するものなの?と疑問に思う人のために超シンプルに説明すると、スマートフォンやタブレット、PCなどからWi-Fiを通じて操作し、YouTubeなどの映像やコンテンツをテレビに表示させる小型アンテナ、と言えばいいでしょうか。AndroidのほかiPhone・iPadのでも利用可能です!

最大の特徴はAndroidスマホだけじゃないという点。iPhoneでもパソコンでも使えることがイイ!

「Chromecast」開封の儀

実をいうと僕は「Chromecast」を海外で購入したので、すでに持っているんです。

 → 米国のブラックフライデーで大行列のBest BuyとTargetに行って、液晶テレビがバカ売れしてた件

ですが、何かと他のガジェットのレビューで忙しかったということで今までずっと後回しにしてたんですね(笑)まぁ、言い訳はいいとして、海外版パッケージがどんなものかお見せします。


パッケージ

開封するとChromecast本体とテレビとの接続方法が記載

Chromecast本体はUSBメモリみたいな形

下段にはUSB-microUSBケーブル、10cmほどのHDMIケーブル、USB電源アダプタが入ってる

ChromecastはHDMI端子に直挿し

USBケーブルで電源を供給

実際にウチのテレビのHDMI端子とUSB端子に接続

テレビにUSB端子がない場合は付属のUSBアダプタでコンセントから電源を供給する感じ

セットアップはこちらのURLから

スマホやパソコンから映像をワイヤレスで楽しめる

というわけで、開封の儀からテレビへの接続までやってみました。日本版はさらにdビデオやビデオパスの映像もテレビで楽しめるようになるというのでイイですね~!
メリットとしてはスマホやパソコンをわざわざケーブルでテレビとつなぐ必要がないので、スッキリすることでしょう。また、開発用にSDKも一般公開されていることからChromecastならではの対応アプリも登場すると思われます。

似たようなものではAppleの「Apple TV」もありますが、Chromecastは価格が6割ほど安いので映像中心に楽しみたい人はChromecastがオススメですよ!

日本版のChromecastは5月28日よりAmazonビックカメラ.comiconなどで販売開始です!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で