生活

引越し後(転出)の住民税はどの区市町村に納めればいいのか

写真 2014-06-11 23 54 51

4月に埼玉県から東京都に引っ越してきた@asuka_xpです。

あぁ~、ついに住民税(市民税・区民税等)の納税通知書が届いてしまいましたよ。この時期になると来るんですよね、こいつが。

サラリーマンのように給与所得がある人は基本的に給与の中から天引きされているんで特に気にしなくていいんですが、僕のような個人事業主の人は自分で住民税を納なくてはいけません!

僕は結婚を機に4月に埼玉県から東京都に引っ越し、住民票も移しました。
では、僕のように引っ越した場合、住民税は埼玉県の住民票があった市町村に納めればいいのか、それとも引越した東京都の区市町村に納めればいいのか?また、4月までの額を前の市町村に収めて、5月以降の額を現住所の区市町村に納めればいいのか?
考えたらわからなくなっちゃった。。。いや~、これはややこしいですね。

と思ったら、意外にも「あ、そうなんだ」という答えがわかりました。

その年の1月1日時点で居住していた市区町村に納めるんだそうです。

写真 2014-06-11 23 57 54

つまり、2014年1月2日に埼玉県から東京都へ引越したとしても1月1日時点は埼玉県に住んでいたので、2014年度の住民税は埼玉県の市区町村に納めるのです!よって、2014年度の住民税は東京都に1円も納める必要はありません。(決め手は住民票の住所なので、転出届を提出した日が重要になります)

4月に引越した僕の場合で言えば、2014年度は埼玉県の市区町村に住民税を払います。

おさらいすると、1月1日に住んでいた市区町村に住民税を納める!ぜひ、覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で