マクドナルド

マクドナルドが仕入先を変更したチキンナゲットを食べてきた!

中国の上海福喜食品有限公司が期限切れの鶏肉を使用し、マクドナルドやファミリーマート向けにチキンナゲットなどの鶏肉商品を製造・納入していた問題が話題になっています。

マクドナルドは上海福喜食品を含め中国からの鶏肉製品の仕入れ(チキンナゲット以外も)を7月25日付で全面的にストップし、現在はすべてタイからの仕入れに切り替えています。

チキンナゲットについてはそれよりも前倒しでタイ製になったのですが、さっそくチキンナゲットを食べてみました。

見た目はまったく変わらず、今まで通りのチキンナゲット。仕入先が変わっただけですね。

中身はフワッとして香ばしい香りが漂ってくる!

大好きなマスタードソースを付けていただきます。

味は何も変わらないし、よく食べるチキンナゲットそのままのおいしさでした!

ん~、上海福喜食品などの仕入れ先企業へは抜き打ち検査をやっていたようなんですけど、取引先って本当に信頼関係で成り立ってると思うんですよね。
それなのに上海福喜食品は利益優先で今回のようなとんでもないことをしてしまったわけです。上海福喜食品はもう完全に信頼を失ったことでしょう。

大事なことなので2度言いますが、マクドナルドのチキン製品はすべて中国産の仕入れを停止し、タイ産になっています。停止から切り替えへの素早い対応はさすがだと思いました。
一部商品は品切れとなっているようですけど、チキンナゲットが速攻で復活して良かったです!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で