映画・アニメ

酔うけど、これはアトラクションだ!体感型シアター「4DX」をユナイテッド・シネマ豊洲で先行体験

先に言っておくと、揺れるので酔う人もいるかもしれないけど、もうね、4DXはめちゃくちゃ楽しかったですよ!!

2014年12月19日(金)、映画作品のシーンに合わせて風が吹いたり、水しぶきがかかったり、座席が揺れる、という体感型デジタルシアター「4DX」が東京・豊洲の映画館「ユナイテッド・シネマ豊洲」に導入されます。

関連:ユナイテッド・シネマ

揺れたり衝撃が走る座席、上からの風、耳の後ろからの風、雨、霧、香り、煙、シャボン玉、フラッシュといった従来の「4D」に加え、世界初となる雪、嵐の2つが特徴の「4DX」。

まずは19日から映画『ホビット/決戦のゆくえ』で導入され、20日公開の『ベイマックス』でも4DX版が公開されます!

本導入に先駆けて、12月16日~18日までは先行上映イベントとして『アナと雪の女王』と『パシフィック・リム』が上映されるというので、僕は早速17日に『アナと雪の女王 4DX 3D』を観てきましたよ!

4DX版の『アナと雪の女王』を観た感想

設備の説明の前に、まずは感想からいきましょう。

お断りしておくと、乗り物酔いする人は4DXは酔い止め薬が必要なレベル。ものすごく揺れます!でも、それがイイ!!まるでディズニーランドのアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のように楽しい!

アナ雪の4DXでは、こんな感じ。

  • トナカイのスヴェンに乗って走るときなど座席がガクンガクンと上下に揺れる!
  • ハンス王子が湖に落ちると水しぶきがこちらまで飛んでくる!
  • 狼から逃げるシーンではまるで本当に自分が逃げているかのような臨場感!
  • 吹雪の中ではものすごい強風が観客の髪を乱しまくる!
  • 雷が光るときにはスクリーン室内のフラッシュが光る!

常に何かしらある感じです。

4DXの特徴である“雪”はラストのエンドロールで降ってきました。雪は客席の上ではなく、客がいないスクリーン直前に降るので頭上に雪がかかる心配はありません。

あまりにも楽しかったので、上映後にユナイテッド・シネマの関係者さんをつかまえて感動を伝えてしまいました(笑)

その際にお聞きした話によると、3Dスクリーンは従来と同じものだそうなんですが、僕はとてもキレイに感じたんですよね。アナ雪をこんな美しい3D映像でしかもアトラクションのように楽しみながら観られて感激でした!

“雪”が降ったのがエンドロールだけだった理由としては、「本編中に雪を降らすのは配給元から許可が下りなかった」とのこと。なるほど(^_^;)

4DXで観る際の注意点

お伝えしたとおり座席が揺れるので、荷物は座席の前や下に置けないです。膝の上の置きながら観れば大丈夫ですが、4DX鑑賞者用のロッカーがありますのでこちらで荷物を預けておくといいでしょう。100円かかりますが、あとで戻ってくるタイプのロッカーです。

これが座席。4つの座席が1つのユニットになっていて、これが揺れたり、振動します。揺れるけど、ちゃんとドリンクホルダーがあるから、ドリンクは飲めます。ポップコーンは厳しいかも。

前にある装置から水・霧・香りが出る!

ちなみに、水といってもびしょびしょになるほどではなく、ポタポタっと水滴がかかる感じ。もし、濡れるのが嫌な人は座席右側に「WATER」ボタンのがあるのでこれをOFFにすれば良し。

料金は1,000円追加だけど、4DXを体験する価値は大!

もう1度言いますが、スター・ツアーズのように揺れまくるので乗り物酔いする人は気をつけてくださいね。料金は通常の料金よりもプラス1,000円(3Dはプラス1,400円)かかりますが、絶対にこれは体験した方がイイです!そのくらいの価値があるものです!!!!!(!付けすぎウザい)

4DX、すっごく良かった!!マジで良かった!!映画の楽しみ方が一気に広がりました!!
僕は20日公開の『ベイマックス』も4DX版を予約しているので今から楽しみです!うぉぉぉぉ~!4DXもっと観たいぜ!!


4DXの先行上映でもらったベイマックスの非売品ポストカード

関連:4DX – ユナイテッド・シネマ

【アナ雪】
[2015年の年賀状] 「アナと雪の女王」オラフやエルサのイラスト素材集に年賀状作成ソフトが付いて780円は安すぎ!
1台だけじゃない!MovieNex対応の『アナと雪の女王』はiPhone・Android・タブレットなどで再生できる!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で