格安SIM

IIJmio(みおふぉん)のSIMをネットで解約&MNPした!その手順と違約金を解説します

th_写真 2014-12-08 11 14 23

格安SIMの「IIJmio(みおふぉん)」を2014年12月から2016年1月まで、13ヵ月使いました。僕は最大3枚のSIMカードを利用できるファミリーシェアプランを契約していて、3枚のうち1枚は音声通話機能付きSIMカードを使っていたんですね。でも、どうしてもランチタイム時間帯や夜18時台の速度がすごく遅いことに不満を感じ、2016年1月にIIJmioからMNPによる他社への転出と解約をすることにしました。

IIJmioは解約もMNPもインターネット上からできるので非常に楽チンなんですが、解約とMNPの方法は異なります。ということで、今回は解約する手順とMNPする手順についてを解説することにしますね。また、解約後のSIMカードはIIJへ返却する必要があるので返却先住所等についても触れておきます。

IIJmio(みおふぉん)の解約手順

IIJmioを普通に解約する場合の方法を解説します(MNPについては後半を参考にしてください)。
IIJmioのサイトでログイン後、以下のページを開きます。

関連:サービスのご解約

IIJmio(みおふぉん)はIIJの「高速モバイル/D」というサービスにあたります。

th_2016-01-04_2357

たとえ解約した日が月初でも、月末までの料金がかかります(日割りにはなりません)。

解約違約金の有無について

よくあるケータイ会社では2年縛り(もしくは3年縛り)が普通で、その期間内に解約したりMNPすると違約金がかかりますよね。あれって、すごくイライラします。。。

でも、IIJmioのデータ通信専用SIMはいつ解約しても違約金はかかりません。一応、最低利用期間(利用開始日の翌月末まで)があるので、契約後にする解約しても最低2ヵ月分は料金を払うことになりますが、すぐにやめられるのはIIJmioの良いところですね。

th_2016-01-05_0002
(僕はファミリーシェアプランで3枚のSIMを使っていました)

一方、音声通話機能付きSIMカードの場合には、12ヵ月以内に解約しようとすると利用期間に応じて音声通話機能解除調定金が発生します。利用開始月の翌月を1ヵ月目とし、(12ヵ月 – 利用開始月を0ヵ月とした利用月数)× 1,000円(税抜)。つまり、2014年12月に契約していた僕は2015年1月を1ヶ月目とし、12月が12ヵ月となります。2016年1月に解約を申し込んだ僕はこの期間を過ぎているのでこの音声通話機能解除調定金は発生しませんでした。

MNPで転出し、他社へ転入する方法

ここからは、音声通話機能付きSIMカードを使っていたIIJmioから他社へMNPする際の申し込み方法を書いておきます。他社へMNPするにはMNP予約番号の発行が必要ですので、IIJmioのサイトで発行する手続きをします(発行したMNP予約番号を後ほどケータイショップなどに持って行くことで他社にMNPできる)。

IIJmioにログイン後、以下のページを開きます。

関連:MNP予約番号発行・確認

th_2016-01-05_0010

ここでMNP予約番号の発行を申し込むのですが、公式サイトによると、発行までには4日程度がかかるとの表記がありました。

MNP転出の際はMNP転出手数料として電話番号1つあたり3,000円(税抜)が発生しまして、IIJmioの最終月の料金と一緒に請求されます。

MNP予約番号が発行されたら、ファミリーシェアプランの他のSIMカード2枚については別途解約します(上記の解約の方法を参考にしてください)。ちなみに、ファミリーシェアプランでMNPによる転出をしたSIMカード以外に、別の有効なSIMカードがある場合、解約しなければそちらは継続して利用することができます。

MNP予約番号発行の申し込み、完了!

th_2016-01-05_0013

ここから4日ほど待つとのことでしたが、僕が申し込んだときにはMNP予約番号はすぐ翌日に発行されました(メールで届きました)。

SIMカードは返却必須

SIMカードは解約後に下記送付先に返却しなければなりません。送料も自分で負担します。

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1
東京団地倉庫A-2 棟 住友倉庫内
IIJ モバイル 解約受付センター
TEL:03-5205-4400

th_2016-01-05_0012

IIJmioのSIMカードを13ヵ月使ってみて感じたこと

さすがネットワーク関連の企業だけあって、MVNOサービスの評価が高いIIJmio。つい速度が重視されがちですが、普通に使っていて“つながりやすさ”は気持ちいいほど良かったです。Facebookを見たり、ブログを更新したり、写真をアップしたり、ほとんど快適に使うことができました。

しかし、冒頭にも言ったとおり、お昼の時間帯と夕方の通勤ラッシュ時には極端に速度が低下し、下り速度が1Mbpsに届かないことが毎日続きました。この時間帯だけはイライラがMAX。うっかりモバイルSuicaのチャージが不足していて、その場でモバイルSuicaでのチャージを行ったものの18時台のネットワークの混雑でダウンロードがぜんぜん終わらず。電車に乗り遅れ、初対面の人との待ち合わせに遅刻してしまったのは非常に痛かったです。

その点だけを除けば、料金は安いし普段はサクサク使えるし、IIJmioは良い格安SIMだと思いましたよ。まぁ、利用してから1年を経過しましたし、そろそろ他社のMVNOも利用してみようと解約とMNPすることにしたわけですが、次はFREETEL(フリーテル)にしました!今後、FREETELを使ってみてレポートをしていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

関連:お試しで使ったFREETELに満足し、3つの理由でIIJmioからMNPしました

関連:3日間の速度制限なし!低速化のない格安SIMを選ぼう!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で