サンリオ

オッサンがクレーンゲームに熱中する姿と「AKB48 × ちゃんりおコラボぬいぐるみ」

僕が初めてクレーンゲームをやったのは小学生のときでした。わざわざ埼玉の田舎から原宿まで行って、当時クレーンゲームのメッカと呼ばれていた竹下通りのショップでアホのようにぬいぐるみを取っていたんですが、つい熱中して何度でもやっちゃったのは今ではいい思い出です。

しかし、それから20年以上の時を経て、僕が再びクレーンゲームに熱中するときが来るとは!!

僕だけではありません。見てください、この時間を忘れてイオンの室内遊園地「モーリーファンタジー」で歳甲斐もなく遊びまくったいい大人の末路を!!

実は今回、モーリーファンタジーを運営する株式会社イオンファンタジーさんにご招待いただきまして、越谷レイクタウンのイオンでクレーンゲームをしまくってきたんですが、これほどまでに我を忘れて遊んでしまった真の理由はほかにあります。

こちらです!みんなの手に持ってるので気づいたかもしれませんが、本日2016年4月15日からクレーンゲームの景品に登場した「AKB48 × CHANRIOのコラボぬいぐるみ」を手に入れようと奮闘してたわけです!

AKB48のCHANRIOぬいぐるみ クレーンゲームについ興奮

ぶっちゃけ、AKB48についてはメンバーの名前が2~3人かしか答えられないレベルだし、CHANRIOもそこまで関心がなかったんだけど、クレーンゲームの景品として見た場合にそのクオリティの高さのせいか、ついムキになってやってしまいました。

「AKB48 × CHANRIOのコラボぬいぐるみ」はAKB48とCHANRIOがコラボして生まれた初のぬいぐるみということで、かなり注目度は高そう。しかも、サイズが小・中・大といった具合に大きさの異なる3タイプ展開となっていて、越谷のイオンレイクタウン内のモーリーファンタジーではそれぞれ1つずつクレーンゲームが用意されているんですよ。

小さいのを取ったら、次は中、その次は大だ!となるじゃないですか。これでドツボにハマってしまったわけ!

現在サンリオピューロランドのダンサーさんにハマってる元うなぎの人も大喜び(笑)

仕事のストレスをクレーンゲームにぶつけるたかしんぐ氏。

僕の順番を割り込んでプレイする同氏。

僕がなかなか取れないのを横目に、この人はどんどんゲットしていく。なんだこのドヤ顔は!

おらっ!わいも取っちゃるで~!!

そして、ついにその時が訪れる!

たまたまInstagramを起動して動画でも撮っておこうかな~と思って撮影し始めたら、ベストなタイミングでぬいぐるみをゲットできた!神がかってた!しっかり「真ん中の狙います」と宣言してましたからね(笑)

【Instagram動画】

AKB48島崎遥香、取りました~!

@asuka_xpが投稿した動画 –

もっとも難しいのは大きいサイズのぬいぐるみ。こいつを取るコツは、こんな感じで半分くらい落ちそうな状況にしたあと、アームの片方をわざとぬいぐるみの中心を狙って降下させると、アームが閉じるときにぬいぐるみが落下して取れます!

なお、AKB48のCHANRIOはメンバー本人がそれぞれ好きな楽曲の衣装にあわせて作ったもの。だから、同じ衣装のCHANRIOもあるのでちょっとわかりづらいかもね~。サンリオキャラクターのタグがメンバー表と連動しているので、どのメンバーにどのサンリオキャラクターのタグが付いているかを見て名前を判断する方がわかりやすい!4~6月は毎月10種類ずつ新デザインのぬいぐるみが登場し、3ヶ月で計30種類がリリース予定だそうです。

追加情報ですが、まゆゆ(渡辺麻友)はポムポムプリンが大好きだそうで、まゆゆのぬいぐるみにはポムポムプリンのタグが付いてますよ。

知名度は低いけど業界第1位のイオンファンタジー

さて、そんな我々がクレーンゲームに熱中してしまったモーリーファンタジーなんですが、運営するイオンファンタジーさんはその名のとおりイオングループの企業です。東証一部ということもあり、僕はイオンファンタジーという会社をもともと知っていました。

日本のショッピングモール内に室内遊園地を出店しているだけでなく、中国や東南アジアへも出店を進め、2020年には国内400店舗、海外で900店舗を目指すという、現在のアミューズメント施設で国内第1位の企業です。売上高、店舗数ともにナムコやセガよりも大きい。

ただ、知名度は低い(笑)

ここでイオンファンタジーの方々からお話を伺いました。12歳以下の子どもとファミリーに特化した施設運営を行っているため、ゲームセンターのような格闘系などのアーケードゲームはほぼ置いていません。

逆に、ものすごく凄いのが安心・安全へのこだわり。このように、施設内は背の低いマシンを前面に置いて見通しを良くし、お子さんが急に親のそばからいなくなってもすぐに見つけやすいようにしています。

親が安心して子どもを遊ばせられるアミューズメント施設として、イオンファンタジーではこういった工夫をしているんですね。

子どもの夢をかなえるイベントを14年間続けている

何これすげぇ~!と思ったのが「ララちゃんが夢おてつだいします!」というイオンファンタジーが年2回実施しているイベント。まるでテレビ番組のような企画ですが、子どもたちから寄せられた夢の中からいくつか選び、イオンファンタジーの社員さんが一生懸命に企画して、準備して、その夢をかなえさせてしまうんです。

14年も継続して行っていまして、これまで3,000通以上の応募があったほどの人気イベント。その中から実際に夢をかなえるお手伝いをしてあげたという例を挙げると、チアリーディングを体験したい、わんこそばを食べたい、パパ・ママの結婚式を挙げてあげたい、など同社のスタッフがお子さんと協力して実行。これがまた感動的なんだ~。

同社には3,500名スタッフがいて、イベントをやると手伝いに行った自分が感動して泣いてしまうんだとか。僕たちは実際のメイキング映像を見たんですが、こりゃ泣くわ。

ゲームセンターじゃなく、テーマパーク

今回の取材兼体験を通して、イオンファンタジーはゲームコーナーの運営ではなく、子どもたちを本気で喜ばせたい演者が集まったテーマパーク企業だな~と感じました。僕自身、ターゲット層には当てはまらないものの楽しい体験ができて非常に満足!クレーンゲームで取るときの快感を何度も味わうことができて、久しぶりに我を忘れて楽しんできました(笑)

みなさんもぜひイオンの室内遊園地「モーリーファンタジー」で遊んでみてくださいね!そうそう、「AKB48 × CHANRIOのコラボぬいぐるみ」は1回100円なのが嬉しいのですが、500円玉を投入して6回プレイできます。また、500円玉を投入すると必ずその場で缶バッジがもらえる(全10種類、4月15日~6月)キャンペーンをやっているので、500円を使うときには絶対に忘れずにスタッフさんを呼びましょう!

関連:モーリーファンタジー – イオンファンタジー

こちらもどうぞ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で