カフェ・スイーツ

THEセブンシューはどう変わった?オススメ和菓子は北海道十勝産小豆使用 豆大福だ! #セブンスイーツアンバサダー

photo-28

2017年4月25日、セブン-イレブンのスイーツがどど~んと生まれ変わります!あのシュークリームもロールケーキも、さらに美味しさがアップ。一体、どんなリニューアルを遂げたのでしょうか。

前日の24日に行われた #セブンスイーツアンバサダー 向けのイベントに参加した僕は、実際に食べることができましたのでその様子をレポートしたいと思います。スイーツブロガーのあまいけいきさんがゲストに登壇し、最初から最後まで甘いイベントでした!

photo-5

試食したのは以下の4種類の新スイーツ。そして、旧セブンシュー「ミルクたっぷり とろりんシュー」との食べ比べをすることができました。
 ※価格はすべて税込み・一部地域を除く(発売日が前後するものもあり)

【2017年4月25日発売】

  • THEセブンシュー(130円)
  • 北海道十勝産小豆使用 豆大福(130円)

【2017年5月2日発売】

  • THEセブンロール(170円)
  • 北海道十勝産小豆使用 生どら焼 粒あん&ホイップ(204円)

そのほか、こちらのケーキ・プリン類、和スイーツが新登場となりすべて4月25日に発売します。

  • 3種チーズの濃厚フロマージュ(168円)
  • こだわりたまごのカスタードプリン(200円)
  • きなことほうじ茶の和ぱふぇ(298円)
  • イタリア栗のモンブラン(270円)
  • 香り広がるつるりん杏仁(150円)
  • ひとくちわらび餅(黒蜜入り)(138円)
  • ふわっとろくりぃむわらび(黒蜜入り)(100円)
  • 北海道十勝産小豆使用クリーム白玉ぜんざい(250円)
photo-26

「THEセブンシュー」は「とろりんシュー」とどう違うのか?

セブンスイーツアンバサダーイベントの中で、食べ比べできるよう新旧バージョンが試食できたシュークリーム。皆さんも新商品の「THEセブンシュー」は「ミルクたっぷり とろりんシュー」とどのように違うか気になりますよね!

photo-16

食べ比べてみた感想としては、もうね、まったく違う!中を割ってみると、色からしてTHEセブンシューの方が黄色く、食べてみるとカスタードの味が濃厚。

photo-21

THEセブンシューにはエグロワイヤルという卵を使用しているんだとか。もしかしたらこの筋に詳しい人は名前を聞いたことあるかもしれませんね。エグロワイヤルはシェフやパティシエの声から生まれた素材の味を引き立てる卵。単純に黄色が強いだけでなく、通常の鶏卵と比べて卵の甘みやコク、乳風味がアップし、カスタードクリームの素材に適しています。中部飼料株式会社が鶏に与える飼料を試行錯誤することで開発に成功しました。バニラビーンズを加わえ、より風味を楽しめるカスタードクリームに仕上がっています。

photo-24

そんな濃厚なカスタードクリームを包むのはバターを練り込んだ生地。ひと口食べてみると、思ったよりも食べやすい!とろりんシューはカスタードがボトッと落ちちゃったんだけど、THEセブンシューの方は中のカスタードが飛び出して食べづらい、といったことはありませんでした。生地の歯切れが良いんですよ。せっかくたっぷり入っているカスタードクリームを落とさずキレイに食べられるのがTHEセブンシューです!めちゃくちゃ美味しい。

photo-23
(とろりんシュー)
photo-25
(新商品のTHEセブンシュー)

食べやすく、エグロワイヤルによって濃厚なカスタードクリームになったTHEセブンシューは今回のスイーツのなかではかなりオススメです!

しかし!それだけではなかった!!!

豆感がクセになる!「北海道十勝産小豆使用 豆大福」

スイーツというとどうしても洋菓子が頭に浮かんじゃうんだけど、セブン-イレブンは和菓子への注力がハンパないんですよ。ぜひ僕はTHEセブンシューと同じく4月25日に発売となる「北海道十勝産小豆使用 豆大福」を強く推薦する!!

photo-4

あんこには寒暖差が大きい十勝産の小豆を使用。ここで育つ小豆は風味が良いんだとか。

あんこを包んでいる餅生地はもち米を蒸し、杵でついてお餅にする製法を採用。弾力の口当たりと小豆の美味しさを最大限に活かした大福になっていて、ものすごく美味しいです!!

photo-7

さらに、食べているときに最高の食感を楽しめるのがたっぷり入っている豆。赤えんどうです。古くからみつまめや豆大福に使われ、和菓子の落雁用としても重要な豆ですよね。

この北海道十勝産小豆使用 豆大福はセブン-イレブンらしい、たいへんこだわりを感じられる商品だと思いました。

「冷蔵なので常温の商品よりも砂糖が抑えめになっています。素材そのものの味が引き立った商品です」というセブン-イレブン南田さんのコメントからも、素材にこだわって開発した豆大福であることがわかりました。

photo-6

豆感がクセになる!「北海道十勝産小豆使用 豆大福」

イベントに参加していた女子の中には、和菓子はお年寄りが食べるイメージがあってなかなか和菓子を買いづらい、みたいな意見がありました。確かにそれは一理ありますよね。洋菓子の方がオシャレですし、インスタ映えもします。もちろん、個人の好みはバラバラですから好き嫌いもあるので、あんこがダメという人もいるでしょう。

しかし、この和菓子には凄いこだわりがあるとか、他と何が違うとか、そういった情報を発信し、ひとりでも多くの人に知ってもらうことができれば、和菓子を手に取ってもらうきっかけになるのではないでしょうか。僕たちセブンスイーツアンバサダーはそのような情報をブログやSNSを通じて広めることがひとつの使命なんですよね。なにしろ、アンバサダーなのですから♪

photo-8

繰り返しますが、4月25日に発売の「北海道十勝産小豆使用 豆大福」は和菓子も洋菓子も好きな僕が強くオススメしたい新商品です!このブログを見て買って食べてみました、と言ってくれる人がいたらすごく嬉しいなぁヽ(=´▽`=)ノ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で