オランダ

オランダ・アムステルダム中央駅までの移動に便利な路面電車トラム(GVB)に乗る


路面電車トラム

オランダの首都アムステルダム。街の中心からスキポール空港(Schiphol Airport)へ向かうときには一度アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal Station)へ行き、そこから列車に乗ってスキポール空港へ行くことになります。

僕は「Booking.com(ブッキングドットコム)」からの招待でアムステルダムに5日間ほど滞在していたのですが、最終日に日本へ帰る際、街からアムステルダム中央駅までに利用した交通手段が路面電車の「トラム」でした。


トラムの車内

 

トラムはアムステルダム市街を回れる便利な交通手段

アムステルダムはベトナムのホーチミンほどではありませんが自転車で走っている人がすごく多いし、車やタクシーは運転が荒いのでけっこう危ないです。歩道が狭く、僕は歩いていて冷やっとすることが何度かありました。

そこで、おすすめの移動手段がトラム
トラムはいわゆる路面電車で、アムステルダム市営交通会社「GVB」が運営していて電車の車体にはGVBのロゴがあるのでわかりやすいです。日本の感覚では考えられないほど路面を活発に走っています!5分間隔だったかな。朝も6時くらいから24時と遅くまで走っています。広島の路面電車とは比べものになりませんね(笑)

このトラムを利用するとアムステルダム中央駅のほか、AppleStoreアムステルダム、ゴッホ美術館、アムステルダム国立美術館などの観光スポットにもラクラク行くことができますよ!
アムステルダム市街の移動にはこいつが便利なんですが、乗るときにはちょっとしたコツがあります!

 

トラムに乗るコツと、アムステルダム中央駅への移動

僕は街の中心にあり、100年以上の伝統ある5つ星の高級ホテル「De L’Europe Amsterdam(ドゥルーロップ アムステルダム)」に宿泊していたため、アムステルダム中央駅まで歩くにはちょっと遠かったんですね。ですので、ホテルの最寄りのSqui駅からトラムに乗ってアムステルダム中央駅へ移動することにしたんです。

→ アムステルダム市街・Squi駅→アムステルダム中央駅までのルート

まるでバス停のような見た目ですが、これがトラムを乗り降りする駅です。


トラムの駅は道路のど真ん中にある

Squi駅からGVS社のトラムに乗ります。

行き先が「Centraal Station」と書かれてるのがアムステルダム中央駅行き。この場合だと24番という表示のあるトラムに乗ればいいということです。

料金は先払い。なんと、乗車後に急いで運転席に行って、トラムが発車する前に運転手さんから直接乗車券を買います!


運転席

ここがコツです。運転手からいち早く乗車券を買うために、駅では前の方でトラムを待っておきましょう!乗ったらダッシュで運転席へ。車両によってはトラムの中央で乗車券を販売しているらしいですが、運転手から買った方が間違いないでしょう。
この乗り方を事前にBooking.comのスタッフさんから聞いていて良かった~(笑)

料金は2.8ユーロ(約400円)で、距離に関係なく1時間乗れます。

だいたい15分くらいでアムステルダム中央駅に到着。終点だったのでわかりやすいです。

迷ったら「Centraal Station」行きのトラムに飛び乗って2.8ユーロ払えば危機を逃れられるはずです(笑)まぁ、街の中心からは外れてしまいますが、アムステルダム中央駅まで来ればいろいろ計画を立てやすいでしょう。

さて、僕はアムステルダム中央駅から列車に乗り、日本へ帰るためスキポール空港へと向かいました。そのレポートはこちらを参考にしてみてください(2015年1月18日更新しました!)。

→ アムステルダム市街からスキポール空港駅へ行く列車GVBの乗り方・運賃・時間など

【オランダ&Booking.com 関連記事】
2日間の「Booking.comグローバルサミット」で聞いた世界最大のホテル予約サイトの現状
9割が満足するBooking.comはありがとうを知っている65ヵ国のサポートスタッフが世界最大の強みだと感じた
成田からオランダ直行便、KLMオランダ航空のビジネスクラスを初体験
オランダ・スキポール空港内でLebaraのスマホ用プリペイドSIMカードを購入
海外でスマホを充電するのに電源コンセントの変圧器や変換プラグが必要か調べてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で