Canon EOS M3

Canon EOS M3 × 単焦点レンズEF-M22mm F2 STMで、ボカしの効いたスイーツ写真を撮る

ホテル・ミラコスタのなかにあるレストラン「オチェーアノ」に行きまして、料理やスイーツをビュッフェでいただいてきました!ここって、東京ディズニーシーの1日パスポートを買わなくてもパーク内のショーが見られるのでおトクなんですよ。


(これはCanon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMで撮影)

関連:2度おいしい!ディズニーシーのショーを1日券なしで園外から楽しめるレストラン

スイーツをEF-M22mm F2 STMレンズで撮る!

この日、ショーだけでなくオチェーアノのおいしい料理を楽しんできたわけですが、今回はCanonのミラーレス一眼カメラ「Canon EOS M3」に、1万円台後半で買える明るい単焦点パンケーキレンズ「Canon EF-M22mm F2 STM」を装着して、オチェーアノのスイーツを撮影してみました。

※補正無しの写真をそのまま掲載しています

 

 

 

 

 

 

 

すべてRAWではなくJPEGで撮影し、リサイズだけを行った無補正・無加工の写真です。室内が暗かったわりにはけっこう美味しそうに撮れたかな~と思っているのですがどうでしょうか?(笑)

今回のレンズ「Canon EF-M22mm F2 STM」はF値が2からという明るいレンズなので、ボケを生かした写真を撮ることができます。試しに、F2とF13に設定して撮った写真を比較してみま~す。

F2で撮った写真↓

F13で撮った写真↓

簡単に言うとF値を低くして撮影すると上記のような背景をボカした写真になるんです。F2の方が背景をボカすことができ、結果としてフォーカスの当たっている中央の赤いスイーツを目立たせることができました。でも、個人的にはボカしすぎな写真は好きじゃないので、だいたいF3.5くらいで撮ることが多かったですね!

また、もっとフワッと明るい写真が好みの人は露出をプラス側に上げて撮ったり、写真補正アプリで明瞭度をマイナス側にしてみてください!

今回はそのままの「JPEG撮って出し」でレンズそのもののクオリティを知ってもらおうと思ったので補正なしでブログに掲載してみましたが、振り返ってみるともっと明るくしても良かったかも(^_^;) やっぱり、撮るだけじゃなく補正も大事だな~というのがわかりますね。

明るいレンズと軽いカメラはイイぞっ!

このところ、使い勝手の良い標準ズームレンズで撮影することが多かったんですが、料理を撮るときには明るいレンズがいいな~と改めて感じさせられました。「Canon EF-M22mm F2 STM」めっちゃイイ!!

Canon EOS M3のカメラボディは重量が366gと軽く、レンズのEF-M22mm F2 STMはわずか105gしかありません。カメラとレンズを合計して500グラム以下というのはすごく軽くて持ち歩きも楽チン!小さいバッグでも安心して持って行けるから、街歩きしながらカフェに立ち寄ったときも大活躍しますよ!

関連: ミラーレス Canon EOS M3 を購入!レンズ3本で1kgの軽さは普段使いに最適だ

そうそう、シーズンごとにメニューも変わるので、東京ディズニーシーの横にあるホテル・ミラコスタのオチェーアノにもぜひ行ってみてね~。

関連:知る人ぞ知る!宿泊も入園もせずにディズニーシーのショーを見られるレストラン「オチェーアノ」(ミラコスタ内)に行ってみた

Canon EOS M3が最大25,000円キャッシュバック!

ちなみにこの僕が使っているのは標準レンズと望遠ズームレンズがセットになった「Canon EOS M3 ダブルズームキット」なんですけど、今なら2つのキャンペーンを実施中ですので気になった人はチェックしてみるといいかも。

■キャンペーン内容

  • 最大25,000円のキャッシュバックキャンペーン(2016年5月9日まで)
  • Amazonで「CANEOSM3」というクーポンコードを入力すると3,000円引き(2016年3月31日まで)

【使用カメラ・レンズ】
Canon EOS M3
Canon EF-M22mm F2 STM

関連:ディズニーランドでミニオ!をCanon EOS M3 × EF-M55-200mmで撮影

関連:東京ディズニーリゾートできれいな桜を見てきたよ #桜

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で