au・KDDI

ドコモ・au・ソフトバンク 2021年3月開始の新料金プランを比較

2021年1月13日、KDDIがドコモのahamoやソフトバンクのSoftBank on LINEに対抗する新プラン「povo」を発表したことを受け、大手3キャリアの新料金プランが出揃いました。

データ通信量が月20GBで2,480円〜2,980円といった低価格が魅力の新プランですが、肝心の提供時期は各社とも2021年3月。

そこで、新プランの特長を比較してみてので、プラン選びの参考になれば幸いです。

ドコモ・au・SB 新プラン比較表

ドコモ au ソフトバンク
プラン名 ahamo povo SoftBank on LINE
料金 2,980円 2,480円 2,980円
データ容量 20GB 20GB 20GB
無料通話 毎回5分 無料通話含まず 毎回5分
通話オプション +1,000円で通話放題 +500円で毎回5分無料
+1,500円で通話放題
+1,000円で通話放題
ネットワーク 4G/5G 4G(5Gは21年夏〜) 4G/5G
eSIM 対応 現時点では未定 対応
テザリング 対応 対応 対応
キャリアメール なし なし なし
家族割 なし なし なし
光セット割 なし なし なし
その他特長 1%のdポイント付与 +200円で24時間限定でデータ使い放題 LINEアプリの
データ消費なし
提供時期 2021年3月 2021年3月 2021年3月

(※いずれも税抜)

無料の音声通話をどれだけ使うか

参考までに自分の話をしておくと、現在はワイモバイル(ソフトバンク)のSIMカードを使用中。月10GBまで使えて毎回10分の通話無料が付いているプランで、月額の支払いは4,000円程度です。

各社とも月20GBは筆者としてはちょっとオーバースペックなのですが、毎回の通話が5分まで無料になるドコモのahamoとソフトバンクのSoftBank on LINEに魅力を感じつつも、わずか1,000円追加するだけなら通話し放題オプションを付けても月額4,000円で済むのならそれもいいなぁ〜と思ったり。

逆に、オプションをまったく付けず、通話も待受さえできればいいのであれば、月額2,480円で最安値のauのpovoが有力候補に。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で