郡山のお土産といえば柏屋の「薄皮饅頭」、小さいので持ち帰りやすいし美味い!

福島県の郡山へ観光に行くと、お土産は何を買って帰ろうと悩む人もいるかと思います。僕は郡山に宿泊しての観光って今までなかったものですから、郡山のお土産って何が有名なのか知りませんでした。

TwitterやFacebookでお寄せいただいた情報によると、郡山では「柏屋薄皮饅頭」がお土産として人気のようです!

そこで、JR郡山駅ナカに「郡山駅おみやげ館柏屋」という店舗があったので行ってみました。

20131115155936

ここでは薄皮饅頭の手作り体験ができるみたい!

20131115160030

柏屋の薄皮饅頭はこしあんが元祖。
1852年(嘉永5年)に郡山に茶屋として薄皮饅頭の製造を始めたのが最初で、1888年(明治21年)に郡山駅の駅前通りに移転したそうです。ずいぶんと長い歴史があるんだな~と感じたのと同時に、その年に駅があったことにも驚きました。

20131115155750

もちろん、僕はこしあんの薄皮饅頭をお土産に買って帰りました。お値段は9個入りで630円。

20131118174241 20131118174337

手に乗せてみると、けっこう小ぶり!

20131118174346

割って中を見てみると、本当に皮が薄くて、北海道産の小豆を使用したこしあんがたっぷり入っている!

20131118174526

饅頭の皮が薄いので口の中に貼り付くことなく、あんこと一緒にペロリと食べられちゃう!おいしいし、サイズも小さくでちょうど一口サイズだから、気付いたら3個もなくなっていました(笑)

20131118181900

お腹にズッシリこない程度の甘すぎないあんこと、薄いながらもフワッとした皮の組み合わせが絶妙で美味い。小さなサイズのおかげで箱も小型なので、持って帰るときに邪魔にならないのもポイント高し。
ぜひ、柏屋の薄皮饅頭は郡山土産の候補として覚えておいてくださいね!

→ 柏屋「薄皮饅頭」

【郡山 関連記事】
郡山グルメは豆腐と味噌漬けと麹がカギかも!郡山フードフェアで「紅鮭の紅葉漬」にズキューーン!
日本最大の風力発電!郡山・布引高原で33基の風車が並ぶ景色は圧巻!
郡山で露天風呂など30種類の温泉が楽しめる磐梯熱海温泉「ホテル華の湯」
郡山にある金賓(きんぽう)・仁井田本店で無農薬米の「自然酒」の酒蔵を見学!
郡山・三春の豆腐工場に併設の「TO-FU Cafe おおはたや」、うまくて品揃えが豊富でウサギがカワイイ!
◼︎“やや黒い”ラーメン、郡山ブラックの「めん処 成(せい)」 – 郡山・福島ブロガーツアー2013秋
◼︎秋の郡山を回って魅力をお届けします!「郡山・福島ブロガーツアー2013秋

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で