台湾

[台湾・墾丁] 美しいビーチに、墾丁夜市も!台湾観光でオススメの南部リゾート、墾丁まで行ってみよう

台湾旅行で観光というと北部の台北(タイペイ)へ行く人が多く、日本からはLCCでも台北への直行便があるため行きやすいです。近くて楽しみやすいのが台北です!

もし、キレイなビーチで海水浴をしたり、のんびり過ごしたり、もっとリゾート気分を満喫したいのであれば台湾南部のリゾート地「墾丁(ケンティン/kenting)」がオススメ。

台湾名物の夜市も墾丁にありますし、タピオカミルクティーや豆花、マンゴーかき氷などのスイーツももちろん食べられる!全部楽しみたいなら「墾丁大街」に行けばビーチもグルメも満喫できますよ♪

今回はそんな台湾のリゾートを楽しみたい方に向けて墾丁の魅力をお届けしたいと思います。実際に僕が墾丁で撮ってきた写真とともにどうぞ♪

 

墾丁海水浴場(垦丁海水浴场)

「墾丁大街」の北側に位置し、白くて大きなビーチが広く続いているのが「墾丁海水浴場(垦丁海水浴场)」です。

この日は波が荒かったせいか、遊泳している人は誰もいませんでした。
とはいえ、本当にエメラルドブルーのキレイなビーチで、砂浜もサラサラ!

モデルさんの撮影とかイメージPVの撮影とかに使われそうなほどめちゃくちゃ美しいです。

夜もまた良い。天気が良ければ、満点の星空が広がるんでしょうね(^^) 18時ごろに撮影した写真がこんな感じです。

バスで来る際には「墾丁大街」のバス乗り場前にコンビニ(セブンイレブン)やマクドナルドがあるほか、美味しそうなステーキ屋さんやカフェもあって、何かと不便はない場所だと思います。

ゴロンッと寝転んでのんびり♪

墾丁夜市

「墾丁夜市」の場所は「墾丁大街」です。墾丁大街は「墾丁国家森林遊楽区牌楼」から「小湾」まで続く、墾丁で一番の繁華街。

昼間の墾丁大街はこんな感じ。

歩いてみるとわかるのですが、格安の宿泊施設や海の家みたいなお店、バイクのレンタル屋、スイーツ店などが所狭しと並んでいます!墾丁大街は台湾の良さをコンパクトにまとめて楽しめるといった感じ。コンビニや料理屋さんも多いです。

そんな墾丁大街が夜になると、26号線(墾丁路)沿いにたくさんの屋台が並び、巨大な夜市になる!

ほんとに賑やか!

人気店なのか、めっちゃ人が集まっているお店があります。

ここまでゴージャスな炎を見たら、買いたくなりますって!なんとも香ばしいイノシシのお肉「石板猪肉」はソーセージと玉ねぎも入っていて1パック150NTD(約500円)でした。

ビールを売っているお店が見つからなかったので、墾丁夜市のド真ん中にあるコンビニ(ファミリーマート)で台湾ビールを購入。台湾ビールは500mlで48NTD(180円)ほど。

ベンチを発見したので墾丁夜市で買ったイノシシを食べました。ここの夜市はちょっと座れる場所が少ないのが難点かな~。イノシシはタレの味がしっかりしててめっちゃ美味しかったですよ!

だけど、あとから指摘していただいのですが「猪肉」って豚肉のことらしいです。なんか、日本で食べる豚肉とぜんぜん違う料理で、臭みもあったからぜんぜんイノシシだと思っちゃった。なるほどなぁ~。でも美味しかっし、逆にイノシシだった方が気持ち的には良かったんだけど(^◇^;)

タピオカミルクティーの人気店「50嵐」もあります。

うまい!

墾丁夜市の行われる墾丁大街の地図はこちら。

小湾(小灣)

「墾丁大街」の南側というか、繁華街を南に抜けたところにあるのが小さいながらもリゾート感が満載の「小湾」です。

小湾ビーチ(小灣沙灘)にある「小湾海水浴場(小灣海水浴场)」は日本でよく見かけるようなとても整備された海水浴場で、トイレやシャワー、バーなどが設置されています。

時間があまりなくてちょっとジュースを飲みながら休憩する程度しか滞在していなかったんですけど、ここは良いですね~!

パラソルやビーチベッドでのんびりと過ごしたいです。本を読んだり、何も考えずに寝てるだけでもいいかも!

小湾のエメラルドブルーな海を背景にフレッシュジュースを撮影しただけでもインスタ映えします(笑)フレッシュジュースのお値段はこれで165NTD(約800円)とちょっと高めです。

北側から小湾を訪れる場合、右に小湾が見えます。

バス乗り場「小湾」

そう、墾丁と高雄・左営を結ぶ高速バス「墾丁快線」の乗り場もこの「小湾」にあります。ビーチのすぐ裏手の道路(26号線)にバス停があるんです!

墾丁快線は「9189」という表示があるバスです。

th_IMG_0806

このバス停の後ろには高級ホテルの「墾丁凱撒大飯店(シーザーパーク ホテル墾丁)」や「墾丁福華渡仮飯店(ハワード ビーチ リゾート墾丁)」もあって、ここに宿泊する人も多そう。バスが来るまでちょっと時間があったので、僕はホテルのトイレを借りしました。

高雄・左営~小湾のバスについてはこちらで詳しく解説してありますので、御覧ください。

 

墾丁は台湾で絶対にまた行きたいビーチリゾート

台湾にいながらにして東京のような都会の雰囲気を感じながら、どこか懐かしさのある台北(タイペイ)は僕も大好きなんですけど、南部にある墾丁は「え?ここが本当に台湾なの!?」と驚きを隠せないほど素晴らしいリゾートエリアです。

今回、時間の都合で鵝鑾鼻(ガランピ)の有名な「鵝鑾鼻灯台」へは行けませんでしたが、墾丁にも停まる高速バス(墾丁快線)ですぐのところにあるので墾丁は宿泊場所として利用するのもいいでしょう。

なお、僕が墾丁で宿泊したホテルは「Tuscany Resort(トスカニーリゾート)」。場所としては墾丁大街から少し離れてはいるものの、とても素敵なホテルでした!

ということで、台湾でいつもと違うリゾート体験をしたいのであれば、ぜひ墾丁へ行ってみてください!

【今回の旅のルート(2泊3日)】
・台北→高雄(1泊)→墾丁(1泊)→高雄→台北

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で