ディズニー

香港国際空港から香港ディズニーランドへの行き方!MTRかタクシーが便利(料金・所要時間・マナーなど)

先日、LCCの香港エクスプレスで実施していた10円セールを利用して香港国際空港に行き、そのまま香港ディズニーランドへ行ってきました!

香港国際空港内はとても広いけど、タクシー乗り場とMTR(地下鉄)乗り場がわかりやすいので、あまり迷うことはないでしょう。空港から香港ディズニーランドのあるディズニーリゾートへの行き方を解説します。

通貨の香港ドル(HKD)は香港国際空港での両替レート(2016年9月3日)だった1HKD=14円で計算しています。

香港国際空港からタクシーに乗って香港ディズニーランドへ

 

photo-18

やっぱり、便利なのはタクシーです。空港からけっこう近いので、料金もそれほどかかりません。

■タクシー料金:HKD 112(1,568円)
■所要時間:約15分

タクシー乗り場は赤・緑どちらでもOK

 

photo-20

香港国際空港のタクシー乗り場には「赤いタクシー」と「緑のタクシー」があり、行き先によってどちらかを選ぶようになっているのですが、香港ディズニーリゾートに関してはどちらでもOK。実際に、案内には赤・緑ともに「香港迪士尼樂園(香港ディズニーランド)」の表記があります。

photo-21

僕たちは最初、赤いタクシーに並んでいたのですが、緑の方が空いてるので緑のタクシーへ誘導されました(笑)

行き先が通じなくても、スマホを見せれば安心!

 

photo-22

ディズニーランドへ行く前に、同リゾート内にある宿泊先の「Disney’s Hollywood Hotel(ディズニーズ・ハリウッド・ホテル)」へ行きたかったので、目的地がディズニーズ・ハリウッド・ホテルであることを伝えたのですが、どうも通じず。。。

そこで、予約サイトの「エクスペディア」の画面を見せたらすぐに理解してくれたようで、やっぱり海外でもスマホが使えて良かったな~と再認識(^_^;) もし心配だったら、ネットが使えないことを考慮して、事前にホテル名や地図の画面をキャプチャー(スクリーンショット)してスマホ内に保存しておくといいと思います。

th_写真 2016-09-03 11 36 13

ちなみに、僕たちは現地でSIMを買ったり、日本を発つ前に海外で使えるポケットWi-Fi「イモトのWiFi」をレンタルしておきました。

タクシーが動き出してからは地図アプリを見て、万が一、運転手さんが道を間違ってないかどうかを確認できるから安心です。

 

シートベルトは必須

香港のタクシーはシートベルトが義務化されています。違反すると罰金を取られるので絶対にシートベルトをします。
あと、スピード狂の運転手さんが多いらしいです。実際に乗ったタクシーはずいぶんとスピードを出していて、カーブのときが怖かった!

th_写真 2016-09-03 12 25 08

 

チップは気持ち程度をあげる

香港国際空港でタクシーに乗った時間は11時16分で、ディズニーリゾートの「ディズニーズ・ハリウッド・ホテル」に到着したのは11時30分ごろ。だいたい15分で着いちゃいます。すぐ隣の敷地がディズニーランドです!

タクシーの運賃はHKD 111.5でしたが端数をチップとして含めて、HKD 112(1,568円)を渡しました。ホテルと飛行機は僕がとったので、現地でのお財布は奥さん(笑)

th_写真 2016-09-03 12 33 15

 

空港から地下鉄MTRに乗って香港ディズニーまでの行き方

2パターン目として、香港国際空港からMTR(地下鉄)に乗って香港ディズニーランドへの行き方を解説しますね。

香港ディズニーランドは日本の舞浜駅のように、パークのすぐ目の前に駅があります。MTRの「迪士尼(Disneyland Resort)駅」です。

photo-1
(↑写真で赤く囲ってあるところがバス・タクシー・MTR乗り場)

空港から乗り換えが多く、以下の通りに3本の列車に乗りますが意外と所要時間は短いですし、運行本数は数分に1本とかなり頻繁に運行しているので困ることはないでしょう。

ちなみに、「機場」は空港を表し、「迪士尼」はディズニーを意味しています。

機場駅~迪士尼駅までの片道料金はHKD 72.5(約1,015円)です。
参考までに、機場駅から香港駅まで行きたい場合は片道HKD 100(約1,400円)で行けます。

機場駅から香港ディズニーリゾート駅までの乗り換え

 

photo-2 のコピー

それぞれ路線では1駅ずつしか乗らず、合計3回乗り換えます。以下、ルートです。

香港国際空港「機場(Airport)駅」

↓ 機場快線(Airport Express)

「青衣(Tsing Yi・チンイー)駅」

↓ 東涌線(Tsung Chung・トンチョン)

「欣澳(Sunny Bay・サニーベイ)駅」

↓ 迪士尼線(Disney Resort Line)

ディズニーランド前「迪士尼(Disneyland Resort)駅」

photo-1-2
(ディズニーランドすぐ目の前にある「迪士尼駅」)

迪士尼駅のすぐ横にはホテル行きの無料シャトルバスが運行しているため、MTRで来てもぜんぜん不便はありません!

空港の機場駅~青衣駅までは機場快線(Airport Express)という特急列車です。普通列車のMTRとは異なります。

Suica・PASMOのように便利なオクトパスカードを使おう!

ぜひ、香港を旅するときには便利な「Octopus(八達通卡・オクトパスカード)」を手に入れましょう。

photo-3

オクトパスカードはピッとタッチするだけで改札を通過してMTRに乗れたり、バスやフェリーに乗ったり、コンビニで買い物をしたり、展望台の入場ゲートでの支払いにも使える、香港版のSuica・PASMOです。

photo-4

オクトパスカードの入手場所は、MTRの駅の改札横やホームにある窓口「客務中心(Customer Service Center)」なのでわかりやすいです。

Suicaと同じように、最初だけHKD 50(約700円)のデポジットが必要になります。多くの場所で使えるし、ついでにHKD 200(2,800円)くらいチャージしておくといいでしょう。クレジットカードと違うので、スキミングの被害にあう心配もありません!

また、きっぷ売り場にあるチャージ専用の自販機であとから追加チャージも可能です。

photo-10

僕はMTRとバスに乗ったり、ヴィクトリア・ピークのピークタワー展望台の料金をこのオクトパスカードで支払いました。不慣れな現地通貨を財布の中から探し出す必要がないのはとても快適で、ストレスがありません!空港内のお土産屋でも使える。

th_写真 2016-09-05 17 21 53

ありがたいのは、不要になったら全額返金してくれる点。日本へ帰国する前に窓口を訪れればオクトパスカードにチャージしてあった全額を現金で返金してくれます♪僕は↓の写真のとおり、香港国際空港の機場駅ホームにある「客務中心」で返金してもらいました。

photo-14

 

photo-13

 

photo-15

 

乗り物はマナーに注意

そうそう、香港では日本と違って、乗り物に乗っているときにドリンクを飲むことが禁止されています。食べ物もダメです。

photo-11

一方、スマホの通話や通信は大丈夫です。MTRは基本的に地下を走りますが、走行中も電波が入るので便利です!

エスカレーターは関西スタイルと同じく左側通行。右側に立ち止まって、左側は歩く人用です。関東の人にとっては逆となりますね。

まとめ

往路はタクシー、復路はMTRを利用した僕たちですが、どちらも良かったです!料金としては1人だとタクシーは割高に感じますが2人以上なら割り勘すれば結果的に安くなりますし、自由に移動できるのでオススメ。ただ、MTRは早朝から深夜まで営業していて数分おきに運行しているので、こちらもとても便利!人数やディズニーリゾート以外の行き先も考慮して、移動手段を選んでみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で