iPhone・iPad

iPhone、アプリと周辺機器の関係が見えた!

iPhone081030title

ソフトバンクモバイルの冬モデルケータイの発表会が行われましたね!

その発表会のもようはニコニコ動画で生放送されるというので、マクドナルドでランチしながらノートPCで見ていました。

でも、どうしてソフトバンクモバイルはニコニコ動画で発表会を生中継したのか?

2008-10-30_sotbank4

ソフトバンクモバイルが発表会を開催するときは毎回、独自に生中継を行っていました。今回も独自の生中継をやるにもかかわらず、ニコニコ動画でも生中継されると事前に告知されていたので、これは何かあるな。と思いました。

そこで、発表会の前に僕はこんな大胆予想をTwitterにアップしてたんです!


2008-10-30_softbank8

iPhoneでニコニコ動画が観られるようになるんじゃないか、と。

案の定、ニコニコ動画を運営するニワンゴの杉本誠司社長が
「ニコニコ動画はiPhone版も開発を進めている。」
と発表。僕の大胆予想はなんとズバリ当たっていたのです。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/30/news063.html

iPhone用のアプリを提供するとのことなので、ニコニコ動画を観るのはSafariではないことが判明しています。ニコニコ動画の動画形式であるFLVがiPhoneのSafariでは再生できないので、当然といえば当然なんですけどね。

そのほか、完全タッチ式入力対応の「フルタッチケータイ」(“古館ケータイ”と打ち間違えたw)を4機種発表。フラグシップモデルのシャープ「アクオスケータイフルタッチ SH931」はハーフXGA(1024×480ドット)とケータイ初の超高精細液晶ディスプレイを搭載。サイズも3.8インチとiPhoneを超えています。発売日は11月28日(金)です。
サムスンの「930C OMNIA(オムニア)」は最大下り7.2Mbpsに対応した高速通信ができるフルタッチケータイ。オムニアは以前から情報はありましたが、まさか冬モデルで登場とはサプライズでした!こちらも11月28日(金)より発売開始です。

もっとサプライズだったのは、iPhone用バッテリーパック&ワンセグチューナー「TV&バッテリー」だったのではないでしょうか。

index_pic_11 index_pic_12

ワンセグが見られるのはテレビフリークには嬉しいことでしょうが、ここで重要なのはもっとほかにあるような気がします。

それは、iPhoneが初めてアプリを利用して外部周辺機器をサポートしたことです。

この部分の重要性については他のニュースサイトやブログでは触れられていないようなのですが、僕はここがとても大事なポイントだと感じています。

「TV&バッテリー」でワンセグを視聴するときにはiPhoneの専用アプリをApp Storeでダウンロードし、インストールする必要があります。「TV&バッテリー」がワンセグ放送を受信し、それをWi-Fi(無線LAN)を通じてiPhoneに送信。これをiPhoneが受信してワンセグ放送を視聴する仕組みになっています。

ここからは僕の得意な妄想ですが、
今後はこのような仕組みを応用して、iPhoneのアプリと無線LANを組み合わせると、あたかもコンピュータと周辺機器をUSBケーブルで接続したような感覚で使えるようになるのではないでしょうか。
つまり、ワイヤレスUSBの無線LANバージョンです。
それをケータイ端末であるiPhoneで実現してしまうのですから、スケールも期待度もデカイですね。

今回のように、アプリと周辺機器が同時にリリースされるケースもあると思います。
妄想を膨らませると、例えば、Suicaカードのリード&ラーターと、それをiPhoneと無線LAN接続するアプリ。
iPhone専用Suicaサイトで電車の定期券を買い、iPhoneのWi-Fiを通じてSuicaのリード&ライターにデータを送信。iPhoneで購入した定期券データがSuicaカードに書き込まれるわけです。つまり、カード型SuicaなのにモバイルSuicaみたいなことができます。チャージや定期券を購入するときだけリード&ライターを使用します。
これによって、“最後の問題”であるおサイフケータイも解決するのではないでしょうか。

また、iPhoneは年内には絵文字にも対応するとのこと。

そういえば、iPhoneが発売された当初、「絵文字が使えない、電池の持ちが悪い、ワンセグが付いてないからiPhoneは買わない!」という意見がありましたね。

iPhoneは買ってからもどんどん進化していくケータイです。買ってしばらくすると飽きてしまう他の機種とはぜんぜん違います。これからもどんなことができるようになるのか、とてもワクワクしています。

そして、近々、iPhoneに関する僕自身の壮絶なるチャレンジ企画を発表したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で