Apple

iPhoneや新iPadの“Retina”ディスプレイ、どう読む?レティーナ?レチナ?レシナ?

新しいiPadのRetinaディスプレイ

フルハイビジョンよりも高解像度の新しいiPad、超キレイですよね!!そんなAppleの新しいiPadに搭載されているのは「Retinaディスプレイ」。iPhone 4/4Sもコレですね。

でも、人によっては「Retinaディスプレイ」の読み方が違う!!


ある人は「レシナ」って言ってたけど、ある人は「レチナ」って言ってた。僕はずっと「レティーナ」だと思ってた。。。
確かに、Wikipediaには「レチナ」って書いてあったけど、結局これも個人が書いたものだしね。

レチナ (Retina ) は1934年からドイツコダックが製造販売したカメラである。レチナとはドイツ語で網膜の意。(レチナ – Wikipedia

うぉ~!!どれ~だ!?

まぁ、深くは考えなかったんですけど、今日たまたま購入したMac情報誌「Mac Fan 2012年06月号」を見たら一気に疑問が解決!

2012-05-01_2053

22ページと、200ページに、「レティナ」とカタカナで表記されていた!!

もうMac Fanが「レティナ」って言ってるんだし、コレでいいでしょ!
なんか「レチナ」とか「レシナ」ってかっこ悪いと思ったんだよなぁ~(笑)

Retinaは「レティナ」と読むということで。
皆の者、よく覚えておくように!!

【関連記事】
5000mAhで1,750円! スマホを2回以上フル充電できるモバイルバッテリーが安く買えるぞ!
なんとiPhoneが中国で5倍に!Appleの12年1~3月期決算を細かく見てみる
プレゼンで便利なMacアプリ「Mousepose(マウスポーズ)」、マウスポインタ周辺を明るくして注目させよう!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で