アフィリエイト・広告ネタ

アフィリエイト収入が「月1,000円未満」の人は何をするべきか

20130214121906

2013年6月24日、日本アフィリエイト協議会が「アフィリエイト市場調査2013」をTwitter上で一部を先行公開。月のアフィリエイト収入が1,000円未満の人が全体の78.4%を占める、という調査結果が明らかになりました。

日本アフィリエイト協議会はアフィリエイター、広告主担当者、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)担当者の業界三者が集まり、業界内外で情報交換や啓蒙活動を行いながらアフィリエイトの発展とイメージ改善を目指す任意団体です。

※なお、今回の記事はアフィリエイトをやっている、またはこれからやろうとしている人向けに書いた記事です。アフィリエイトにまったく興味ないブロガーさんや読者さんには面白くないかもしれませんのであらかじめ言っておきますね。(^_^;)

アフィリエイトの光と闇

今回、「アフィリエイト市場調査2013」の一部だけが公開されたのですが、月3万円以上のアフィリエイト収入がある人は全体の2.4%だそうです。

もし、アフィリエイト収入だけで生活していくとしたら、たとえ田舎で一人暮らしでも最低20万円は必要でしょう。
3万円以上が全体の2.4%ですから、20万円以上だともっと少数ということ。

おそらくは少しでもお金になるなら貼ってみようかなぁ程度にブログやサイトにアフィリエイト広告を掲載しているんだと思いますが、ちょっと少ないかもしれませんね~。

逆に、ネオヒルズ族のような秒速◯億円みたいな人たちもいますよね。
話が反れますが、ネオヒルズ族は情報商材系、言わば悪徳商法に近い形でのアフィリエイトで稼いでいるわけですが、一部の人間のせいでアフィリエイトのイメージが悪くなっちゃったのは明らか。

お金を稼ぐのって、やっぱり簡単じゃないと思うんですよね。
方法によっては稼ぐのって簡単かもしれない。でも、どんな商売でも他人に嫌な思いをさせてまでお金を稼ぎたくはないですなぁ~。。。

20130214121940

個性を生かし、役に立ちたい想いで努力する

しかし、僕の知っている中では、あるジャンルの商品のレビュー記事を書いて1つの専門サイトを作ったり、あるサービスを細かいところまでしっかり記載した比較サイトを作ったり、勉強して努力して試行錯誤しながら稼いでいる人がほとんどです。

表側からは見ることが出来ない努力の末に完成したサイトは、やっぱりすごいですよ!
わかりやすいし、見やすいし、商品の購入を迷っている人にとって役に立つサイトになっていたりします。

例えば、以前は家電量販店で店頭のスタッフさんに説明を聞いて購入していましたが、今ではデジタル家電系のサイトがある種の専門員のような役割を果たし、そこから購入することも少なくはありません。

もし、どんなに努力してもそれがアフィリエイトの売り上げにうまくつながらないのであれば、何か別の方法を探してみるのもいいかもしれません。
ブログ飯 個性を収入に変える生き方」にも書かれていたように、常にライバルがひしめくレッドオーシャンで戦い抜く必要がありますが、そこからブルーオーシャンを見つけ出すのも重要なことです。その重要な鍵をにぎるのが個性です。

もちろん、先を読む力も重要でしょう。
「努力が足りない!」と言ったらそれまでですが、人に喜んでもらいたいという心と自分にしかできない個性を生かした表現で、思い切って新たなジャンルでサイトやブログを立ち上げるのも良いと思いますよ!

ブログの収入だけで生活している僕としては、いろいろ見直すきっかけにもなりそう。
なんか、僕自身に言い聞かせる感じで書いてみたのですが、これもまた誰かの役に立つと良いな~と思います。

「ブログ飯」であなたは誰のために何を書いているのかを改めて思う

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
染谷 昌利
インプレスジャパン
売り上げランキング: 1,148
ブログ飯 個性を収入に変える生き方
インプレスジャパン (2013-06-21)

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で