Google

GmailアプリなどGoogleアカウントで2段階認証プロセス(アプリケーション固有のパスワード)を設定する方法

写真 2013-11-10 20 45 132

Googleの2段階認証を設定すると、これまでGoogleのアカウントとパスワードでログインしていたアプリが一旦使えなくなります。例えば、iPhoneやiPadのメールアプリとかですね。

2段階認証で使うパスワードを発行するのって初回だけで済んでしまうことが多く、月日が経つと発行する方法を忘れちゃうんですよね。。。
忘れた頃にやってくる2段階認証。も~、調べるのが面倒くさい!!

そこで今回、ありがたいことに僕に3度目の機会が訪れまして(笑)、せっかくだから他のみなさんにも役に立つといいな~と思い、ブログに記録しておくことにしました。

2段階認証用の「アプリケーション固有のパスワード」を発行する方法

では解説しますね。

まずはGoogleアカウントにログインします。
 → https://accounts.google.com/ServiceLogin

ログイン後、もしくはすでにログイン済みであればこちらのURLをクリックします。
 → https://www.google.com/settings/account(Googleアカウント)

Googleアカウントのページになったら、左にある「セキュリティ」をクリック。

th_2013-11-10_2024

「2段階認証プロセス」→「アプリケーション固有のパスワードの管理」へ。

th_2013-11-10_2027

パスワードの入力する画面になるので、自分のGoogleアカウントのパスワードを入れます。

「Google アカウント に許可されたアクセス」という画面に切り替わる。
下の入力欄にわかりやすい名前を付けて、「パスワードを生成」をクリック。例えば、“iPad用Gmail”と名前を付けてパスワードを生成。

th_2013-11-10_1035

下のような16文字のパスワードが表示されます。

th_2013-11-10_1036

あとはアプリのパスワード欄に16文字の「アプリケーション固有のパスワード」を入力すればOK。
今回、僕の例で言えば、iPadの設定からメール/連絡先/カレンダーのGmail欄にこの「アプリケーション固有のパスワード」を入力しました。(一度入力すればOK)

写真 2013-11-10 10 40 34

いや~、ほんと面倒臭い!覚えられない(笑)
でも、これでセキュリティが強固になるのならいいか。。。Googleさん、もっとわかりやすいメニューにしてほしい!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で