GALAXY

なぜ『GALAXY S5』のカメラは素晴らしいのか、サムスンの担当者に聞いてきた [GALAXY アンバサダーイベント] #sc04f #scl23

galaxys5-ambassador

2014年5月15日、ドコモとauからサムスンの最新スマートフォン「GALAXY S5」が発売となりました。

同日の夜には都内のサムスン電子ジャパンにて「GALAXYアンバサダータッチ&トライイベント」が開催。僕はこの日を楽しみにしていまして、はりきって参加してきましたよ~!

イベントではGALAXY S5の国内モデルと、ウェアラブル端末の「Gear 2」「Gear Fir」について、お店の店頭では聞けないような濃いお話を伺うことができました!ということでイベントの様子をお届けしますね。

* なお、掲載写真が多いため、スマホで閲覧の場合は2ページにわたって表示されることがあります。その際には「続きを読む」を押してください。

スマホの不満を解消するため原点に立ち返る

イベントではサムスンの担当者さんがまずはGALAXY S5の開発に至るまでのストーリーを解説してくれました。

日本のユーザーは実に要求レベルが高いと言いましょうか、スマホにおいて物凄くグルメなんですよね。ちょっとダメな点があるだけで、クソスマホになっちゃう。

そこで、ユーザー調査でたびたび浮上する「バッテリーが持たない」とか「動作が遅い」、「ネット接続が遅い」、「カメラの画質が悪い」などの不満を基に、サムスンは新しい機種を開発していったとのこと。

専門家の中にはスマホはもう進化しないって話もあるけど、そもそも進化の仕方に無理があったのかなぁ~と思ったり。例えば、機能は良くなったのにバッテリーがぜんぜん持たない。ガラケーは何日も使えたのにね。

そこで、サムスンはもう1度原点に立ち返ってみよう、ってのをS5の開発テーマにしたんだそうです。

どんな進化があったのか

カメラを撮りたいときに撮れる高速オートフォーカス機能、防水防塵機能、バッテリー駆動時間の長時間化でウルトラ省電力、心拍数モニターなど、ユーザーの不満を解消する機能を搭載しつつも、さらなる進化を遂げることに成功。

その中でも、僕はカメラの良さについてすでに実感済みでして、先日からモニターしているグローバル版(SIMフリー)のGALAXY S5で撮影した写真の素晴らしい仕上がりにはただ溜め息をつくばかりですよ~。

本気でスゴイ!「GALAXY S5」で撮った写真がマジで人を一眼レフと勘違いさせた!

リアルタイムにHDR処理が確認できるのは撮影を圧倒的に楽にする

イベントでは担当者さんからカメラ性能の細かい解説をお聞きすることができました。

スマホのカメラはピンボケや逆光で暗いガッカリ写真になりやすい。
そこで、GALAXY S5には約0.3秒の高速オートフォーカス(AF)、リアルタイムHDRといった機能を追加したそうです。

一眼レフと同じ位相差AF搭載でピント合わせが瞬時に

GALAXY S5のグローバル版をモニターしてて気付いたんですが、撮影時にピント合わせがマジで速いんですよね!パッとカメラを起動して、すぐに被写体にフォーカスが合う!
それもそのはず。一眼レフカメラに使われている物と同等の位相差オートフォーカス(AF)を搭載していて、AFの高速化を実現。

AFが速いってどういうメリットがあるかというと、撮りたい一瞬を逃さず、ピンボケしづらくなる。余裕を持って撮れるし、イライラしなくて済みますね!
ちなみに、0.3秒というのはまばたきする時間とほぼ同じ。

他の機種と大きく違うのがリアルタイムでHDRが確認できること

HDRモードは今のスマホには標準で備わっている機能です。改めて確認しておくと、暗い写真を明るく撮れるのがHDR、と言えばわかりやすいでしょうか。

このHDRを撮影時にリアルタイムで確認できるのがGALAXY S5の大きな特徴です!

iPhoneや他の多くの機種だと撮影した後にHDR処理した写真を見ることになるんですが、これだと、撮影時にはどんな写真が撮れるのかわからないんですね。
下の写真は左がGALAXY S5、右がiPhone 5sです。

一目瞭然ですね。リアルタイムにHDRが効いているGALAXY S5の方が明るい。

このように、GALAXY S5ならHDR処理後の写真を撮影時にわかっちゃうから非常にありがたい!
逆光時でも明るく撮れるから僕はHDRを多用してるんだけど、こうやって確認できるってのはイイですよ!

ちなみに、リアルタイムHDRをオン(左)とオフ(右)のGALAXY S5を並べてみるとこんな感じ。やはり、オンの方がイイ!

後からボカしを変えられる魔法

カメラにこんなのあり?!と反則的な「フォーカス選択」なんてこともできる。

後から写真のボカしが変更可能な機能で、ぼかす位置を近い方(手前)・遠い方(奥)を変えられる。簡単に言うと、ボケ味のある写真が後から作れちゃうってことです!

どんな仕組みなのかも解説していただきました。ピントの違う写真を何枚か撮り、それを情報として持っていて後から合成処理できるんだそうです。
逆に、全体にフォーカスを当てた写真も作ることができるとか!集合写真や広い風景写真は全体フォーカスの方が良さそうですね。

前面カメラの進化は何気に楽しめる!

画面側に付いてるカメラ(フロントカメラ)もグレードアップしています。
撮影可能な角度が従来の75度から90度へと広がり、「自分撮り」がしやすくなりました!下の写真を見てください。

GALAXY S5とiPhone 5sのフロントカメラで撮った写真です。このように、みんなで写りたいときには広い範囲が撮影できるGALAXY S5がめちゃくちゃ役に立ちます!

防水防塵なのにバッテリーも交換できる

防水防塵の需要は今まで日本以外ではないと思っていたが、先行して発売したグローバルモデルの評判から、実はそうではなかったことが証明されたそうです。
東南アジアでは突然のスコールでも大丈夫だし、サウジアラビアでは砂嵐のときでも使えるのでかなり好評なんだとか。

GALAXY S5はIPX5/7、IP6Xの防水防塵機能を搭載。
ここが大きな特徴で、防水防塵なのにカバーがはずせて、バッテリーの交換が可能。しかも、厚みはわずか8.3ミリと薄いこと!ここまでやってる企業は残念ながら他社や日本企業にはありません。ぐぬぬ。。。さ、さすがサムスンだ。

しかも、放熱効率を考えて、バッテリーを細長くしたことによって放熱部分にバッテリーが重ならないようにしてあるそうです。よって、防水防塵なのに発熱しにくい機種に仕上げられた。熱暴走も防ぐことにもつながりますね。

耐水フッ素特殊コーティングが施されていて、濡れても水玉をはじく!フッ素コートの塗りが厚いとタッチパネルの反応が悪くなるが、サムスンではそれを解決したそうです。水しぶきがかかっても、S5を振り払えば水玉を飛ばせる。
また、フッ素加工は脂も付きにくく、指紋が付きにくいそうですよ!

どこまで需要があるかわからないけど心拍数モニターも搭載

ボディ裏に付いているセンサーで、心拍数もわかります。赤い光を指に当て、跳ね返ってくる血管の情報によって心拍数を計測。

スマホとヘルスケアは開拓の余地のある分野で、サムスンではその第一歩として心拍数モニターを搭載したとのこと。
ウェアラブル端末がいろいろ発売されるなか、あえてスマホに付けてしまうのはサムスンらしい点ではありますが、これを利用する人がどのくらいいるかは謎ですかね~。

心拍数に関しては同日発売された腕に着けるウェアラブル端末の「Gear 2」と「Gear Fit」にも搭載されており、常に装着するこれらの端末で真価を発揮しそうな気がします。

防災生活インフォ

東日本大震災を機に、世界中の人々が天変地異への不安が強まりました。その中で、日本の緊急地震速報に注目が集まり、GALAXY S5に搭載されることになったのが「防災情報インフォ」。

アメリカでのハリケーン、サウジアラビアの高温情報、砂嵐情報、日本では花粉やPM2.5の情報が勝手にウィジェットへ届くようになっています!
ただ、生活情報インフォはSIMカードを挿入していないと利用できません。

痴漢対策にイイ!便利なウェアラブル端末「Gear Fit」「Gear 2」

サムスンはリストバンド型の「Gear Fit」と腕時計型の「Gear 2」も発売。

これを使うとスマホを手に持たなくて済むのがかなり楽チンなんですよ。しかし、初代の腕時計型「Gear」から進化させようとしたら、腕時計型とリストバンド型の2パターンにわける必要があったとのこと。

腕時計ってこだわりを持つ人が多いですよね。サムスンでは、普段使ってるお気に入りの腕時計をGearに置き換えて使ってもらうのは難しいと考えた結果、腕時計型とは別に使えるようリストバンド型のGear Fitを投入することにしたんです。

Gear 2はカメラが搭載されてて写真や動画が撮れるほか、これ単体で音楽プレイヤーとしても使えます!

基本機能はGear FitもGear 2も同じで、GALAXY S5とBluetoothで連携できます。Gmail、Facebook、LINEなどGALAXY S5で受けられる情報はすべてGear FitとGear 2へ通知。

歩数や心拍数、ランニングなどのエクササイズ情報、睡眠情報、メディアコントローラ機能のほか、もちろん時計やアラーム機能も両機種で使えます。

面白いというか非常に役立ちそうなのが「緊急メッセージを送信」という機能。

電源ボタンを3回押すと予めGALAXY S5で登録しておいた連絡先(最大4件)へ自分の位置情報とともにヘルプメッセージを送信することができる!!
Bluetoothで接続するため身近なところにGALAXY S5がないと意味ないけど、この緊急メッセージ機能は痴漢対策にイイかもしれませんね!

防水防塵で、Gear Fitのバッテリーは3~4日、Gaer 2は2~3日持つそうです。充電はmicroUSBででき、特に不満はありません。

@asuka_xpの感想

やはり気になったのはカメラ性能。スマホのカメラで撮った写真はSNSにアップするかメモ程度の写真でしか使わなかった僕ですが、GALAXY S5の写真は驚くほど素晴らしいです!

実際、撮っているときに感じたあの気持ち良さは高速なAFとリアルタイムHDRによる視認性の高さだったんだなぁ~と。
撮れた写真の満足度は高く、特に夜のイルミネーションや風景の撮影に関してはスマホの域を超えていると自信を持って言えます!

どうしてもカメラばかりを褒めてしまうGALAXY S5ですが、Wi-FiとLTEを同時に利用して高速ダウンロードが可能な機能だったり、前機種のように緊急時にバッテリーを長持ちさせるモードを搭載していたり、紹介しきれないくらいたくさんの特徴があるんです。

今後、1ヶ月ほどau版のGALAXY S5とGear Fitをモニターすることになりましたので、グローバル版のGALAXY S5と共にその特徴や使い勝手をレポートしていきたいと思います!

こちらもどうぞ♪
→ SIMフリー版「GALAXY S5」を使う!格安SIMでテザリングも

→ 本気でスゴイ!「GALAXY S5」で撮った写真がマジで人を一眼レフと勘違いさせた!

GALAXY S5icon
EXPANSYS Japan(エクスパンシス・ジャパン)icon

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で